音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

信仰の力は偉大なり!、、、ウィリー・ニール・ジョンソン&ザ・ゴスペル・キィノーツ

Willie Neal Johnson & the Gospel Keynotes
ウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ

Jesus Is On The Mainline

"Jesus Is On The Mainline"は、Lord...Take Us Through (Amazon mp3) に収録。
直リンクはこちら → youtube

He Brought Me Joy

直リンクはこちら → youtube


the country boy goes home - Willie Neal Johnson  the Gospel Keynotes
Country Boy Goes Home (Amazon)
The Country Boy Goes Home (Amazon mp3)
Country Boy Goes Home (Amazon mobile)


スワン・シルヴァートーンズ(Swan Silvertones)の"My Rock"に衝撃を受けてから積極的にゴスペルを聴くようになったのだが、あのえも言われぬ高揚感を得たいが為に聴いている節もある。

スワン・シルヴァートーンズ(The Swan Silvertones)をはじめとして、
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ(The Blind Boys Of Alabama)、
マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ(The Mighty Clouds of Joy)、
カントン・スピリチュアル(The Canton Spirituals)、
キャンベル・ブラザーズ(The Campbell Brothers)
等で高揚感を得てきたが、(今回紹介する)彼らの儀式もまた超弩級!!である。

ということで、今回はウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ(Willie Neal Johnson & the Gospel Keynotes)のご紹介。

彼らは聴くというよりも(儀式に参加した信者として)体験するのが一番だろう。
ジョンソンさんの説教は徐々に信者を興奮(幸せ)の絶頂へと導いて行くのである。
それにしても煽ること、煽ること、扇動者そのものですなあ。  (笑)
中国では(法輪功のように)すぐお縄になりそう。
(これは笑えない話である)
つくづく「信仰の力は偉大なり!」と感じてしまう。


是非とも体験してみたいけど、ジョンソンさんはもういない、、、
ビデオで追体験するしかないのである。
ほんまに惜しい人を亡くしましたなあ。  (涙)


関連記事
ジミー・カーター健在なり、、、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ
聖職者は人格者であれ! (ザ・マイティ・クラウズ・オブ・ジョイ編)
祈る人を見た。  ~ザ・カントン・スピリチュアル~

ジョンソンさんの facebook

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。