音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

禁断の愛!?、、、師弟関係のベルベッツ

The Velvets   ザ・ベルベッツ(ザ・ヴェルベッツ)

Tonight (Could Be The Night)

直リンクはこちら → Youtube

Lana (愛しのラナ)

直リンクはこちら → Youtube


Tonight Could Be the Night - Very Best of The Velvets

詳しくはアマゾンで。

Tonight Could Be the Night: Very Best of (Amazon)
Tonight Could Be the Night: Very Best of (Amazon mobile)

Tonight Could Be the Night: Very Best of の試聴はこちら → Amazon USA


この場合、禁断の愛!といっても音楽を通じた音楽愛な訳であるが、、、

ということで、今回は”トゥナイト”でお馴染みのザ・ベルベッツ(The Velvets)のご紹介。

ベルベッツは、高校の英語教師(Virgil Johnson)とその教え子たちにより1959年に結成された異色の5人組ドゥーワップ・グループ。
ありそうであまりないのが「師弟関係」のグループ、ドゥーワップ・グループでは唯一かも。

メンバーは以下の5名。
 Virgil Johnson
 Mark Prince
 Clarence Rigsby
 William Solomon
 Bob Thrsby

”That lucky old sun”でレコード・デビュー。
61年にリリースした”Tonight (Could Be The Night)”がヒットし、世間に知られるようになる。
代表曲は、”Lana”(愛しのラナ)、”Laugh”等。


キャッチーなメロディで親しみ易いので、
ドゥーワップ好きもそうでない方も是非是非どうぞ。     (^_^)v

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。