音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南米ペルーからやって来た大和撫子、、、長嶺ルーシー。

長嶺ルーシー (Lucy)

ウムカジ


とぅばらーま



にぬふぁぶし - Lucy
にぬふぁぶし (Amazon)


最近南米から届く日系人の歌声に癒されている。
どうしてだろう?
そこには現代の日本人が忘れ去ってしまった心(大切にしたいもの)があるからだろうか。
あまりにも早い(社会の)変化。
どうやら(現代の日本人は)大切にしたいものを置き去りにしているようだ。

ということで、今回はそれを思い出させてくれる長嶺ルーシーさんのご紹介。

長嶺ルーシー(Lucy)さんは南米ペルー生まれペルー育ちの日系(沖縄)三世。
幼い頃から祖母の影響で沖縄民謡に親しむ。
来沖後は琉球古典音楽、琉球民謡、八重山古典音楽を正式に学び、「とぅばらーま大会」でも優勝するなどその実力は折り紙つきである。

さて、この「にぬふぁぶし」は2010年にリリースした初アルバム。
どこか懐かしさを感じてしまう歌声である。
ルーシーさんに流れてる体内時計は半分の速さなんだろうか。
まるで大切にしたいもの(心)をしっかりと掴んでいるようだ。
スペイン語で歌われる”島唄”、”てぃんさぐぬ花”も聴きもの。


日系人によって初めて気が付かされる日本の良さ。
彼等には今の日本はどのように映っているんだろうか?


関連記事
メリッサ・クニヨシには気をつけなはれやっ!!
ブラジルの演歌娘!、、、カレン・タイラちゃん。
人生が変わる24時間、、、Operation Smile

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。