音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジョニー・スミスの”イースト・オブ・ザ・サン”

Johnny Smith   ジョニー・スミス

East of the Sun

「THE JOHNNY SMITH FOURSOME, VOLUME II」に収録。


太陽が東にある朝に聴きたくなる”イースト・オブ・ザ・サン”
正確には、East of the Sun (and West of the Moon)

この曲”イースト・オブ・ザ・サン”はブルックス・ボウマン(Brooks Bowman)によってこの世に生み出されたジャズ・スタンダード。
彼は24歳の誕生日を迎える4日前に自動車事故で亡くなっている。

なんかボウマンさんの分身(形見)のような曲ですなあ。

演奏はジョニー・スミス・カルテットで、
メンバーは以下の4名。
 Johnny Smith (guitar)
 Bob Pancoast (piano)
 George Roumanis (bass)
 Mousey Alexander (drums)

ジョニーさん、涼しい顔して早弾きしてます。
見たことないけど、、、  (笑)
基本は和み系だけど、時折見せる凄み(才能の爆発)、やはり只者ではありませんなあ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。