音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ネヴィル・ディッキーさんの好々爺ピアノ。

Neville Dickie   ネヴィル・ディッキー

Harlem Hotcha


Strut Miss Lizzie


Red Hot Mama



Neville Dickie - Strut Miss Lizzie
Strut Miss Lizzie (Amazon mp3)


買い物での会計がぞろ目だと何気に嬉しいもんである。
何か良い事がありそうで、ちょっと期待したりなんかして、、、

ということで、今回は年齢が77歳とぞろ目なネヴィル・ディッキー(Neville Dickie)さんのご紹介。

ネヴィルさんはイギリスのブギウギ~ストライド・ピアノ奏者。

1937年にイングランド北東部にあるダラム(Durham)市で生まれている。
後にロンドンへ引っ越し、パブで演奏するようになる。

1969年にはシングル盤「Robin's Return」がヒット。 (UK Singles Chart #33)
1975年にリリースしたアルバム「Back to Boogie」は10万枚を超える大ヒットに。

アルバムは20枚はリリースしているようだ。
1969年の「The Robins Return」に始まり、最近作は2010年の「Show Stoppers」

さて、この「Strut Miss Lizzie」は2008年にリリースした比較的最近のアルバム。
全21曲中ブルースと名が付くのが7曲と多いが、ブルース特有のクドさもあまりなくとっても聴き易い。
ブルース・ビギナーのみなさ~~~ん、心配はご無用である。
ハズレがない粒揃いの演奏なので、聴き所は全て!!ということになる。
年齢を感じさせない歯切れの良い演奏が素晴らしす。


88歳、99歳といつまでも末永くお元気で活躍してもらいたいものですなあ。
先ずは、次の88歳!!


ネヴィルさんのウェブサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。