音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インディアナの雄叫び星人!?、、、レフト・レーン・クルーザー。

Left Lane Cruiser   レフト・レーン・クルーザー

Riverwalk


Black Betty

(アルバム未収録)

Truck Song



Left Lane Cruiser - Gettin Down on It
Gettin' Down On It (Amazon mp3)


アメリカ・五大湖(ミシガン湖)の南に位置するのがインディアナ州である。
インディアナ州住民は「フージャー」と呼ばれていて、その名前の由来はアップランドサウス地域で野卑な田舎者を指す蔑称から来ているそうな。
元々先住民のインディアンが多かった為の偏見かもね。

ということで、今回はインディアナのワイルド(野卑な)なレフト・レーン・クルーザー(Left Lane Cruiser)のご紹介。

レフト・レーン・クルーザーは米・インディアナ州出身のブルース(ブルースロック)バンド。

メンバーは2名で、以下の通り。
フレディ・ジャイヴ - Freddie J IV (vocals, guitars)
ブレン・べック - Brenn "Sausage Paw" Beck (drums, trash, hollerin')

アルバムは通算で6枚リリース。
Gettin' Down On It (2006)
Bring Yo' Ass to the Table (2008)
All You Can Eat (2009)
Junkyard Speed Ball (2011)
Painkillers (2012)
Rock Them Back To Hell! (2013)

インディアナ州出身だけど米南部ミシシッピ州の香りがプンプンする。
良い意味でパンクな感じが良い味を醸し出しているようだ。


バンド結成当初にはベーシスト(Jessie Garet)がいたレフト・レーン・クルーザー 。
メンバーが減るほど凶暴度が増すように感じるのは気のせいか。


関連記事
ドイツの狂犬親父バンド、、、ジューク・ジョイント・ピンプス
越境し、彷徨うバンド、、、The Ex

レフト・レーン・クルーザーの facebook

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。