音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

本物が聴きたい! ダグ・マクラウド編

Doug Macleod   ダグ・マクラウド

The Sun Shine Down My Way   音量MAXで聴くべし!!

DUBB (Amazon mp3) に収録。


商業ベースに乗ったミュージックばかり聴いていると心が段々と貧しくなる。
殊更メディアに露出の多いAKB48はその代表例と言えるだろう。
ここでハッキリと断わっておくが、AKB48を批判しているわけではない。
AKB48にも良い面があるのも事実、、、でも、自分は興味が湧かないのも事実でR。

そんなAKB48とは対照的なのが、今回紹介するダグ・マクラウド(Doug Macleod)さん。

まあ、聴いてみてださい。
できるだけ大音量で。
歌声もギターもグサグサッと心に突き刺さります。

ダグさんはアメリカのブルースマン(カントリーブルース)で、リゾネイターの才能も傑出していて正にギターマスターと呼べる一人。


それだけに日本での扱い(過小評価)は悲しい。   (涙)


関連記事
真っ黒けな肺  ~キャシー・マティア~

PageTop

ブギーマン、オランダを行く。

Ron Hacker   ロン・ハッカー

live at Wendela


live at Wendela 2



Ron Hacker live at Wendela 1

Ron Hacker live at Wendela 2

Ron Hacker live at Wendela 3

Ron Hacker live at Wendela 4

Ron Hacker live at Wendela 5

Ron Hacker live at Wendela 6

Ron Hacker live at Wendela 7

Ron Hacker (vocals & guitar)
Bauke Westerlaken (drums)
Monique de Jong (bass)
live at Wendela, Tiel, The Netherlands


オランダといえば何かと日本とは縁のある国で、古くは江戸幕府の鎖国時代、最近ではWBCでも対戦している。

そんな風車とチューリップの国に降り立ったのが、暴走ブギーマンことロン・ハッカー。

綺麗なチャンネーとのセッションとあってご機嫌そのもの。

70近い(1945年1月生まれ)けど、
2011年 Filthy Animal (Amazon)、
2012年 Live in San Francisco (Amazon)
と、立て続けにアルバムをリリースするなど精力的に活動を続けている。


今が旬なロンさんである。


関連記事
論よりハッカーなロン・ハッカーさん。
親父バンドの星!  ~ザ・パラディンズ~

PageTop

頭痛の正体とは、

Saridon "Stamp", "Laundry", "Pounding Rice", Hammer 15s




頭痛はひょっとして背後霊が叩いているから、、、

んなアホな!

頭痛~~~に、サ〇ドン!!


PageTop

インド人は叫ぶ(抗議する)!

Mumbai Mirror I AM MUMBAI TVC



インド人は叫ぶ!

男性も、女性も、子供ですらも。

政治(役人)の腐敗や不条理なことで叫ばずにはいられない。


一方、中国では、、、、、、、、主張すれば即お縄。

加油、中国民の皆々様。

中国ジャスミン革命の命運やいかに。

PageTop

アイスを食べながら聴きたい!?、、、The Beat From Palookaville

The Beat From Palookaville

Soon You'll Be Gone


I Don´t Know


I'm in the Mood for Love



The Beat From Palookaville - Numero Uno
Numero Uno (Amazon mp3)


北海道民は暖房をガンガン効かせた部屋でアイスを食べるそうな。
しかも半袖短パン等の超薄着で。
エネルギー(資源)を無駄に遣っているような気がしないでもないが、、、
地球に優しくないぞ~~~!   (笑)

でも、それも分かるような気がする。
外はしばれているのに内は南国、自然とアイスに手がいってしまいそう。
冬のアイスも乙なものですなあ。

ちゅう訳で、北欧スウェーデンのスカバンド「The Beat From Palookaville」をお聴きあれ。

ブルース・バスターズの”Soon You'll Be Gone”、"I'm in the Mood for Love"など、お馴染みのスタンダードも演ってます。

北国で聴くスカも乙なものですなあ。


関連記事
今日の一曲♪ ブルース・バスターズの”Behold”
スウェーデンから愛を込めて  ~ノックアウト・グレッグ&ブルー・ウェザー~

PageTop