音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の一曲♪ マル・ウォルドロンの”ソウル・アイズ”

Art Taylor(Arthur Taylor)   アート・テイラー

Soul Eyes



Arthur Taylor - Mr.A.T.
Mr.A.T. (Amazon)


”レフト・アローン”も良いけど”ソウル・アイズ”もね。
ちゅうわけで、マル(Mal Waldron)さんの”ソウル・アイズ”をどうぞ。

アート・テイラーのアルバム「Mr. A.T.」(Enja)からの一曲で、メンバーは以下の5名。
 Willie Williams (ts)
 Abraham Burton (as)
 Marc Cary (p)
 Tyler Mitchell (b)
 Arthur Taylor (ds)

熊殺しのウィリー・ウィリアムス(Willie Williams)が 、、、(嘘)
同姓同名のウィリーさんがゆったりとしたテンポでテーマを情感込めて歌い上げる。

それに続くアドリブ担当のエイブラハム(Abraham Burton)さんの熱いこと熱いこと。
テンポが上がる度にヒートアップで、アッチッチーーー。
体が灼熱地獄に陥ること間違いなし!!

再びウィリーさんに戻り、火照った体を冷ますように終わる。

”Hi-Fly”もエンヤ(Enja)だけにエエンヤないかい。   (汗、汗、汗)
それにしてもハードボイルド過ぎる演奏ですなあ。
心地良い疲労感が残る至福!!の14分。
是非、是非、是非、お聴きあれ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。