音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

残暑厳しい中、アーチー・ブラウンリーを聴く。

The Five Blind Boys of Mississippi
ザ・ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ

Sending up my timber


Where There's A Will

The Best of the Five Blind Boys of Mississippi (Amazon mp3) に収録。

Take your burdens to Jesus

You Done What the Doctor Couldn't Do (Amazon mp3) に収録。

oh why


Our Father (Which Art in Heaven)



The Five Blind Boys of Mississippi - the best of
20th Century Masters: Millennium Collection (Amazon)


余計暑くなるんでないの!    (笑)

ちゅうわけで、今回はザ・ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ(The Five Blind Boys of Mississippi)の看板スター!アーチー・ブラウンリー(Archie Brownlee)のご紹介。

時は1948年、二つのファイブ・ブラインド・ボーイズが誕生する。
(もともとは違うグループ名だったが、対抗意識が生じてそれぞれ改名)

一つは(看板スターがクラレンス・ファウンテンの)ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ、
もう一つは(看板スターがアーチー・ブラウンリーの)ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ。
以後、ライバルとしてしのぎを削ることに。

やはりライバルがいるとより高みに行ける(上達する)ものである。

このアルバムでは”Save a Seat for Me”(アーチーさんのオリジナル曲)が一番の聴き所となっている。

激烈ボーカルで暑さも吹っ飛んでしまうぜぃ。

”There's No Need to Cry”(4)
”Somewhere Listening for My Name”(5)
”Lord, Lord, You Been Good to Me”(8)
もクール(痺れる)


関連記事
熱帯夜にはアーチー・シェップ!!

スポンサーサイト

PageTop

方言チャートが面白い!!

出身地鑑定!!方言チャート


東京女子大の女子大生が篠崎晃一教授の指導のもと開発した「出身地鑑定!!方言チャート」

これがけっこう面白い!!

ちゅうか、ズバリ当てられてしまった。   (汗)

「ここでいう出身地とは、
3~4歳から13~14歳の言語形成期と呼ばれる時期に生活していた地域を指します。
したがって、その時期に複数の土地で生活経験のある場合は出身地の特定が困難になる場合があります」

と注意書きがあるので、この時期に引越しが多かった人はハズレル、、、、、かも。

久々に聞く方言も出て来て、けっこう楽しめた。

レッツ・チャレンジ!! (下のリンクからどうぞ)


「出身地鑑定!!方言チャート」を試す。

PageTop

「ジミー爺さんに喝を入れてもらう」の巻。

The Blind Boys Of Alabama   ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ

Someone Watches Over Me



第39代アメリカ合衆国大統領と同じ名前を持つ男、
それがブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ(The Blind Boys Of Alabama)のジミー・カーターである。

お世辞にも美声とは言い難いが、がなり立てるようなでっかい歌声はそれだけで存在感十分!!
というか十分過ぎる程あり、正しく記憶に残る歌声(叫び声)だ。

地を這い轟くような唸り声は闇夜に蠢く地獄からの使者を連想させる。
ジミーさんは閻魔様かよ!!   (笑)


今日も客席を練り歩き、その超ド級の唸り声で精神を覚醒させる。
ありがたや~、ありがたや~~。   (笑)

いつまでも、いつまでも、長生きしてほしいジミーさんであった。


関連記事
ジミー・カーター健在なり、、、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ
アラバマの熱~~い風  ~ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ~
ゴスペル・パーティー♪

PageTop

A letter from Fred

A Letter From Fred from Green Shoe Studio on Vimeo.



96歳のフレッド(Fred Stobaugh)爺ちゃんが書き上げた曲”Oh Sweet Lorraine”
(作詞のみ)
作曲は Jacob Colgan さん。

75年連れ添った亡きロレインお婆ちゃんに捧げる愛の歌だ。

こりゃ~、お婆ちゃんも幸せ者だね。

天国でニッコリ微笑んでいるのかなぁ。

PageTop

トロンボーンの練習は地下駐車場に限る!

Parking Garage Trombone



ただし、上手い奏者の場合。

ヘタッピーな奴なら速攻でクレームが来そう。   (笑)

それにしても良い響き(音響)してまんな。

PageTop

藤圭子追悼

藤圭子

新宿の女


女のブルース


命預けます


圭子の夢は夜ひらく


今日でお別れ



藤圭子(本名、阿部純子)さんが亡くなった。
”新宿の女”でデビューした藤さんが奇しくも縁の地、新宿で亡くなった。

怨歌で一世を風靡した歌い手である。

(自殺と報道されているが)藤さんにいったい何があったんだろう?
心を知る由もない、全ては闇の中、、、、、

葬儀も行われないと聞く。
あまりにも寂しい最期。

今宵は往年の名唱を聴きながら故人を偲びたい。

ここに謹んでご冥福をお祈り致します。
安らかにお眠りください。
合掌。

PageTop

火事だ~~~!!

火事1


果敢な努力は認めるが、、、

焼け石に水。
多勢に無勢。

来月9月は防災月間、火事には十分気を付けませう。

PageTop

夢見るワンコ。

ワンコ1


(柳沢慎吾風に)良い夢見ろよ!!

これであなたもワンコが飼いたくな~~~る。

PageTop

象と人間のピアノセッション。

12 Bar Blues - Piano Duet with Peter the Elephant - Thailand



タイにある象と触れ合える施設「エレファントステイ」でのひとコマ。

象のピーター君はピアノが大好き!!

おじさんがピアノを弾き出すと一緒になってピアノセッションが始まる。
長いお鼻で鍵盤を叩き、首でリズムをとったり、時々歓声をあげたりと自らピアノを楽しんでいる様子。
隣の象さんもお尻をフリフリしていて、こちらも同様である。

明らかにピアノの楽しさが象さん達に伝わっているようだ。

ブルース以外はどうだろう?
モーツァルトではリラックスモードの象さんが見られる、、、、、かもね。


関連記事
ノラちゃんピアノを弾くの巻

PageTop

鉄拳の新作!「約束」

約束


鉄拳「約束」パラパラ漫画 オリジナルバージョンはこちら → 保険市場


今やすっかりパラパラ漫画家となった鉄拳。

その新作「約束」が公開された。
保険市場のCMとして製作されたもので、監督は石田悠介氏。

音楽は高木正勝氏が担当。
恥ずかしながら初めて聞く名前だ。
京都府出身の音楽家兼映像作家で、ワールドワイドに活躍していて、
2009年のNewsweek日本版では「世界が尊敬する日本人100人」の1人に選ばれた。

船上レストランで働く父とその家族の物語り。
ピアノによるBGMがストーリーとよくマッチしており相乗効果を生み、幸せなコラボ作品となった。


今回もハンカチは必要、、、、、、、、かも。


高木正勝さんの公式サイト

PageTop

ラスティー・ドラッパーを聴くと、、、

Rusty Draper   ラスティー・ドラッパー

seven come eleven

Foot Tappin' & Dance At Screamin' Festival Vol.3 (Amazon mp3) に収録。


セブン-イレブンを思い出す。   (笑)

セブン-イレブンいい気分 ♪

けっしてセブン-イレブンの回し者ではないっす

歌はナイス!!だけど。

いっその事、セブン-イレブンのCMソングにしちゃえば、、、

なんちゃって。                     (^_^;)

PageTop

Land of Giants

Land of Giants - The Teaser



電気が失われた世界を旅する男が一人。

すると突然現れた謎の巨人。

敵なのか?、それとも、、、

果たして、彼の運命は。

本編が気になる(期待できる)映画ではある。

PageTop

スタンダードへの道 ~peace編~

Evrim Demirel


Ava Lindenmaier


Audrey Husted


Tamura/Okada/Lazarus

Kirk Tamura (Piano),Noriyuki "Ken" Okada (Bass),Jonathan Lazarus (Drums)

Horace Silver

Blowin the Blues Away (Amazon)
Blowin' The Blues Away (Amazon mp3)


スタンダードと呼ばれる曲は多くの人々から支持(カヴァー)を集め、時間をかけて段々と世間に周知(認知)されて行くものである。
アレンジを施されて原曲以上により一層魅力的になる時もあり、その相乗効果で周知に拍車がかかることも。
最も曲に力(ちから)があればその必要もないが。

ここにホレス・シルヴァー(Horace Silver)の”ピース(peace)”がある。
1959年にアルバム「Blowin' the Blues Away」で世に出た美しいバラード曲だ。
曲に力がある為アレンジされることは少なく、そのままストレートに表現(演奏)されることが多い。


これは一級のスタンダードと言って良い出来の曲だろう。
ウィキペディアの代表的な曲に入っていないのが悲しい、、、
時間をかけて段々とスタンダードと成ってく様はワインの熟成に似ているかもね。
それにしてもプロアマ問わずカヴァーする者の多いことよ。
それこそ愛されている(支持されている)ことの証明になってますなあ。


関連記事
トルコデモを憂う。

PageTop

終戦の日にゴスペル(Peace in the Valley)を聴く。

Elvis Presley

Peace in Valley: Complete Gospel Recordings (Amazon 3枚組) に収録。

Little Richard

It's Real (Amazon mp3) に収録。

Sam Cooke and the Soul Stirrers

The Gospel Side of Sam Cooke and the Soul Stirrers (Amazon mp3) に収録。


エルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードはロックシンガーである前に優れたゴスペルシンガーでもあった。
サム・クックも然り。(ソウルシンガーである前にゴスペルシンガー)
三人三様であるが、そこにはゴスペルに対する深い愛情(リスペクト)が感じられる。


今日8月15日は終戦記念日(戦没者を追悼し平和を祈念する日)
その意味(意義)を噛み締めながら聴きたい。


突然、ラジオから聞こえてきた訃報の知らせ。
エルヴィスが亡くなったあの日(1977年8月16日)も暑かった。
命日を前にして思い出すのである。

合掌。

PageTop

レッツ・水遊び!!

Crown Fountain - Millennium park - Chicago : " Childhood "


シカゴの良い子はみんなここに集まれ~~~!!

super happy kid playing in water fountain, Tung Chung 1


噴水を独り占め!!
とっても羨ましいっす。

3 Skateboarding Dogs Playing At Water Fountain


スケボードッグも噴水で遊ぶ、遊ぶ、遊ぶ。
しっかし、音楽(Canibal Dandies)も気になる!気になる!!   (笑)


老いも若きも人も動物も、みんなでレッツ・水遊び!!

PageTop

いちごで水分補給。

She loves strawberries

いちごが大好きなんでちゅ。

サングラスといい、シャツといい、筋金入りのいちご娘でんな。   (笑)

後でジワジワと来るいちごちゃんであった。

PageTop

高知で41度!! 観測史上最高値。

When Dogs Snowboard



高知県四万十市では12日午後1時42分に41.0度を観測して、全国の史上最高を更新したそうだ。
41度といえばお風呂の温度である。
これではのぼせますなあ。
危ない!危ない!!


高知のみなさ~~~ん、

死ぬな!!!

冗談抜きで。

直ちに命を守る行動をとりましょう。

PageTop

もしも焼き芋屋さんがゴスペルシンガーだったら、、、

ゴスペルヤキイモ



昔、大人気だったドリフの「もしもシリーズ」
色んな職業のちょっとありえない(少しはある!?)シチュエーションをコント仕立てにして楽しませてくれた。
長(いかりや長介)さんが客として被害者になるというお決まりのパターンで笑わしてくれた。
(youtube等で)今見ても面白い。


その現実!焼き芋屋さんバージョンがこれ。
「もしも焼き芋屋さんがゴスペルシンガーだったら、、、」

ついつい買っちまいたくなる乗りの良さ。
自分で作ったテープなんだろうか?
気になるところではある。


関連記事
癒し系自販機

PageTop

信じる者は救われる!? ウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ編

Willie Neal Johnson & the Gospel Keynotes
ウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ

This Heart Of Mine


Farther Along


No Turning Back



Willie Neal Johnson the Gospel Keynotes - the country boy goes home,,,Ⅱ
Country Boy Goes Home II (Amazon)
The Country Boy Goes Home...II (Amazon mp3)


信じる者は救われる。

ならば信じようではないか、東北楽天の優勝を。

まだ一山二山あると思う(特にソフトバンク)けど、最後まで優勝を信じよう。

10月には神様も祝福してくれる、、、、、、、、はずだ。   (汗)


関連記事
信仰の力は偉大なり!、、、ウィリー・ニール・ジョンソン&ザ・ゴスペル・キィノーツ

PageTop

ギターとキッズと聴衆と。 Estas Tonne編

Estas Tonne   エスタス・トネ(?)

Out of time in paris


Cuban Dance in an one-track-set


A performance at the Stadtspektakel


in Jerusalem



自由過ぎる子供たち。   (笑)

これにはエスタスさんも苦笑い。

子供たちとのやりとりを楽しむエスタスさんであった。

次はあなたの町かも。


関連記事
アルゼンチンのほのぼの大道芸
現代の吟遊詩人、、、Estas Tonne

PageTop

今日の一曲♪ デヴィッド・トーマス・ロバーツの”ロベルト・クレメンテ”

David Thomas Roberts   デヴィッド・トーマス・ロバーツ

Bryan Wright plays

Breakin' Notes: Ragtime and Novelty Piano Solos (Amazon mp3) に収録。

本人による演奏

「American Landscapes」に収録。


今では稀なラグタイム作曲家のデヴィッド・トーマス・ロバーツ(David Thomas Roberts)

その彼が作曲した渾身の一曲が”ロベルト・クレメンテ(Roberto Clememte)”

将来のスタンダードと成りうる愛おしい佳作である。

かつて球場を沸かせたメジャーリーガーの名選手に思いを馳せながら聴くのも悪くはない。


デヴィッドさんのウェブサイト

PageTop

ウルトラスーパードッグ、現る。

Just Jumpy the dog



バック宙返り、高飛び込み、逆立ち歩き、スケボー、水上スキー、キックスケーター、

最後はウインクときたもんだ。

なんとも芸達者なワンちゃんである。

これは躾けた飼い主さんを褒めるべきかも。


関連記事
メイド犬ジェシーの一日

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。