音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大寒小寒(大SAM小sam)

Magic Sam   マジック・サム

Magic Sam LiveMagic Sam Live (2枚組、輸入盤)

Don't Believe You'd Let Me Down/All Your Love/
Sweet Home Chicago/Looking Good
を含む全17曲   (国内盤は全20曲)
chicago Alex 1963,1964年
Ann Arbor Blues Festival 1969年 録音


動くマジック・サム all your love&boogie

年の瀬になって朝晩厳しく冷え込むようになってきましたなあ。
そろそろストーブの出番です。(^_^;)

これくらいで「寒い、寒い」と言っていたら、北国の皆様には本当に申し訳ない。
これから最高気温でも氷点下の日が多くなるんだろう。
「北国の皆さ~ん、命落とさぬようお気をつけくだされ!」

ということで、ストーブ出すのは大晦日にしよっと!(^^ゞ

今回紹介するのは寒にかけて、マジック・サムにしました。
名前サム(寒)とは正反対の熱いプレイをするブルースマンです。
太く短くブルース・シーンを駆け抜けていった本物のブルースマンでした。

甲高い声でしかも美声、およそブルースには不向きな歌声である。
ブルースはしわがれ声で声もそれほど高くなく、唸るように歌うもんだ。
でも、サムのよく伸びた歌声の揺れ(揺らぎ)がブルース魂をくすぐる。
これはこれで、有りだと思う。

ギターテクニックもなかなかのもんで、弘法筆を選ばず、アール・フッカーのギターを借りて演奏してます。
実はシンガーとしてのサムよりもギタリストとしての実力を買っている管理人です。
掛け声を合図にベース、ドラムが入って来るあたり、エエですなあ。
ずーっと、ずーっと、ブギ聴いていたいものです。

"Magic Sam Live"、演奏は超一級品ですが録音はダメダメです。
先ず、”動くマジック・サム”から入ることをお薦めします。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。