音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サンクトペテルブルクからこんにちは、、、サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴュー。

St. Petersburg Ska Jazz Review   サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴュー

Too Good To Be True


My little cloud


Under the Big Top



St. Petersburg Ska-Jazz Review - Too Good TO Be True
Too Good to Be True (Amazon)
Too Good To Be True (Amazon mp3)


国の体制が変わると都市の呼び方も変わることがある。
例えば、ソ連時代にはレニングラードと呼ばれていた古都も今ではサンクトペテルブルクとなっている。
響きが随分と柔らかになったように感じるのは自分だけではあるまい。

ちゅう訳で、今回はロシアのスカ~ジャズ・バンド「サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴュー(St. Petersburg Ska Jazz Review)」のご紹介。

サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴューはロシア・サンクトペテルブルク出身のスカ~ジャズ・バンド。
(facebookによると)ジャンルは ska jazz funk soul だそうで、ボーダーレスな存在である。
結成は2001年で、サンクトペテルブルクで人気の二つ(SPITFIRE、MARKSCHEIDER KUNST)のバンドが合体して誕生したそうな。
翌年(2002年)、アメリカ出身の女性ボーカル!ジェニファー・デイヴィス嬢が参加して今の形になっている。

メンバーは11名で、以下の通り。
 Margarita Kasayeva - Lead Vocal
 Sergei Efremenko - Guitar
 Vladimir Matushklin -Guitar
 Kirill Oskin - Bass
 Denis Kuptsov - Drums
 Danil Prokopyev - Percussion
 Kirill Ipatov - Percussion
 Vyacheslav Bistrov - Keys
 Ivan Nekludov - Bariton & Tenor Saxophones
 Anton Vishnyakov - Trombone
 Alexandr Plusnin - Trumpet

影響を受けた者として、
Louis Jordan
Skatalites
Sonny Rollins
等を挙げている。

アルバムは3枚はリリースしている模様。
 St. Petersburg Ska Jazz Review (2004)
 Too Good to Be True (2007)
 Live at Red Club (2007)

さて、この「Too Good to Be True」は2007年にリリースしたもの。
やはり女性ボーカルの参加ということで華やいだ雰囲気となっている。
むさ苦しい?インスト曲も嫌いではないが、、、、、   (笑)


斬新なアレンジが光るリー・モーガンの”Sidewinder”マイルス・デイヴィスの”Four”も一聴の価値あり。
ST-PETERSBURG SKA-JAZZ REVIEW (Amazon) に収録。


サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴューの facebook
サンクトペテルブルク・スカジャズ・リヴューのウェブサイト

スポンサーサイト

PageTop

中国共産党、金で反民主派デモを組織する。

中共の恥を晒した香港反民主派デモ



尖閣の時と同(おんな)じだあ。

反民主派デモというのも時代に逆行していて笑えますなあ。

毛沢東時代に戻りたいんだろうか?

今度はどんな恥を晒すんだろう、中酷共産党。


関連記事
リアル人権のない国、中国。

PageTop

香港、、、Now

OCCUPY CENTRAL HONG KONG - Tear Gas, Riot Police and Chaos on the Streets of Hong Kong



香港が大変なことになっている。

中国共産党による弾圧が更に強くなりそうである。

ここは(当たり前の)自由を求める香港人を支持したい。

香港のみなさん、どうかご無事で。

PageTop

天使の歌声!、、、シェルビー・フリント。

Shelby Flint   シェルビー・フリント

Our Town  (オリジナル)


I've Grown Accustomed to His Face


Hi-Lili, Hi-Lo

私のエンジェル (Amazon) にも収録。


シェルビー・フリント - 風の吹くまま
風の吹くまま (Amazon)


歌声そのものに大変魅力のある人である。
透き通るような美声、「天使の歌声!」と言われたのも頷ける。

ということで、今回は癒し系シンガーのシェルビー・フリント(Shelby Flint)さんのご紹介。

シェルビーさんはアメリカのシンガー・ソングライター。
1939年にカリフォルニア州(イリノイ州という説も)で生まれている。
現在も現役のようである。

1958年にケイデンス・レコードより”アイ・ウィル・ラヴ・ユー”でレコード・デビュー。
1961年に”私のエンジェル(Angel on My Shoulder)”が全米22位のヒット。
1966年に”Cast Your Fate to the Wind”が全米61位のヒット。

アルバム(リーダー作)は4枚は出してるようだ。
 Shelby Flint (1961)
 Shelby Flint Sings Folk (1963)
 Cast Your Fate to the Wind (1966)
 Don't Stop the Music (1979)

さて、この「風の吹くまま(Cast Your Fate to the Wind)」は1966年にリリースしたサード・アルバム。
ビートルズの”Yesterday” 、ヴィンス・グアラルディの”風の吹くまま”、ブロードウェイ・ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の挿入歌”I've Grown Accustomed To Her Face”等のカバー曲に、”Moonlight”、”The Lily”、”Our Town”等のオリジナル曲が加わったラインアップとなっている。
カバーは”Hi-Lili, Hi-Lo”、オリジナルは”Our Town”が気に入った。


優等生が歌っているようで面白味に欠けると見る向きもあるが、これはこれでありだと思う。
ストレートに歌うとストレートに心に響くものである。
こねくり回し過ぎはすぐ飽きるものだ。

PageTop

「米欧市民を殺害せよ」とイスラム国は言った。

Vandermark 5

Accident happening



Vandermark 5 - Burn the Incline
Burn The Incline (Amazon mp3)


時事通信 によると、

イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」は22日、インターネット上に声明を出し、米主導の対イスラム国「有志連合」参加国の市民を殺害するよう支持者らに呼び掛けた。

イスラム国スポークスマンのものとされる声明は「米欧や、イスラム国に反対する連合に参加する国の不信心な市民らを殺せるなら、アラー(神)を信じて殺害せよ」と訴えている。

有志連合はイスラム国が活動するイラクやシリアで、空爆を含む軍事作戦を拡大している。
これに反発し、イスラム国が連合参加国市民への暴力をあおる声明を出したのは初めてとみられる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


女性を誘拐して売り飛ばしたり、人質を残忍な方法で処刑したりとやりたい放題の「イスラム国」
神を語ってるけど、これでは神に集る単なる極悪犯罪集団ですなあ。

神を語る資格なし!!!

神様もさぞやご迷惑ではなかろうか。
早く消滅してほしいのう。

関係国(シリア、イラク)を訪問する際はイスラム国に気をつけなはれや!!
予期せぬアクシデントが頻発しますから、、、

曲はVandermark 5で、”Accident happening”


関連記事
Jooklo Duoとは?

PageTop

トリオで鳥尾さん。

鳥尾さん

On A Clear Day


What A Difference A Day Made



鳥尾さん - BE BOP
ビ・バップ (Amazon)


東京学芸大学のジャズ研究会から誕生したのが鳥尾さん。

オール女性のジャズピアノトリオである。
メンバーは、中島弘恵(p)、伊東里栄子(b)、安永春美(ds)の3名。

女性らしい柔らかでしなやかな演奏に惹かれる。

そろそろ新譜が聴きたいものでR。

PageTop

点音の創始者、、、鈴木昭男さん。

鈴木昭男

Live @ New York City 2012


即興ライブ @多治見 2012


多治見ながせ商店街イベント『商展街』 紹介映像 第三弾



アナラポス(ANALAPOS)、、、宇宙的というか不思議な響きのする楽器である。
構造はいたって簡単で、2個のブリキ缶をバネで繋いだもの。
その割りには深みのある音が出てる(出せる)
音のバリエーションも多そうだ。

開発したのはサウンドアーティストの鈴木昭男さん。

点音(おとだて)を提唱し実践している「音と場の探求者」でもある。
「そこ(その地点)に行かないと聞けない音がある」という考えは興味深い。
「音と場の探求者」というのも頷ける。


子供でも簡単に出来そうなアナラポス。
来年の夏休みの自由研究に如何だろうか。
かなり早過ぎるが、、、、、   (^_^;)


鈴木昭男さんのウェブサイト

関連記事
あばんぎゃるど
静かなるアヴァンギャルド!?、、、スタール・カルテット

PageTop

今日の一曲♪ ジェリー・ウィギンスの”On A Clear Day”

Gerry Wiggins   ジェリー・ウィギンス

On A Clear Day (You Can See Forever)



Gerry Wiggins - Wig is here
Wig is here (The Definitive Black & Blue Sessions (Paris 1974-1977)) (Amazon mp3)


午後のひとときをジャズピアノで。

ということで、ジェリー・ウィギンス(Gerry Wiggins)さんをセレクト。

晴れた日にはジェリーさんの歯切れの良い乾いたピアノが良く映える。

ん~~~~~、永遠が見えてきそうでR。

PageTop

ケニー・ドーハムの”The Touch of Your Lips”

Kenny Dorham   ケニー・ドーハム

Short Story


The Touch of Your Lips



Kenny Dorham - Short Story
Short Story (Amazon mp3)


昔よ~~~く聴いたケニー・ドーハムのスティープルチェイス盤。

お目当ては”Short Story”ではなくて、”The Touch of Your Lips”

一応バラード曲なんだけど、、、、、

ニールス・ペデルセン君(当時17歳)のズンズン・ベースに引っ張られて行進曲風に。   (笑)

後年ヨーロッパ・ジャズを背負って立つ連中が闊歩してます。

それにしても凄いメンバーだよなあ。

ケニー・ドーハム (tp)
アラン・ボッチンスキー (flh)
テテ・モントリュー (p)
ニールス・ペデルセン (b)
アレックス・リール (ds)
1963年録音。

関連記事
幸せは8分後にやって来る。 バルネ・ウィラン編
クラブ・サンジェルマンの夜は更けて バルネ・ウィラン編

PageTop

オーストラリアのワンコとニャンコは、、、

Pharrell Williams - Happy - HAPPY DOGS & CAT in AUSTRALIA



幸せそう。

そりゃ~~~、国土が広いもの。

プライベート・ビーチのひとつやふたつは持てそう。

ペットにとってストレスとは無縁の環境が羨ましいっすなあ。

犬好き、猫好きはオーストラリアへ移住するしかない、、、、、かもね。

PageTop

ブダペストからこんにちは、、、マイティー・フィッシャーズ。

The Mighty Fishers   マイティー・フィッシャーズ

Love Me Good


Caribbean Nights


Hypnotic Eyes

High Four (Amazon mp3) に収録。


Mighty Fishers - Soul Garden
Soul Garden (Amazon mp3)


ハンガリーと日本とは意外にも共通点が多いようだ。

先ずは、世界的にも知られた温泉大国であるということ。
首都ブダペストには100カ所以上の源泉があるそうだ。

次に、姓名表示。
ハンガリーでは日本同様姓が先で名が後だそうだ。
したがって、数学者として著名なピーター・フランクルさんは正式にはフランクル・ピーターさん。

そして、言葉。
古来はkorai(コライ) 意味も同じ。
綿はvatta (ワッタ)   意味も同じ。

これもご先祖様が同じアジア出身ということからでしょうか?
なんか妙に親しみを感じますなあ。

ちゅう訳で、今回はハンガリー出身のマイティー・フィッシャーズ(The Mighty Fishers)のご紹介。

マイティー・フィッシャーズはハンガリー・ブダペスト出身のバンド。
(facebook によると)ジャンルは Rocksteady、Early reggae 、Lovers rock だそうだ。

メンバーは7名で、以下の通り。
 CéAnne – lead vocal
 Doki – lead vocal
 Peter A - rythm guitar, recording, dubbing
 Gergő - lead guitar
 Tomi – keys, vocal
 Ádám aka Baker The Big - Bass
 Lipi Brown – drums, vocal

影響を受けた者として、
The Jamaicans
The Pioneers
The Kingstonians
Hopeton Lewis
Marcia Griffith
Phyllis Dillon
Harry J. Allstars
等を挙げている。

今までにアルバム1枚とEP2枚をリリースしている。
 High Four (2011)
 Where Are You? (2012)
 Soul Garden (2014) LP

さて、この「Soul Garden」は最近(2014年)リリースした彼等の初のフル・アルバム。
Tomi さんのシンプルながらも懐にスーーーッと入ってくるキーボードのメロディに先ずやられる。
それと CéAnne さんの憂いを帯びたボーカル。

聴き所は、
弾むようなリズムに乗って CéAnne さんが歌う"Every Night and Every Day"、
ちょっと他とは毛並みが違うハワイアン・テイストの”Skin That Fish”、
正にタイトル通りでハッピーな”Caribbean Nights”
あたりか?

でも、一番は”Love Me Good”
CéAnne さんのビブラートの効いた歌声、キーボードの Tomi さんの素朴な前奏、ギターの Gergő さんのナイスな間奏が合わさって名演となっている。

男性ボーカル Doki さんの”Welcome Home”、”Lay Down”も良いんだよなあ。
ちゅう訳で全曲お薦めです!!


因みに、料理の塩味が足りないことをハンガリーでは「ショータラン」と言うそうだ。
ハンガリーに行ったら(そういう場面に出くわした時)使ってみては如何だろうか?


マイティー・フィッシャーズの facebook
マイティー・フィッシャーズのウェブサイト

PageTop

カリフォルニアの蜂は優しく歌う。 ~リリー・ビー編~

Lily Bee   リリー・ビー

'Tis Autumn

(アルバム未収録)

Carnival (original song - demo version)


Honeymoon (new original song)



Lily Bee - Age of Exploration
Age of Exploration (Amazon mp3)


秋ですなあ。
ヘンリー・ネモ(Henry Nemo)の”'Tis Autumn” が聴きたくなる今日この頃。

ちゅう訳で、今回はリリー・ビー(Lily Bee)さんのご紹介。

リリーさんはアメリカ・カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター。
見ての通り、ご先祖様は東南アジア系と思われる。
だいぶ前に紹介したジィ・アーヴィ嬢を思い出してしまった。

(facebook によると)ジャンルはIndie JazzFolk、Acoustic、Soul だそうで、間口の広いシンガー・ソングライターと言えそう。

影響を受けた者として
Peggy Lee
Norah Jones
Zee Avi
Jason Mraz
Eva Cassidy
Cole Porter
Etta James
Ella Fitzgerald
Jackson 5
Corrine Bailey Rae
Joni Mitchell
Dinah Washington
Pink Martini
Fiona Apple
Louis Armstrong
Johnny Cash
Ingrid Michaelson
Sara Bareilles
等を挙げている。

アルバムは2枚リリース。
 Daydream at Midnight (2010)
 Age of Exploration (2012)

さて、この「Age of Exploration」は2012年にリリースされたセカンド・アルバム。
”Honeymoon”、”Carnival”、”Thuyn”等、小粒ながらも良い曲が目白押しである。
ベスト・トラックは声質と曲が良くマッチしている”Cambridge Aubade”と、気だるい歌い方が何気に良い雰囲気を醸し出してる”When We Move to New York City”あたりか。


ということで、秋の夜長にはリリー・ビー嬢。
壇蜜蜂とは違って、こっちは刺さないぞう。     (笑)


リリーさんの facebook
リリーさんのウェブサイト

関連記事
マレーシアのジィちゃん  ~ジィ・アーヴィ~

PageTop

空を滑空する男たち。

Wingsuit Basejumping - The Need 4 Speed: The Art of Flight



地表スレスレを猛スピードで滑空して行く男たち。

ちょっとでもバランス崩すと確実にあの世行きだよなあ。

恐怖よりも快感が上回っているんでしょうか、、、、、このお兄さんたちは。

気分はハヤブサ!?

まだスカイダイビングの方がまし、、、、、かもね。


関連記事
空中散歩

PageTop

メキシコのスカ、、、インスペクター

Inspector   インスペクター

Te He Prometido


Volvamos a Ser Novios

Volvamos a Ser Novios (Amazon mp3) に収録。

Osito Dormiln



Inspector - Ska a La Carta
Ska a La Carta (Amazon mp3)


ソンブレロを見るとそこまでつばを広くしなくてもいいんじゃないのと思ってしまうが、それだけメキシコの日差しは強いということなんでしょうか。
体が当たる前に帽子が当たるっちゅ~~~の。

ちゅう訳で、今回はメキシコのスカバンド!インスペクター (Inspector)のご紹介。

インスペクター はメキシコのスカバンド。
1995年から活動している中堅クラスのスカバンドである。
ジャマイカン・リズムにメキシカン・ポップや60年代ヒット曲のメロディーを乗せているので、ノスタルジックな気分になりそうである。

メンバーは8名で、以下の通り。
 Big Javy (Vocals)
 Padrino (Tenor Sax)
 Homero (Keyboards)
 Fabian (Guitar)
 Matonenelaire (Percussion)
 Gil Treviño (Trumpet)
 Grillo (Trombone)
 Jona (Bass)

アルバムは7枚リリース。
 Blanco y negro (1998)
 Alma en fuego (2001)
 Unidad, Cerveza y Ska (2004)
 Amar O Morir (2006)
 Inspector (2009)
 Ska A La Carta Vol 1 (2011)
 Inspección Retroacústica (2014)

他に、二つのデモ音源と6本のミュージック・ビデオがある。

さて、この「Ska A La Carta Vol 1」は2011年にリリースした比較的新しい物。
トニーさんとの掛け合いが楽しい”Osito Dormiln”、スモーキー・ロビンソンの”My Girl”等、聴き所満載である。
巨漢ボーカル Big Javy さんの伸び伸びとした歌いっぷりに痺れてしまう。
ベスト・トラックは口ずさみたくなるナイス・メロディーの”Te He Prometido”か。


聴き終えたら思わず「ごっつあんです」と言いそうになるアルバムではある。
カリブ海の潮騒が聞こえてきそう。


インスペクターの facebook
インスペクターのウェブサイト

PageTop

顔泥棒

"El Ladrón de Caras", de PrimerFrame



バレンシア(スペイン)のアニメーション学校「PrimerFrame」の学生たちによるショート・アニメ。
監督は FRANCESC PERALES さん。

出来映えも上々で、引き込まれます。

得体の知れない者が顔を奪って行く、、、
怪奇な事件の起こる街で調査し始めるひとりの探偵。

果たして、彼が見たものとは、、、、、

PageTop

今日の一曲♪+α ジョージ・シアリングの”九月の雨”

George Shearing   ジョージ・シアリング

september in the rain


The Continental



George Shearing - September in the Rain
September In The Rain (Amazon mp3)


今度は北海道で大雨である。
高知といい、広島といい、日本の空(天気)はどうなっているんでしょうかね。

ちゅう訳で、ジョージ・シアリングの”九月の雨”をどうぞ。

ピアノとヴィブラフォンとのユニゾン演奏が独特の雰囲気を醸し出してましたな。

程々の雨が恋しい今日この頃である。


関連記事
今日の一曲♪ レッド・ガーランドの”レイン”
台風一過  ~レッド・ガーランド~

PageTop

スコット・ブラッドリー&ポストモダン・ジュークボックスが面白い。

Scott Bradlee & Postmodern Jukebox   スコット・ブラッドリー&ポストモダン・ジュークボックス

We Can't Stop


Call Me Maybe


Royals

Royals (feat. Puddles Pity Party) (Amazon mp3) に収録。

Burn


All About That [Upright] Bass



おーーーーー、後ろでサックスが燃えているぞぅ!!   (笑)

今、スコット・ブラッドリー率いる音楽集団「スコット・ブラッドリー&ポストモダン・ジュークボックス」が面白い。

ビジュアルもそうだけど多彩な音楽性も興味深い。
「スタイル(ジャンル)に関係なく良いもの(曲)は良い!!」と引っぱり出してくるスコットさんには、もはやジャンルという概念がないかもね。


特に(最後の)マルチ奏者のケイト(Kate Davis)嬢は才能の塊である。
ニッキ・パロットを超える日も近い、、、、、かも。


ポストモダン・ジュークボックスのウェブサイト

関連記事
ピアノ七変化、、、スコット・ブラッドリー
炎のチューバ

PageTop

配信レスラー!シバターが面白い。

ありえないコンビニ店員の態度?ファミマ店員に暴行&土下座させたDQNに物申す!


社員恫喝!ブラック企業社長、たかの友梨に物申す!


おまけ) ファミマ店員に難癖を付け土下座強要し、恐喝動画をアップで炎上



youtube を舞台に活動しているシバターが面白い。

おちゃらけた所もあるけど、硬派(社会派)な一面もあり見過ごせない。
たまにはレスラーとしてリングを舞台に活躍している。

因みに、本名はシバタではなくてサイトウらしい。
何故にシバターなんでしょうかね?


これからも戦う!社会派ユーチューバーとしての活躍を期待したい。


シバターさんのウェブサイト

関連記事
カズヤ・チャンネルが面白い!!

PageTop

全米オープン準優勝  錦織圭選手、悲願成らず。

石黒ケイ

I Remember You

「You remember me」に収録。


世界は甘くはなかった。
完敗でしたね。

でも、僕らは2014年の晩夏(初秋)をけっして忘れはしない。
伝説を作りかけた男がいたことを、、、
折に触れてはあなたを思い出すであろう。

ちゅう訳で、石黒ケイの”I Remember You”をどうぞ。


いずれ(グランドスラムは)制覇できるだろう。
それだけの努力はしているから。
お楽しみは次に取っておこう。


ケイさんのウェブサイト

PageTop

決戦前夜、錦織圭選手にエールを送る。

David Benoit   デイヴィッド・ベノワ

Kei's Song

Best of 1987-1995 (Amazon) に収録。


いよいよ決戦前夜である。

格下ということで変なプレッシャーがかかりそうだが、平常心で戦ってもらいたい。

(良い)結果は自ずとついて来る筈だ。

ということで、デイヴィッド・ベノワ(David Benoit)の”Kei's Song”でエールを送ろう。

果たして、伝説は誕生するのであろうか?

PageTop

錦織圭選手、頂上まで後ひとつ。

山根万理奈 (山音まー)

歌ってhappy!

歌ってhappy ! (Amazon mp3) に収録。


勝ってhappy!
「テニスって、楽し~~~~~ぃ!!」
と、叫んだかどうかは知らんが、兎に角錦織選手おめでとうございま~~~す。

ちゅう訳で、同郷(島根県松江市)のシンガー・ソングライター!山根万理奈の”歌ってhappy!”をどうぞ。

このままの勢いで突っ走ってほしいのう。
後ひとつ、勝ってhappy!に。


果たして(後世に語り継がれる)伝説は生まれるのであろうか?


万理奈さんの facebook
万理奈さんのウェブサイト
万理奈さんの youtube チャンネル

関連記事
浜田真理子を育んだ縁雫(えにしずく)の町、松江市。
のこされし者のうた  ~浜田真理子~

PageTop

フロリダのスカ、、、ユージュアルズ

The Usuals   ユージュアルズ

Its Alright


Sweet Pea


Thirtheen 45's



Usuals - On the Lovers Circuit
On the Lovers' Circuit (Amazon mp3)


全米オープン・テニスで錦織選手が大活躍している。
日本はおろか韓国や中国のファンをも巻き込んで熱狂させている。
アジア人初の優勝が見たいもんである。

ということで、開催地アメリカのスカバンド!ユージュアルズ(The Usuals)のご紹介。

ユージュアルズはアメリカ・フロリダ州出身のスカバンド。

メンバーは7名で、以下の通り。
 Julie Esbjorn - vocals
 Mike Bovenzi - saxophone
 John Cotter - trombone
 Tom Falvey - trumpet
 Shannon Gordon - bass
 Lucky Boy Alvis - guitar
 Jack "Una" Rinca - drums. keyboard

アルバムは2枚リリースしている模様。
 The Usuals (1998)
 On the Lovers' Circuit (2004)

さて、この「On the Lovers' Circuit」は2004年にリリースしたセカンド・アルバム。
ジュリー(Julie Esbjorn)嬢のボーカルがたどたどしく聞こえるのは気のせいか?
もしかしたら英語を母国語としない国からの移民なんだろうか?
でも、これが功を奏している。
舌足らずで丁寧な歌声に胸キュン!!となるのだ。


果たして全米オープンでの胸キュン!!はあるのだろうか?
後ふたつ、錦織選手の健闘を祈りたい。

PageTop

今日の一曲♪ Calamities の”Are you There”

Calamities   カラミティーズ(?)

Are you There



時間帯もあるけどパソコンがやたらと重い。

それに相変わらず迷惑コメントも来るし、、、

あなた(banana_ayako)とはもう絡みたくもないわ。   (怒)

つーーー訳で、カラミティーズ(Calamities)の”Are you There”をどうぞ。   (^_^;)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。