音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エッタ・ジョーンズの渾身の一曲”Don't Go To Strangers”

Etta Jones   エッタ・ジョーンズ

Don't Go To Strangers

直リンクはこちら → youtube

Fine And Mellow

直リンクはこちら → youtube


Dont Go To Strangers - Etta Jones
Don't Go to Strangers (Amazon)
Don't Go to Strangers (Amazon mp3)


歌が上手過ぎてついつい聴き惚れてしまうのがエッタ・ジョーンズ(Etta Jones)さん。

特に1960年に録音した”Don't Go To Strangers”は珠玉の出来映えで、ため息が出てしまう。

表現に深み(厚み)があり、しっとりとした歌唱で我々を楽しませてくれる。

「良いのを聴いたなあ」と感謝したくなる真の実力者!!

それが、エッタ・ジョーンズさんである。

エッタさんはアメリカのジャズ・シンガー。

1928年にサウスカロライナ州で生まれ、ニューヨーク・ハーレムで育っている。

初録音は1944年で、プロデューサーは評論家で高名なかのレナード・フェザー氏。

彼女(の才能)を高く買っていたようだ。

”Fine And Mellow”を聴くと、ブルースの歌い手としても桁外れた才能を感じさせる。

「新・ブルースの女王」と言ったら言い過ぎか???

まあ、兎に角、「上手~~~い!!」と唸るシンガーではなかろうか。

ジョーンズだけに歌は(申し分ないほど)じょーんず(上手)!!   (笑)


関連記事
他人の空似  ~ダイナ・ワシントン~

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。