音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なんもレコード大賞2011 大賞発表

Cee Cee James - Done Love Wrong

直リンクはこちら → youtube

James Hunter - Think

直リンクはこちら → youtube

Brother Yusef - Long Way From Home

直リンクはこちら → youtube

なんもレコード大賞  Cee Cee James(シー・シー・ジェイムス)
Low Down Where the Snakes Crawl - Cee Cee James
Low Down Where the Snakes Crawl (Amazon)

なんもレコード準大賞  James Hunter(ジェイムス・ハンター)
People Gonna Talk-James Hunter
People Gonna Talk (Amazon)

なんもレコード準大賞  Brother Yusef(ブラザー・ユセフ)
Live in Belgium - Brother Yusef
Live in Belgium (Amazon mp3)


今年は未曾有の大震災(東日本大震災)に揺れた一年だった。

地震や津波も恐ろしかったが、より深刻なのが原発事故であった。
放射線物質(セシウム137等)により広範囲に汚染されてしまった国土。
元に戻るのは何時の日だろうか?
半減期が約30年なので、90年でも1/8、150年でも1/32、、、、、
おそらく数千年単位?
気の遠くなる話である。
これから放射線による影響(白血病等)が心配される。

でも、こんな状況であっても音楽は聴いた。
さすがに震災後の数ヶ月は積極的に聴く気にはならなかったが。
これ等の音楽を聴くと2011年を想い起こすことだろう。


ということで、年末恒例のなんも大賞の発表です。

大賞は、シー・シー・ジェイムスさんの"Low Down Where the Snakes Crawl"

聴き所は、もちろん”Done Love Wrong”
”Done Love Wrong”だけが突出しているというか、異質で他とは違う。
例えて言うと汗を感じる歌唱、他(の曲)はクールに決めてはいるが汗はかいていない。
感情を押さえ気味に女の情念を歌い上げている。
怨念の塊のような歌声に(後ろめたい事のある)男共は身動ぎできなくなる、、、かも。
感情が爆発したらジェイムスさん、一体どうなるんだろう?
興味の湧くところではある。


準大賞(その1)は、ジェイムス・ハンターさんの"People Gonna Talk"

(アルバム収録の)適当な動画がなかったので未収録の"Think"をアップしたが、こんな感じで熱~~~いパフォーマンスを繰り広げるジェイムスさんです。
参考程度にお聴ききあれ。
燃え上がるようなライブ盤が聴きたいものよのう。
イギリスにもほんまもんのソウルマンはいるのである。


準大賞(その2)は、ブラザー・ユセフさんの"Live in Belgium"

地道に活動を続けるブラザー・ユセフさん。
一向に人気が沸騰する気配はないけれど、応援してまっせ。
スターの道は Long Way なれど、才能の開花する日はそう遠くはない。
ソロでも必要十分なパフォーマンスに酔いしれた。


他には、
底抜けに陽気なデュアラーズの"The Melting Pot"、
しみじみ!沁み沁み!なロニー・ジョンソンの"Blues & Ballads"
が、印象に残った。


The Dualers - Kiss On The Lips

直リンクはこちら → youtube

Lonnie Johnson - I Found A Dream

直リンクはこちら → youtube


本年も拙ブログをご愛顧くださり、誠にありがとうございました。
来年もどうぞご贔屓に。
昇り竜のように運気が上昇することを願って新年を迎えましょう。
みなさん、良いお年を。


関連記事
魂の歌い人、、、シー・シー・ジェイムス
過去からやって来た男、、、ジェイムス・ハンター
ストリートの達人、、、ブラザー・ユセフ
我が道を行くブラザー・ユセフさんにエールを!!
お調子者兄弟によるハッピー・ミュージック、、、デュアラーズ
安眠の友!?ロニー・ジョンソンの”I Found A Dream”

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。