音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インスト・バンドの雄!、、、ビル・ブラックス・コンボ

Bill Black's Combo   ビル・ブラックス・コンボ

My Girl Josephine


Do It - Rat Now

Bill Black's Greatest Hits/Goes West (Amazon) に収録。

Blue Tango



Bill Blacks Combo - Smokin
Smokin' (2CD) (Amazon)
Smokin' (Amazon mp3)


エルヴィス・プレスリーのバンド(The Blue Moon Boys)のベーシストだったのが今回の主人公のビル・ブラック(Bill Black)さん。
The Blue Moon Boysは、Scotty Moore(ギター)、Bill Black(ベース)、(後に参加する)D. J. Fontana(ドラム)、それに御大のエルヴィスと夢のようなドリーム・バンドだった。
近年活躍するElvis & the blue moon boysや、愛知県三河地方で活動中のBlue Moon Boysは別者なのでご注意を!
このバンドは1954年から1968年まで続くが、それと平行してビル・ブラックが組んだビル・ブラックス・コンボ(Bill Black's Combo)も活動している。

ということで、今回はそのビル・ブラックス・コンボ(Bill Black's Combo)の紹介をば。

ビルさんは1926年に米・テネシー州メンフィスで生まれている。
本名は、William Patton "Bill" Black, Jr.

初めはギタリストとして活動するが、後にベースに転向。
なんでも Maddox Brothers and Rose から影響を受けたことが理由とか。
50年代初頭にギターのスコッティ・ムーア、少し遅れてエルヴィス・プレスリーと出会いトリオ(The Blue Moon Boys)を結成。
1955年の Louisiana Hayride tour からD. J. Fontana(ドラム)も参加。

1959年にビル・ブラックス・コンボを結成。
メンバーは以下の5名。
 Bill Black (bass)
 Joe Lewis Hall (piano)
 Reggie Young (guitar)
 Martin Wills (saxophone)
 Jerry Arnold (drums)

映画「The Teenage Millionaire」(1961)やエド・サリバン・ショーに出演し、人気を博す。
ヒット曲に、
Smokie, Part 2 (U.S. No. 17)
White Silver Sands (U.S. No. 9)
Josephine (U.S. No. 18)
Don't Be Cruel (U.S. No. 11)
Blue Tango (U.S. No. 16)
Hearts of Stone (U.S. No. 20)
等々

1965年に脳腫瘍が原因で亡くなっている。
39歳という若さだった。


C&W(カントリー&ウエスタン)からスタートし、エルヴィスと出会ってロカビリーに邁進し、ビル・ブラックス・コンボでは次第にR&B色を強めて行ったビル・ブラックスさん。
エルヴィス時代のちょっとでも触れば血が噴出す鋭利な音楽と違って超マイルドな音楽に劇的に変わっている。
これは「華麗なる進化」と言えるのではなかろうか。
○○一筋も清いけど、変わり続けることも凄いことである。
ボーカルなしのインスト曲ばかりなので、作業(ながら聴き)しながら聴くのも良かろう。


関連記事
ジュークボックスの温かい音色に癒される。
影武者ギタリスト、、、グラディ・マーティンさん。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。