音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

なんもレコード大賞 2013

Berta Rojas - Ca'azapa


Doug Macleod - The Sun Shine Down My Way


Louisiana Red & Little Victor's Juke Joint - Crime In Motion


Cecil Payne - Yes, He's Gone



年末恒例の「なんもレコード大賞 2013」

直前に悲しいことがあったけど、それでも音楽は止まることなく次の世代へと受け継がれて行く。
粛々と粛々と進めて行こうと思う。


なんもレコード大賞 2013 はベルタ・ロハスさんの「Intimate Barrios」
Berta Rojas - Intimate Barrios
Intimate Barrios (Amazon)
Intimate Barrios (Amazon mp3)

現代の「アグスティン・バリオス音楽」の伝道師!!
エレガント・ギターの極み、最上級の音楽がここにはある。


なんもレコード準大賞 2013 は3作品が該当。

ダグ・マクラウドの「DUBB」
Doug MacLeod - DUBB
DUBB (Amazon mp3)

リゾネイター(ドブロ)マスター、心にグサグサ来る音色に酔い痴れろ。

ルイジアナ・レッドの「Back to the Black Bayou」
Louisiana Red - Back to the Black Bayou
Back to the Black Bayou (Amazon)
Back To The Black Bayou (Amazon mp3)

ルイジアナ・レッドはいつも赤く燃えているぜ!!

セシル・ペインの「1956-1962 SESSIONS」
Cecil Payne - 1956-1962 sessions
1956-1962 SESSIONS (Amazon)
Cecil Payne & Duke Jordan 1956-1962 Sessions (Amazon mp3)

(人気で)三流扱いされるけど、本当は凄かった!!


他には、
現代を生きる呪術師!!
ロバート・ベルフォー(生きる伝説!、、、ロバート・ベルフォー。)
超遅咲きのエグイ!!ギタリスト。
ユ-・ピー・ウィルソン(気分もアップする!、、、ユ-・ピー・ウィルソン。)
ストーリーが見えてくるピアノソロ。
ダスティン・オハロラン(ダスティン・オハロランのピアノソロ。)
も良かった。
一聴の価値あり。
時間を無駄にさせません。


以上、「なんもレコード大賞 2013」でした。



年末年始のご挨拶)
本年も拙ブログをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
感謝!感謝!!感謝!!!   m(__)m ペコリ
来る年2014年も皆さんにとって素晴らしい年でありますように。



関連記事
ベルタ・ロハスさんのエレガント・ギター。
本物が聴きたい! ダグ・マクラウド編
ルイジアナは燃えているか?  ~ルイジアナ・レッド~
セシル・ペインの隠れ名演”Yes, He's Gone”

PageTop

追悼!大滝詠一。

大滝詠一

君は天然色


カナリア諸島にて


恋するカレン



突然舞い込んだ訃報で、悲しい大晦日となってしまった。   (涙)

A LONG VACATION」(Amazon) がリリースされた当時はそれこそラジオからシャワーのように流れていたものだ。

本当に残念で残念で残念でしかたない。

65歳は早過ぎるよう、、、

ここに謹んで哀悼の意を表します。   m(__)m

ありがとう、詠一さん。

PageTop

甘いのは女性ボーカルに限る!! ボニー・ベイカー編

Bonnie Baker   ボニー・ベイカー

Especially For You

The Best Of Bonnie Baker (Amazon mp3)
及び、
Oh Johnny (Amazon mp3) に収録。

Down Strawberry Lane

(アルバム未収録)


食品の安全基準が大甘なのは困りものだけど、
こちら(女性ボーカル)はどんなに甘くてもエエぞう。   (笑)

ということで、テキサスのキューティー娘ことボニー・ベイカー嬢の歌声をば。

ボニー・ベイカーは”Oh Johnny, Oh Johnny, Oh!”のヒット曲で知られるアメリカのシンガー。
Orrin Tucker (Orchestra)とコンビを組んで人気を博した。


骨抜きになっても知らんで~~~!!

PageTop

ジャージー・ギター・デュオ、、、ブラスカーズ。

Bruskers   ブラスカーズ

Blue Moon


Jordu (Duke Jordan)


The Midnight Sun Will Never Set (Quincy Jones)



Bruskers - Addition
Addition (Amazon)
Addition (Amazon mp3)


ありそうでなかったジャズのギター・デュオ・ユニット。
それだけにより新鮮に聴こえる。

演奏するはブラスカーズ(Bruskers)

ジャズやボサノヴァをメインに演奏するイタリア出身のギター・デュオ・ユニットである。
メンバーは、Eugenio Polacchini と Matteo Minozzi の二人。
2003年から活動を始めている。

(ブラスカーズ名義の)アルバムは3枚リリースしている模様。
 Blue Bruskers (2006)
 Guitar Sketch (2009)
 Addition (2011)


ちょっと地味なので女性ボーカルを加えるといいかも。
やっぱり華は必要だねえ。


ブラスカーズの facebook
ブラスカーズのウェブサイト

PageTop

農薬ショック!、、、冷凍食品には気をつけなはれや。

James Brown - Get Up I Feel Like Being A Sex Machine



冷凍食品の残留農薬が大問題になっている。

実は2ヶ月ほど前、A〇素の「具だくさん五目炒飯」を食べてゲロッパしたことがあった。
袋の裏をよく見ると中国産がゾロゾロ、、、国内産に切り替わってはいなかったのである。
クレーマーと思われるのもイヤなので苦情も入れず、心の奥にしまい込んでしまった。
ただ、その時体調が悪かったんだと、、、

ほどなくして残留農薬問題で大騒ぎに。

アクリフーズ(マルハニチロの子会社)の「鶏ごぼうごはん」は好きでよく食すが、この会社の安全基準の甘さには開いた口が塞がらない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(毎日新聞 12月31日(火)3時45分配信より)

会見に同席した同社の佐藤信行品質保証部長によれば、本来は「食べても健康に大きな影響を及ぼさない限度量(ARfD)」を指標として採用すべきだったが、
「投与した動物の半数が死亡する量(LD50)」を元に毒性を評価していた
という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

命を軽視しているこの姿勢には怒りを禁じ得ない。
儲かればそれで良いのか~~~、マルハニチロ。


今回はマルハニチロが問題になったが、他のメーカーも即刻安全基準を確かめる必要があるだろう。
甘~~~い安全基準が出て来ないことを祈りたい。

PageTop