音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒューマン・ビートボックス+ブルース=ヘイムーンシェイカー(Heymoonshaker)

Heymoonshaker   ヘイムーンシェイカー

Cream F Feeling

アルバム未収録。
直リンクはこちら → youtube

ten letter word

直リンクはこちら → youtube

ロンドン・ストリート・ライブ

直リンクはこちら → youtube


Heymoonshaker (Black) - Heymoonshaker
Heymoonshaker (Black) (Amzon mp3)
Heymoonshaker (Black) (Amazon mp3 mobile)


ありそうでなかったヒューマン・ビートボックスとブルースの融合。
巷では、ビートボックス・ブルース(Beatbox Blues)と呼び始めているようだ。

ということで、今回は新ジャンルを開拓したヘイムーンシェイカー(Heymoonshaker)のお二人さんのご紹介。

ヘイムーンシェイカーはヒューマンビートボックスとギターから成るとってもユニークな二人組ユニットである。
デイブ・クロウ(Dave Crowe)さんがヒューマンビートボックスを、
アンディ・バルコン(Andy BaLcon)さんがギターを担当。

出身はイギリス?、又はニュージーランドか?
「以前、ニュージーランドで活動していた」との表記もあるので、ニュージーランドが有力か。
詳しい情報求む!!     m(__)m ペコリ

各地のストリートやフェスティバルを回って活動している模様。
ミュージシャンだけではなく、そこに芸人(大道芸人)としての資質も見い出せる。
特に、デイブさん。

さて、この「Heymoonshaker (Black)」 は今年(2012年)リリースされたばかりの新譜。
おそらく彼らのデビューアルバム。
収録時間が短いので物足りないが、先ずは挨拶代わりといったところだろう。
それとCDだけでは伝わらない魅力も多いのも事実、、、


やはり彼らが真価を発揮できる場所は箱物(コンサート会場、ライブ会場)ではなくて、人々が行き交うストリートだろう。
一声発っせばみんなが振り向く、、、その実力は高く評価されるべき!と感じる。
デイブさんの強弱のある独特の響きのハーモニカも聴きもの。
次回作は是非とも長尺で。   m(__)m ペコリ


ヘイムーンシェイカーの myspace page
ヘイムーンシェイカーのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。