音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6畳アパートにグランドピアノと住む女

Kurahashi Yoeko   倉橋ヨエコ

倉橋ヨエコ 人間辞めても


人間辞めてもー倉橋ヨエコ 人間辞めても

  人間辞めても
  東京ドドンパ娘
  シャバダ★天国
  沈める街

           全4曲 マキシシングル

人間辞めても”、タイトル、歌詞、PVともインパクトあり過ぎ。
今回紹介する倉橋ヨエコ姐さんは、女の情念が渦巻くようなドロドロした歌を歌ってます。

自称、他称も含めて色々形容されるヨエコ姐さん。
昭和の捨て犬
平成のシャバダ女
平成の笠置シズ子
ジャズ歌謡の旗手   などなど

ジャンルに関しても、
昭和歌謡
大人の童謡
インチキジャズ歌謡
インチキやさぐれロック
シャバダ歌謡     などなど

「私の歌声は明らかに平成ではない」と自覚して、自らのスタイルを”ジャズ歌謡”と標榜するヨエコ姐さん。
この際、ジャンルなんてどうでもイイっす。
執拗にくり返される歌詞で女の情念のドロドロを表す歌唱スタイルは、インパクトがあり、ちょっと恐いです。
ヨエコ(弱え~子)というよりはツエコ(強え~子)の方がピッタリ、とツッコミを入れたくなります。(^^ゞ

私生活もちょっとインパクトあります。
自宅6畳アパートにグランドピアノと住む女←せめてアップライトにしとけって
朝から起きがけにカツ丼を食う女
麺はネギだらけでないと気がすまない女
歯医者の診察台で爆睡する女←姐さん、緊張感なさ過ぎです。

インパクトだらけのヨエコ姐さんですが、素顔はいたって普通です。
これからもインパクトあるエピソード、宜しくお願いしまっす。


ヨエコ姐さんのHPhttp://www.kurahashiyoeko.com/

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

nanmo2さん、こんばんは〜♪
倉橋ヨエコさん、廃業宣言されたんですね。
Youtubeも聴けなくなっていますね。
凄く凝った行き方の人ですね。
興味深かったです。

Fuwari Funwari | URL | 2008年07月09日(Wed)19:24 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。