音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハリー・ポッターよりもジェフ・ポッター

Jeff Potter & The Rhythm Agents   ジェフ・ポッター&ザ・リズム・エージェンツ

When The Moon Comes Up


Golden Roll


The Romp


She's So Explosive



Jeff Potter The Rhythm Agents - Great Big Beat
Great Big Beat (Amazon mp3)


の方が医院で内科医。     (^^ゞ
もとい、、、いいんでないかい。

ということで、今回はジェフ・ポッター&ザ・リズム・エージェンツ(Jeff Potter & The Rhythm Agents)の皆さんのご紹介。

ジェフ・ポッター&ザ・リズム・エージェンツはアメリカのロックンロール~ロカビリー~R&Bバンド。
マサチューセッツ州をベースに活動。

メンバーは以下の4名。
 Jeff Potter - Vocals, Piano, Guitars, Drums, Harmonica
 Rick King - Guitar
 Red Rogers - Bass, Lap Steel
 Rick Brown - Maracas

リーダーのポッターさんは10歳の時ドラムセットをゲット(買う?、買ってもらう?)し、2本指ピアノも習ったとのこと。
やがて、ジーン・クルーパ、コージー・コール・スタイルでドラム演奏が出来るように。
12年間(レコーディング・メンバー等の)下積み生活も経験している。

アルバムは2枚はリリースしている模様。
 Great Big Beat (2007)
 Rhythm Riot (2008)

さて、この「Great Big Beat」は彼らの初アルバム。
間違っていたらご免なさいである。
半世紀以上前の50年代の音楽をやってる訳だが、違和感は全くと言っていいほどない。
当時のレコードと言っても信じてもらえるだろう。
”Golden Roll”はビル・ドゲットの”ホンキー・トンク”を意識しているのか本人に聞きたいところではある。


Rhythm Riot (Amazon mp3)」も好内容なので併せて聴かれたし。
納得すること間違いなし!!
というか、そろそろ新譜が聴きたいものですなあ。


関連記事
淡々と淡々と、ビル・ドゲットの”ホンキー・トンク”
ビル・ドゲットは手拍子音楽!!であ~る。
歩きスマホは危険やで~。 ビル・ドケット編

スポンサーサイト

PageTop

踊る!キッズ・トランペッター、、、ガブリエル・アンジェロ君。

Gabriel Angelo   ガブリエル・アンジェロ

The City Exposed


street live #1


street live #2



サンフランシスコのストリートでタップダンスしながらトランペットを吹く少年、ガブリエル・アンジェロ(Gabriel Angelo)君。

投稿時(2012年3月)12歳というから、現在は14歳の中学生?
背もだいぶ伸びました。

最近は歌にも嵌まっているようで、、、目指すは歌って踊れるトランペッターというところか。

大いに結構、どんどんチャレンジしてくれ給え。


ガブリエル君の facebook

関連記事
驚きのちびっ子トランペッター、ジェフ君。  ~ジェフリー・ギャランテ~
天才ちびっ子トランペッター・ジェフ君からのクリスマス・プレゼント。

PageTop

ALGO DE BOM / SOMETHING GOOD




Rui Vieira 監督作品。

事故った?女を捜し出す男のお話。

表向きはそうだけど、、、なにやら裏事情もありそう。

ポルトガル語がシックリとくるグッドな映画である。
ロケーションも最高!!

PageTop

Fortune Faded




Alexander Heringer 監督作品。

静止画(時間が止まった世界)を縦横無尽にカメラが動く。
一発で事情が飲み込める面白い試みでR。

果たして、男は危ない火遊び(浮気)を続けるのだろうか?
それとも、、、、、

その代償が男には見えているという落ち付き!!
これでは落ち落ち浮気してられんぞ。        (笑)

PageTop

Born That Way




Tony McNeal 監督作品。

どうしてこうなった!!
途中まではまともな父親だったのに、結果として犯罪者に。
金に目が眩んだのだろうか?

「子は親の背中を見て育つ」と言うけれど、
親が犯罪に手を染めると子も犯罪に走りやすいということか。

これが現実ということだろう。
残念ではあるが。

PageTop

天は二物を与えた!?、、、エミー・ロッサム嬢。

Emmy Rossum   エミー・ロッサム

These Foolish Things (Remind Me of You)   (Eric Maschwitz / Jack Strachey)


Nobody Knows You When You're Down and Out  (Jimmy Cox)


Summer Wind  (Hans Bradtke / Henry Mayer / Johnny Mercer)


All I Do is Dream of You  (Nacio Herb Brown / Arthur Freed)



Emmy Rossum - Sentimental Journey
Sentimental Journey (Amazon)


「ズルイぞ~~~、神様!!」と、ぼやきたくなるのがエミー・ロッサム嬢。   (^^ゞ
女優だけに雰囲気もバッチシ!!な訳であるが、片手間でやってるレベルではない。
専業歌手の皆さんもおののきますなあ。

ということで、今回は二物を得た!エミー・ロッサム(Emmy Rossum)さんのご紹介。

エミーさんはアメリカの女優兼歌手。
本名は、エマニュエル・グレイ・ロッサム(Emmanuelle Grey Rossum)
1986年9月にニューヨークで生まれている。
ただ今、27歳。

幼い頃からオペラを学び、7歳からメトロポリタン歌劇場の舞台に立つように。

14歳の時(2000年)、映画「歌追い人」でデビュー。
同年のテレビ映画「オードリー・ヘプバーン物語」で、少女時代のオードリー・ヘプバーンを演じる。
2003年にはクリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」に出演。
2004年には映画「オペラ座の怪人」でヒロインのクリスティーヌ役に抜擢された。

2007年に歌手デビューを果たし、
Inside Out
Carol of the Bells (EP)
をリリース。
2013年には久々となるセカンド・アルバム「Sentimental Journey」をリリースした。

古めのスタンダードナンバーのカヴァー集となっており、改めてアメリカン・ルーツ・ミュージックの魅力に嵌まりそう。
伴奏がビッッグバンドではなくてスモールコンボであるのが功を奏している。
ジミー・コックスの”Nobody Knows You When You're Down and Out”がベストトラックだろう。
もっとエミーさんのブルースが聴きたい!衝動に駆られてしまった。


そんなエミーさんもセリアック病(自己免疫疾患)で苦しんでいるご様子、、、
やはり「天は二物を与えず!!」だった、、、、、のかもね。
完治を祈りつつ、「セリアック病の患者の希望の星」となって活躍する彼女にエールを送りたい。


エミーさんの facebook
エミーさんのウェブサイト

関連記事
秋の夜長のジャズボーカル  ~Gwyneth Paltrow~

PageTop

アメリカズ・ゴット・タレントにフランク・シナトラ現る。

Frank The Singer: 74-Year-Old Channels Frank Sinatra - America's Got Talent 2014


Frank Sinatra - I've Got the World On a String

Night and Day (Amazon mp3) に収録。


もちろんご本人ではなくて、苗字違いのフランク・ドミートリー(Frank Dmitri)さん。
74歳になる温厚そうなお爺ちゃんである。

が、このお爺ちゃんが凄かった。

フランク・シナトラの”I've Got the World On a String”を歌ってるけど、
顔から想像がつかない程シナトラそっくり!!

正に、「フランクお爺ちゃん、フランク・シナトラを歌う」ですなあ。
会場はやんややんやの大喝采となったのでR。


ハッピーな気分にさせてくれる(フランクお爺ちゃんの)歌唱はサイコーやね。

PageTop

今日のギタリスト ~Anders Lewén~

Anders Lewén (Anders Lewen)

The Big Bite



「ボク、美人の前では熱演しちゃいます」、、、、、と言ったとか言わないとか。   (^_^;)

ということで、ノックアウト・グレッグ&ブルー・ウェザーのギタリスト!
Anders Lewén さん、久々のご登場である。

ご無沙汰ですなあ。
お元気でなにより。

相変わらずご機嫌なフレーズがポンポンですな。


関連記事
スウェーデンから愛を込めて  ~ノックアウト・グレッグ&ブルー・ウェザー~

PageTop

今日の一曲♪ ホレス・シルヴァーの”ニカの夢”

Horace Silver   ホレス・シルヴァー

Wes Montgomery

40 Wes Montgomery's Masterpieces (Original Recordings Digitally Remastered) (Amazon mp3) に収録。

Genuine Jazz Trio

(2010年当時、九州の高校生ジャズ・トリオ)

Kurt Rosenwinkel Standards trio


Horace Silver Quintet



Horace Silver - Horace Scope
Horace Scope (Amazon)
Horace - Scope (Amazon mp3)


Nica's Dream (ニカの夢) を知ったのは何時だろうか?
今となってははっきりと思い出せないがジャズを聴き始めて3~4年経った頃か。

当時はホレスさんの作品とは露知らず、てっきりリチャード・ロジャース等のメロディーメイカー?(楽曲提供専門のプロ作曲家)の作品と思っていた。

ホレスさんの作品と知ったのはそれからだいぶ経ってからのこと。

ゲイリー・フォスターの「Make Your Own Fun」 (Concord Records) を聴いた時である。
(ゲイリー・フォスターの隠れ名盤!!)
憂いのあるメロディアスなこの曲に夢中になったもんである。

程なくして、”Peace”や”Lonely Woman”にも出会うことに。

”Nica's Dream”はホレス・シルヴァーを代表する曲、、、、、
もといジャズ・スタンダードを代表する曲である。
若い世代にも延々と受け継がれていくであろう魅力のある曲。


改めて(遺してくれた)ホレスさんに感謝である。


関連記事
スタンダードへの道 ~peace編~

PageTop

追悼、、、ホレス・シルヴァー。

Horace Silver   ホレス・シルヴァー

Art Blakey Quintet - Split Kick


Silver's Blue


Filthy McNasty


Peace


Lonely Woman


Doodlin'


Sister Sadie


Art Blakey & the Jazz Messengers - Nica's Dream



ジャズ・ピアニストのホレス・シルヴァーさんが亡くなった。

18日の朝、ニューヨーク州ニューロシェル市の自宅で亡くなったそうだ。
享年85歳。
死因は明らかにされていないが、自然死の模様。

シルヴァーさんは1950~60年代にモダンジャズ(ハード・バップ)を牽引してきた重要人物の一人である。
ファンキーなプレイスタイルではあるが、なかなかどうして良い曲も沢山書いてます。
Lonely Woman
Doodlin'
The Preacher
Nica's Dream
Opus de Funk
Safari
Sister Sadie
Blowin' the Blues Away
Song for My Father
Quicksilver
The Dragon Lady
Nutville
Horacescope
Ecaroh
Peace
Split Kick
等、珠玉の作品がドッサリ!!

作曲者としても、もっと評価されるべき人と思う。

ここに謹んで哀悼の意を表します。
合掌、、、

PageTop

ザック・ジャパン、待ったなし!!

Janet Seidel   ジャネット・サイデル

When Lights Are Low



ジャネット・サイデル - マナクーラの月
マナクーラの月 (Amazon)


ギリシャと引き分けたことで、もう後がなくなってしまった日本。

文字通り崖っぷちである。

後は前進するのみ。

今は希望の灯りは限りなく小さい(暗い)けれど、まだ終わったわけじゃない。

サムライ達の意地をかけたコロンビア戦に期待したい。

音楽はジャネット・サイデル・トリオで、”When Lights Are Low”

PageTop

次世代・車椅子「WHILL Type-A」がクールである。



Behind the scene - WHILL Type-A



日本人のエンジニアやデザイナーが開発した車椅子が話題となっているそうだ。

その車椅子とは「Whill Type-A」

デザインも斬新だけど、悪路(雪道)も走れる利便性もあるとのこと。

価格は95万円。 (送料別)

これだけかっこいいとお出掛けも楽しくなりそうですなあ。


WHILLのウェブサイト

関連記事
これは便利!、車椅子のまま乗れる電気自動車。

PageTop

ジャックと豆の木とブロードベント。

Jack Broadbent   ジャック・ブロードベント

Street performance #1


Street performance #2


Street performance #3


Street performance #4


What if I only had one ?

Public Announcement に収録。


Jack Broadbent - Public Announcement
Public Announcement (Amazon mp3)


日本同様初戦を落としもう後がなくなってしまったイギリス(イングランド)
ここは開き直って戦うしかあるまい。
選手諸君のプライドを賭けた熱き戦いに期待したい。

ということで、今回はイギリスのストリートを熱くしている!?ジャック・ブロードベント(Jack Broadbent)さんのご紹介。

ジャックさんはイギリスのシンガー・ソングライター。
出身はイギリス中東部の Lincoln
.ジャンルは、Rock, Blues, Acoustic..............jazz! だそうで、引き出しは多そう。
影響を受けたもの(者)として、Steely dan, Little feat, captain beefheart等を挙げている。

アルバムは通算で2枚はリリースしている模様。
 The Busking CD (2013)
 Public Announcement (2013)

歌も歌うけど、正直歌はいらないと思う。
スライド・ギターの魅力がそれを十分補っているから。


果たしてイギリスは予選を突破できるだろうか?
日本共々朗報を期待したい。


ジャックさんの facebook
ジャックさんのウェブサイト

PageTop

クマさんとの遭遇。

Incredible Up-Close Encounter With Alaskan Brown Bear


Reactions to CLOSE BROWN BEAR encounter


Pawzing Workout Resuming Workout.


Grizzly Bear Charge in Jasper



ある日♪ 森の中♪ くまさんに♪ 出会った♪

と、のんびり歌を歌ってる場合じゃない戦慄の瞬間、あなたは耐えられるであろうか?

対処法(危険回避)としては、

あまり刺激せず適度の距離を保つことがベストかもね。

でも、実際は一番やっちゃいけない悲鳴を上げて背中を向け逃げ出しそうでR。   (^_^;)

PageTop

今日の一曲+α♪ ルーシー・アン・ポークの”Memphis In June”

Lucy Ann Polk   ルーシー・アン・ポーク

Memphis In June


Time After Time



Lucy Ann Polk - lucky lucy ann
Lucky Lucy Ann (Amazon mp3)


”スターダスト”の作曲者としてつとに有名なホーギー・カーマイケル(Hoagy Carmichael)。
他にも、
Georgia on My Mind
Heart and Soul
Rockin' Chair
The Nearness of You
Skylark
といったお馴染みのスタンダード曲も彼の作品だ。

知名度では今一歩の
Memphis In June
Lazy Bones
Snowballs
I Get Along Without You Very Well (Except Sometimes)
もそう。

ということで、今回はホーギー・カーマイケルの”Memphis In June”を採り上げてみたい。

”Memphis In June”は1945年の作品。
詩は Paul Francis Webster が付けてる。
”スターダスト”の大スタンダードに対して、愛すべき小作品といった風情。

その為、しっとりと歌うシンガーが良かろう。
その点、愛らしい歌声のルーシー・アン・ポーク(Lucy Ann Polk)は最適だ。


梅雨空でアンニュイな気分なとき聴くのも乙なもの。
ため息のように歌うルーシーさんにメンフィス (テネシー州)の田舎を思い浮かべてしまう。
行ったことないけど。     (^_^;)


関連記事
Time after time

PageTop

PAPER MEMORIES




Theo Putzu 監督作品。

記憶に生きる!年老いた男。
写真の中の妻(恋人)を追いかけてとうとう海辺へ。
終には自ら写真の中に入りこんでしまう。
その意味するものとは、、、

音楽(サウンドトラック)は Miguel Marin さん。

PageTop

Sung Lapse




Ezaram Vambe さんの作品。

ロケ地はイタリア・トスカーナ地方で、数日かけて撮影したとのこと。

音楽はキョンシー、、、もといヨンシー(Jònsi)で、”Grow Till Tall”
Go (Amazon mp3) に収録。

映像にピッタンコ!!な音楽で感心してしまったが、尺が短いのがかなり残念である。

田舎の原風景は変わらないことの大切さを教えている。

PageTop

ジャズピアノの歴史 実演版

History of Jazz Piano



ヘタな解説書よりよ~~~く解かるジャズピアノの歴史。

実演しているのは毎度お馴染みのアメリカの音楽集団 cdza のみなさん。
ピアノはクリス・バワーズ(Kris Bowers)さん。
セロニアス・モンク・コンペティションの優勝者とのこと。
道理で上手いわけだ。

尺は短いながらもラグタイムから現代までほぼ網羅していると思う、、、、、たぶん。
各スタイルごとに表示される解説も簡潔で的確!!でR。

どんなスタイルもいとも簡単に弾きこなしてしまうクリスさんの才能には脱帽だけど、できればもっと長尺で聴きたかったのう。


関連記事
人間ジュークボックス、、、cdza

PageTop

アメージング!!、、、カザフスタン。


大画面!!で是非どうぞ。


Denis Frantsouzov さんの作品。

アジアのど真ん中に位置するカザフスタン共和国の大自然映像。

ロケ地はカスピ海に面したマンギシラク半島で、2週間かけて撮影したそう。

音楽は、アメリカン・ダラーの”Signaling Through The Flames”
The Technicolour Sleep (Amazon mp3) に収録。

正にアメージングな世界が拡がってますなあ。
手つかずの大自然にただただ圧倒される。
これは人類の宝やね。

PageTop

ジェットスキー・ドクター、泰川恵吾さん。

Kumiko's First Ultrasound - GE



沖縄県宮古島にはジェットスキー・ドクターがいるという。

その人の名はドクターゴン診療所の泰川恵吾さん。

東京で救命ICU医として経験を積んで、2000年に診療所を開設。
以来、訪問診療を中心に活動を続けているとのこと。

小島に行くには船やヘリコプターという手段もあるけど、コストを考えるとジェットスキーが最適のようである。
身軽さはピカイチ!!
最新の医療機器(ポータブル・エコー装置)もこれ(訪問診療)をヘルプ。


テレビでよく採り上げられる先進医療の名医を持ち上げるのもいいけど、泰川さんのような僻地医療に死力する地方ドクターももっと評価すべきと思う。
都会のドクターは恵まれ過ぎ!!、、、、、かもね。

PageTop

Marco Fumo さんの不毛ではないブルース。

Marco Fumo   マルコ・フーモ(?)

Late Evening Blues (Claude Hopkins)



ストライド・ピアニスト及びバンドリーダーとして活躍したクロード・ホプキンス(Claude Hopkins)
その活動は戦前の1924年から彼が亡くなる1984年まで続いた。

そんなホプキンスさんの埋もれた名曲が”Late Evening Blues”
1963年に、Swing Time (Amazon mp3) に録音。

このアルバムにはとんでもないお宝曲も。
”Crying My Heart Out for You” (J.C. Johnson との共作)
”Offbeat Blues” (オリジナル)

”Late Evening Blues”は謂わば手付かずのまま眠っていた曲。
それを起こして生き返らせたのが Marco Fumo さん。
良い仕事してます!!
この言葉は嫌いだが、正にエクセレントなパフォーマンスですなあ。


オリジナルを超えた!!、、、、、かもね。
Fumo だけど不毛な演奏はしていないのでR。     (^_^;)

PageTop

タイ紀行




Andrew Melikov さんの作品。

iPhone 4sで撮った微笑みの国!タイ。
ロケ地は人気のプーケットとサムイ島。
音楽は、柏大輔さんの”rabbit's_quartet”
april.#02 (Amazon mp3) に収録。

それにしても良く撮れるもんだね。
スマホだからといってバカにできないレベルである。
後はセンス(編集能力)、これが一番肝心だね。


ゴタゴタ(クーデター)が続いているタイだけど、一刻も早く平穏な日常に戻れることを祈りたい。


関連記事
お疲れのようで

PageTop

次に来る!?、、、Margot Bingham

Margot Bingham   マーゴ・ビンハム(?)

River of Jordan


Ain't Nobody's Business if I Do


Farewell Daddy Blues


St. Louis Blues


Somebody Loves Me

この曲と”I'm Going South”のみサウンドトラック盤に収録。


Various Artists - Boardwalk Empire Vol. 2 Music From The HBO Series
Boardwalk Empire Vol. 2: Music From The HBO Series (Amazon mp3)


テレビドラマ「Boardwalk Empire(ボードウォーク・エンパイア 欲望の街)」に出演している Margot Bingham がいい味出してる。

潜在能力もかなり有りそうなので、シンガーとして大成する日も近い、、、、、かもね。

PageTop

嘘つき中国共産党。

Exposed: Chinese ship chases, rams and sinks Vietnamese fishing boat



中国政府、、、「ベトナム漁船から衝突してきたあるよ」


真実、、、大型の中国船が小型のベトナム漁船を追いかけ衝突、沈没させている。

ウソがまたバレましたね、中国政府(共産党)の皆々様。

力ずくで領土問題を解決しようとしても、世界は黙っちゃいない!!

みんなで(この動画を)拡散しようぜ。

PageTop

弟に負けずに頑張ってます!、、、リリアン・ブッテ

Lillian Boutte   リリアン・ブッテ

He Touched Me


All of me


Am I Blue


I sing because I'm happy

(アルバム未収録)


Lillian Boutte - Music is My Life
Music Is My Life (Amazon mp3)


トーマス・レティエンヌ(Thomas L'etienne)さんのクラリネットの伴奏が好サポートしている”He Touched Me”、主役のリリアンさんを盛り上げてます!!

ということで、今回はリリアン・ブッテ(Lillian Boutte)さんのご紹介。

リリアン・ブッテさんはアメリカのジャズ~ゴスペル・シンガー。
1949年にニューオーリンズで生まれている。
11歳の時、ボーカル・コンテストで優勝。
1980年にはゴスペル・アルバム、1982年にはジャズ・アルバムを録音。
因みに、スティーヴィー・ワンダーも絶賛したというジョン・ブッテは彼女の弟である。

この「Music Is My Life」は2000年に Timeless からリリースしたアルバム。
聴き所はやはりトーマスさんの献身的なプレイが光る”He Touched Me”か。
ゴスペルゴスペルしていないゴスペルの佳作である。
気負うことなく淡々と歌うタイトル曲の”Music Is My life”、スタンダードの”For All We Know”も評価できる。
明る過ぎる「I Cried For You」はご愛嬌か。


ネットで調べたらクラリネットのトーマスさんはリリアンさんの元旦那だそうで、、、
道理で息もピッタリ合ってるわけだ。

PageTop

6月の夜に”June Night”を聴く。

Svend Amussen

「Fiddling Around」、「Fiddler Supreme」、「June Night」等に収録。

Wynton Kelly

Miles Davis in Stockholm 1960 Complete (Amazon mp3) に収録。


6月の夜ということで、”June Night”
安直過ぎますなあ。   (笑)

これも1924年の作品でちょっと古めのスタンダード曲。
(Abel Baer & Cliff Friend の共作)

デンマーク・ジャズ界の至宝 Svend Amussen さんと、
ボス(マイルス)抜きセッションでリラックス!!したウィントンさん、
2本続けてどうぞ。

PageTop

梅雨入りの日にビッグ・ビル・ブルーンジーを聴く。

Big Bill Broonzy   ビッグ・ビル・ブルーンジー

I Get the Blues When it Rains



Big Bill Broonzy - An Introduction To Big Bill Broonzy
An Introduction To Big Bill Broonzy (Amazon mp3)


雨ですなあ。
梅雨ですなあ。
今年の梅雨入りは平年より早いようだ。

ということで、雨に因んだ曲(I Get The Blues When It Rains)のご紹介。

”I Get The Blues When It Rains”は1928年発表のちょっと古めのスタンダード。
Marcy Klauber (詩)、Harry Stoddard (曲)

今回はブルーンジーさんバージョンで。
涼しい顔して弾いてるけど、相当テク有りそうでR。

ジメジメと鬱陶しい季節ではあるが、これをブルーンと振って行こうではないか。
なんちゃって。


関連記事
ロックの開祖!?、、、ビッグ・ビル・ブルーンジー。
ロックンロールはビッグ・ビル・ブルーンジーから始まった!!
時代を先取りした男、、、ビッグ・ビル・ブルーンジー
今日の一曲♪ レッド・ガーランドの”レイン”
台風一過  ~レッド・ガーランド~

PageTop

戦前にワープ!?、、、バーバラ・ローゼン。

Barbara Rosene   バーバラ・ローゼン

① Say It Isn't So


② It Had To Be You

アルバム未収録。

③ Am I Blue ?

Deep Night (Amazon mp3) に収録。


Barbara Rosene and her new yorkers - It Was Only a Sun Shower
It Was Only a Sun Shower (Amazon mp3)


facebook で影響を受けたもの(人)として真っ先にミルドレッド・ベイリー(Mildred Bailey)を挙げるなんて見る目がありますなあ。
確かにあの甘美な歌声はクセになる(中毒性が高い)
筋金入りの戦前ジャズファンなのかもね。

ということで、今回はオールドスタイルこそ我が進む道!なバーバラ・ローゼン(Barbara Rosene)さんのご紹介。

バーバラさんは米・ニューヨーク出身のジャズ・シンガー。
採り上げる曲がまあ古いこと!!

動画を例にとっても
① Say It Isn't So (1932)
② It Had To Be You (1924)
③ Am I Blue ? (1929)
20~30年代の曲がズラリと並ぶ 。

影響を受けたもの(人)として
 Mildred Bailey
 Annette Hanshaw
 Peggy Lee
 Ella Fitzgerald
 Dinah Washington
等を挙げている。

アルバムは通算で7枚リリース。
 Deep Night (2001)
 Ev’rything’s Made For Love (2004)
 All My Life (2005)
 Moon Song (2005)
 It Was Only A Sun Shower (2007)
 On The Brink (2010)
 Nice and Naughty (2013)

他に、
ビックス・バイダーベックのトリビュート作品(Celebrating Bix)にも参加。


今でもハリー・ジェイムス・オーケストラ(Harry James Orchestra)と共演していて、正に戦前へワープ状態。
雰囲気で聴かすタイプなので夢心地になりそうでR。
貴重な存在だけに息の長~~~い活動を期待したい。


バーバラさんの facebook
バーバラさんのウェブサイト

関連記事
今日の一曲♪ ”It Had To Be You”
1950年!?に、ワープ。  ~ロドリーゴ・レアン~

PageTop

気合い足りているか~~~?

Kankudai by Mahiro(7 years old)


JKA Mahiro テレ朝スーパーJチャンネルにまひろ登場!2013-12-23 on air



最近気合いが入らないとお嘆きのあなた。

万優(まひろ)ちゃんの演武(観空大)をご覧あれ。

とても7歳とは思えない迫力に背筋もピーーーーーン!!

自分も頑張らねばと、、、、、   (^_^;)

普段との落差にはビックリだけど、切り換え上手と言えそうだね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。