音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

Wave尽くし

Wave  Riccardo Chiarion


Wave  Jazzerman



"Wave",言わずと知れたボサノヴァの名曲である。
作者はアントニオ・カルロス・ジョビン (Antonio Carlos Jobim)
どんなに音楽に疎い人でも、一度は耳にしたことがあるだろう。

この"Wave"も例に洩れず、多くのミュージシャンによってカバーされている。
様々なジャンルのミュージシャンによって演奏されて(歌わられて)いる"Wave"、
正しくジャンルを超えた世界の名曲である。

今回も、この魅力に取り付かれた男達の紹介です。

先ずはイタリアのリカルドさんから。
頭が爆発してるようなヘアー、アフロとはちょっと違うようですけど何と言うんでしょうね。
外観からするとロックでも演りそうな感じですが、意外や意外しっとりと弾いとります。
慈しむような演奏です、リカルドさんなかなかやるなー。

続いてはオランダ?のJazzermanさん。
ちょっと、ちょっとちょっとヒクソン(グレイシー)さんがギターを弾いてるように見えました(^^ゞ
ミュージシャンと言うより武道家ですな(笑)
でも、さらりとした演奏にも味わいがあります。

やはりオリジナルは避けて通れません。
インパクトには欠けるものの、とっても心地良いです。
毎日食べても飽きない、菓子パンというよりは食パンのような味わい。

Wave-Antonio Carlos Jobim 
Wave
Wave/Red Blouse / Look to the Sky /
Batidinha /Triste/Mojave /Dialogo/
Lamento/ Antigua/Captain Bacardi
全10曲
1967年作品

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する