音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベリー・ナイス!な、、、リチャード・ベリーさん。

Richard Berry   リチャード・ベリー

The mess around

直リンクはこちら → youtube

Louie Louie

直リンクはこちら → youtube

JELLY ROLL

"JELLY ROLL"は、Have "Louie" Will Travel (Amazon mp3 全20曲) に収録。
直リンクはこちら → youtube


Have Louie Will Travel - Richard Berry
Have Louie Will Travel (Amazon 全30曲)
Have Louie Will Travel (Amazon mobile 全30曲)


サックスがブリブリと迫る!この手の音楽は、タモリ倶楽部のオープニング(Royal Teens の"Short Shorts")を思い浮かべてしまってどうもいけない。   (笑)
例のショーツを着用した女性が音楽に合わせてお尻を振る映像である。

ということで、今回はベリー・ナイスなリチャード・ベリー(Richard Berry)さんのご紹介。

リチャードさんは、アメリカのR&Bシンガー兼ソングライター。
1935年にルイジアナ州で生まれている。
ザ・キングスメンがカバーして大ヒットさせた"Louie Louie"の作曲者としても有名。
50年代前半はザ・ペンギンズ、ザ・キャデッツ、ザ・チャイムス、ザ・フレアーズ等のメンバーとして参加し腕を磨いている。
1954年に独立し、ザ・ファラオスを結成。
アメリカ西海岸を中心に活動して来たR&B(Doo Wop)の重要人物である。

今回紹介する"Have Louie Will Travel"は彼の代表作と言えるもの。
主だった曲(Louie Louie、The mess around、I'll Never, Ever Love Again、Have Love Will Travel、Take The Key And Open Up My Heart等)は収録されている。
おじさん風(若年寄)の地味な風貌でちょっと損しているかも。
内容は良いだけにかなり残念である。
ハード系(シャウト)でキラリと光るもの(素質&底力)を強く感じる。
まだまだこんなもんじゃない、、、、、、、、と。
曲に恵まれていたらもっと売れていたかもな。


因みに奥さんは、奔放すぎるストロング歌唱のドロシー・ベリーさん。   (笑)
これじゃ、リチャードさんも相当振り回されたんじゃないの。   (笑)


関連記事
”リンダ・ルー”だけではない、、、レイ・シャープ
熱気でむせ返るビル・コディ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。