音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

パシャ、パシャ、パーシャクラブ。

Parsha club   パーシャクラブ

満天の星


海の彼方



パーシャクラブ - 海の彼方
海の彼方 [DVD] (Amazon)


といっても、キャピキャピな女子高生が放課後にする楽しげな部活動のことでは勿論ない。

ちょっと年季の入った沖縄県出身のおじさんバンドのことである。

1993年結成、今年で21年目。

これが若いバンドには絶対出せない味が出まくりなんですなあ。

特にリードボーカルの新良幸人兄ぃ、良い喉してます。

満天の星の下、灯りを消して聴きたい音楽である。

PageTop

楽器が弾けなくても、、、

LAMBERT & HENDRICKS & BAVAN   ランバート・ヘンドリックス&バヴァン

Cousin Mary

Ralph J. Gleason's Jazz Casual, Vol. 4 (Amazon mp3) に収録。

John Coltrane - Cousin Mary

Giant Steps (Amazon) に収録。


口で弾けばいいんじゃね。

と、発想の転換をしたのがランバート、ヘンドリックス&ロス。

後に、アニー・ロスの脱退に伴いバヴァンが加入しランバート・ヘンドリックス&バヴァンとなる。

当時としては非常に画期的(先進的)な唱法であった。

曲はジョン・コルトレーンで、”Cousin Mary”


関連記事
今日の一曲♪ "I Want You To Be My Baby"

PageTop

南米ペルーからやって来た大和撫子、、、長嶺ルーシー。

長嶺ルーシー (Lucy)

ウムカジ


とぅばらーま



にぬふぁぶし - Lucy
にぬふぁぶし (Amazon)


最近南米から届く日系人の歌声に癒されている。
どうしてだろう?
そこには現代の日本人が忘れ去ってしまった心(大切にしたいもの)があるからだろうか。
あまりにも早い(社会の)変化。
どうやら(現代の日本人は)大切にしたいものを置き去りにしているようだ。

ということで、今回はそれを思い出させてくれる長嶺ルーシーさんのご紹介。

長嶺ルーシー(Lucy)さんは南米ペルー生まれペルー育ちの日系(沖縄)三世。
幼い頃から祖母の影響で沖縄民謡に親しむ。
来沖後は琉球古典音楽、琉球民謡、八重山古典音楽を正式に学び、「とぅばらーま大会」でも優勝するなどその実力は折り紙つきである。

さて、この「にぬふぁぶし」は2010年にリリースした初アルバム。
どこか懐かしさを感じてしまう歌声である。
ルーシーさんに流れてる体内時計は半分の速さなんだろうか。
まるで大切にしたいもの(心)をしっかりと掴んでいるようだ。
スペイン語で歌われる”島唄”、”てぃんさぐぬ花”も聴きもの。


日系人によって初めて気が付かされる日本の良さ。
彼等には今の日本はどのように映っているんだろうか?


関連記事
メリッサ・クニヨシには気をつけなはれやっ!!
ブラジルの演歌娘!、、、カレン・タイラちゃん。
人生が変わる24時間、、、Operation Smile

PageTop

盛岡・東山堂のCMが泣ける。

TOSANDO music CM 披露宴編



結婚披露宴、

花嫁の父、、

ピアノ、、、

最後には、「音楽は、言葉を超える」のテロップが。

多くは語らない!、、、、、語りたくない!!秀逸なCM。

PageTop

今日の一曲♪ オールディックフォギーの”月になんて”

OLEDICKFOGGY   オールディックフォギー

月になんて



OLEDICKFOGGY - 月になんて
月になんて/街の灯が揺れる (Amazon)


月になんて行かなくていい 同じ過ちを繰り返すなら
星になって照らしてくれる仲間よ 僕は間違ってないはずさー



ATM 振込み10件になんて行かなくていい

デパ地下試食回りになんて行かなくていい

初日の出暴走になんて行かなくていい

イジメになんて行かなくていい

戦争になんて行かなくていい



同じ過ちを繰り返すなら
星になって照らしてくれる仲間よ 僕は間違ってないはずさー

PageTop