音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の歌い人、、、シー・シー・ジェイムス

Cee Cee James   シー・シー・ジェイムス(ジェームス)

Done Love Wrong

直リンクはこちら → Youtube

Living In the House of the Blues

”Living In the House of the Blues”は、Seriously Raw: Live at Sunbanks (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → Youtube


Low Down Where the Snakes Crawl - Cee Cee James

詳しくはアマゾンで。

Low Down Where the Snakes Crawl (Amazon)
Low Down Where The Snakes Crawl (Amazon mp3)

Low Down Where the Snakes Crawl (Amazon mobile)
Low Down Where The Snakes Crawl (Amazon mp3 mobile)


今、この人に嵌っている。
もし、仮にライブで直に聴くことがあったら失神してしまう自信はたっぷりとある。     (笑)

ということで、今回は知られざる実力者!シー・シー・ジェイムス(Cee Cee James)さんの紹介。

ジェイムスさんはアメリカ西海岸北西部の生まれで、育ちはカリフォルニア。
御年は40代???
Cee Cee James はおそらく芸名だろう。
12年前に Christina Fasano 名義でアルバム(Spiritually Wet [Explicit] - Amazon mp3)を出しており、こちらが本名と思われる。

それにしてもだ、この10年という間に彼女に一体何があったんだろう???
雷に打たれたかのように作風があまりにも劇的に変わっている。
お洒落なR&B風の Christina Fasano 時代は仮の姿だったんだろうか。
色々と勘ぐりたくもなるが、ここは素直に今の彼女を受け止めよう。

ジャニス・ジョプリンを引き合いに出して語られることが多いジェイムスさんであるが、ジャニスさんのことはあまり知らないので軽々には言うべきではないだろう。
ということで、他を参照してくだされ。   m(__)m ペコリ


少なくとも言えることは、シー・シー・ジェイムスを聴く時はしっかりと対峙しなければならないということだろう。
生半可な気持ちで聴くと火傷しますぜぃ。
静かなる女の情念があまりにも静かなる故さらに凄味を増している。
おそろしや~~~  (この場合畏敬の念を込めての畏ろしや~~~)
誰にも媚びない極太ボーカルが清らかですらある。
感動も静かにジワジワと押し寄せてきて、ジェイムスさんのこれまでの(波乱?の)人生を考えてしまった。
気が付くと、「こいつぁ~~~、本物だねえ」とおもわず呟いていた。


まがいものが多い昨今、本物が聴きたけりゃ、シー・シー・ジェイムスなのである。   (^_^)v


関連記事
リアル・ミシシッピ・デルタ・ブルースマン  ~フロイド・リー~

ジェイムスさんのオフィシャルサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。