音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大きいような小さいような!?、、、ビッグ・タイニー・リトル

Big Tiny Little   ビッグ・タイニー・リトル

Red Wing

直リンクはこちら → youtube

Cincinnati Rag

直リンクはこちら → youtube

Twelfth Street Rag

直リンクはこちら → youtube


Honky Tonk Piano - Big Tiny Little
Honky Tonk Piano (Amazon mp3)


大きいような小さいような、、、一体どっちなんだーーーい?
座っているからよく分からないけど、横幅は間違いなくビッグでR。

ということで、今回は珍名ピアニストのビッグ・タイニー・リトル(Big Tiny Little)さんのご紹介。

ビッグ・タイニー・リトルさんはアメリカのホンキートンク~ラグタイム・ピアニスト。
1930年にバンドマンの息子としてミネソタ州で生まれている。
本名は、Dudley "Tiny" Little, Jr.
ピアノは5歳から弾き始めたそうだ。
50年代後半にテレビ番組(The Lawrence Welk Show)に出演し人気を博す。
録音したアルバムは45枚を超えるそうだ。

さて、この「Honky Tonk Piano」に収録されている曲は聴き覚えのある曲のオンパレードだ。
(芸術性を重視する!?)一般的なピアニストは決して手を出さないものばかり。
エンターテイナーに徹っしているビッグ・タイニー・リトルさんだからこそ出来る演奏。
娯楽(エンターテイメント)も立派な音楽の一ジャンル!だと思う。
もっと評価されるべきだろう。


最近はこの手のミュージシャンは減りましたなあ。
一時期人気の出たピアニスターHIROSHIはどうしているんだろう?
ちょっとおふざけが過ぎましたけどね。     (笑)


関連記事
ラグタイム・ピアノのファースト・レディ、、、ジョー・アン・キャッスル

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。