音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お達者ですなあ!!

Ernestine Anderson    アーネスティン・アンダーソン

Denise Perrier and Ernestine Anderson Take the A Train


Ernestine Anderson - I Can't Give You Anything but Love



A SONG FOR YOU - Ernestine AndersonA SONG FOR YOU (Amazon)
1. This Can’t Be Love
2. A Song For You
3. Make Someone Happy
4. Skylark
5. A Lovely Way To Spend an Evening
6. Candy
7. Day By Day
8. For All We Know
全8曲
Ernestine Anderson (Vocals)   
Houston Person (Sax)
Lafayette Harris Jr (Piano)
Chip Jackson (Bass)
Willie Jones Iii (Drums)


アーネスティン・アンダーソンが元気である。
新年早々、新譜”A SONG FOR YOU ”をリリースしてきた。
確か今年で81才を迎えるというのに、足腰もしっかりとしています。
目指せ現役100才!ですね。     (^^ゞ

ということで、今回はアーネスティン・アンダーソン(Ernestine Anderson)さんの紹介です。

アーネスティンさんは、1928年11月にアメリカはテキサス州で生まれている。
ジョン・リー・フッカー、マディ・ウォーターズをはじめとするブルースのレコードが毎日のようにかかっている家庭で育つ。
1940年代後半はジョニー・オーティス楽団に参加。
1952年から1953年にかけてはライオネル・ハンプトン楽団の専属歌手として迎えられる。
1956年のヨーロッパツアー時に録音した「ホット・カーゴ」は、彼女を代表する名盤である。
60年代はマーキュリー、70~80年代はコンコードからレコードをリリース。   
60年ほどの長きキャリアでリリースしたアルバムは、ゆうに30枚を超えている。 (@_@;)

それでは、そろそろアルバムの紹介と行きまする。
冒頭の”This Can’t Be Love”、Hart&Rodgersの最強コンビで知られる名曲である。
声がしっかりと出ており、先ずは一安心。
80才になっても尚女を感じさせる色気が漂っており、ちょっとドッキリ。 (笑)
2曲目は、これまた良く知られたレオン・ラッセルの”Song for You”
何時の時代も名曲はジャンルを選びませんね。
コロコロ転がるLafayetteさんのピアノをバックに、アーネスティンさん、しっとりと歌い上げております。
アーネスティンさんが本領発揮をするのは、何といってもミディアム・ファーストのテンポ!
5曲目の”A Lovely Way To Spend an Evening” (Adamson, McHugh作)と7曲目の”Day By Day”( Cahn, Stordahl, Weston作)は、アーネスティンさんも気持ち良さそうにスウィンギーに歌っており、このアルバムの最大の聴き所となりました。
弟分のヒューストン(6才下)がアーネスティン姉さんに寄り添うように優しくサポートしており、これも聴き所となっている。


残念なことに、数日前(6月3日)にブルースの女王、ココ・テイラー(1928年9月生まれ)さんが亡くなった。
(アーネスティンさんと)同い歳だったんですね。
アーネスティンさんにはココさんの分まで長生きして貰いたいものです。
ココに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。    (T_T)


A Song for You の試聴はこちら→Amazon
アーネスティンさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アーネスティンさんは

コンコード盤が好きでよく聞いてました♪
80歳で現役とは驚きですね!

しかも!
ココ・テイラー亡くなったんですね・・
ショックです。
2年前の野音のライブ、見に行けばよかったと
今更ながらに後悔です・・

ドジ | URL | 2009年06月06日(Sat)21:05 [EDIT]


おはようございます。

ドジさん、おはようございます。

ココさん、本当に残念でした。  (T_T)
年齢からそろそろとは思っていましたが、、、、、

アーネスティンさんにはココさんの分まで
是非とも長生きしてもらいたい、、、、、

nanmo2 | URL | 2009年06月07日(Sun)06:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。