音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の一曲♪ ”オールド・ピアノ・ロール・ブルース”

① Floyd Cramer

直リンクはこちら → youtube

② Andrews Sisters

直リンクはこちら → youtube

③ Mike Woollett

「I Would Like To Play For You Now..Vol 1」に収録。
直リンクはこちら → youtube


Piano Masterpieces - Floyd Cramer
Piano Masterpieces (Amazon)


Bei mir bist du schn - Andrews Sisters
Bei mir bist du schön (Amazon mp3)


今日紹介するのは Cy Coben の ”The Old Piano Roll Blues”

Cy Coben こと Cyrus "Cy" Coben はアメリカのソングライター。
1919年にアメリカ東部のニュージャージー州で生まれている。

彼の代表作である”オールド・ピアノ・ロール・ブルース”(1950年)は、
ホーギー・カーマイケル&カス・デーリー(オリジナル)に提供されたものであった。
それが多くの歌手(Lawrence Cook、The Jubalaires等)によって歌われ人気に火がついた。

翌年(1951年)には映画「Rich, Young and Pretty」で使用された。


① はフロイド・クレイマー(Floyd Cramer)
歯切れの良い演奏が印象に残る。
この演奏にクレームをつける奴はいないだろう。   (笑)

② はアンドリュース・シスターズ (Andrews Sisters)
戦前~戦中~戦後に大活躍した三人組コーラス・グループ。
息の合ったコーラスとゴージャスなバンド・サウンド。

③ はオーストラリアの自称ホンキートンク・マンことマイク(Mike Woollett)さん。
楽しそうにピアノを弾くお兄ちゃん!!ですなあ。


さて、あなたのお好みはどちら?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。