音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

名前は地味だけどギターはワイルドだぜぃ、、、ワイルド・ジミー・スプルーイル。

(Wild) Jimmy Spruill   ワイルド・ジミー・スプルーイル

Kansas City March

直リンクはこちら → youtube

Scratchin'

直リンクはこちら → youtube

cut and dried

直リンクはこちら → youtube

Mind On Loving You (Little Danny-vocal)

直リンクはこちら → youtube


Scratch N Twist - Jimmy Spruill
Scratch N Twist (Amazon)


今日はあまり話題になることのないセッション・ギタリストのお話だぜぃ。

ペキペキ、パキパキ、ポキポキ、ギュイ~~~ン・ギターがクセになるジミーさんだぜぃ。

アルバムになったのはこの一枚だけだぜぃ。

どうや、ワイルドだろ~~~。

でも、気になってるのは”Mind On Loving You”でボーカルとってるリトル・ダニーだぜぃ。

本人(ワイルド・ジミー・スプルーイル)そっちのけで興味津々だぜぃ。

(迫力ありますなあ、ダニーさん)

ということで、どっちが主役か分からなくなった!?

ワイルド・ジミー・スプルーイル(Wild Jimmy Spruill)さんの紹介であった。  (笑)

スポンサーサイト

PageTop

ケント・デリカットもお薦め!?、、、ユタのアカペラ・グループ「エクリプス」

Eclipse   エクリプス

Haven't Met You Yet (Michael Buble)

直リンクはこちら → youtube

Just The Way You Are (Bruno Mars)

直リンクはこちら → youtube


Got It Covered - Eclipse
Got It Covered (Amazon mp3)


FC2のブログ開設者が減っているようだ。
確か音楽部門は4万を超えてたように記憶しているが、今では3万も切りそうである。
4人の内1人が去ったことになる。
「自由度も高く、コメントも削除されない」ので、お薦めと思っていたのに、、、
誠に持って残念!である。
日本3大ブログと言われて久しいが、FC2も過疎化が進んでいるのだろうか?

過疎といえば田舎、田舎といえばアメリカのユタ州。
ケント(ケント・デリカット)さんの口癖、
「ユタ田舎じゃないよー」
「ユタを馬鹿にするでないよー」
が思い出される。
最近テレビで拝見することがなくなったが、お元気なんでしょうか?

ということで、今回はアメリカ・ユタ州出身の Eclipse(エクリプス)のご紹介。

エクリプスはアメリカの6人組アカペラ・グループ。
出身(及び在住)は冬季オリンピックも開催された米・ユタ州ソルトレイクシティ。
メンバーは以下の6名。
 Paul Hansen
 Dan Kartchner
 Kevin Jones
 Shayne Taylor
 Jake Despain
 James Case

曲はアルバム「Got It Covered」からで、
Haven't Met You Yet (Michael Buble)
Just The Way You Are (Bruno Mars)


意外にも洗練されているので、「ユタ田舎じゃないよー」と思えてくる。
ケントさんの言ってることは正しかった、、、、、のかも。


エクリプスの facebook
エクリプスのオフィシャルサイト

PageTop

お星様が綺麗な夜に”スター・アイズ”は如何?

John Jenkins   ジョン・ジェンキンス

Star Eyes

直リンクはこちら → youtube

おまけ)Darn That Dream

直リンクはこちら → youtube


JAZZ EYES - JOHN JENKINS
JAZZ EYES (Amazon)


ジャズ喫茶でよく聴いた(聴かされた)思い出の一枚。

リーダーはアルト・サックスのジョン(ジョン・ジェンキンス)さんですが、
輝かしいソロをとるトランペットのドナルド(ドナルド・バード)さんに耳を奪われる。
艶がある張りもある豊かなトランペットの音色に酔いしれてしまう。

トミー(トミー・フラナガン)さんの渋めのピアノも聴きもの。
名演奏の陰にこの人あり!だ。

メンバーは以下の6名。
 John Jenkins (as)
 Donald Byrd (tp)
 Curtis Fuller (tb)
 Tommy Flanagan (p)
 Doug Watkins (b)
 Art Taylor (ds)
 Recorded:New Jersey, September 10, 1957


満天の星の下、温か~~い(あったか~~い)ココアでも飲みながら天体観測は如何だろうか?
もちろん、BGMはジョンさんの”スター・アイズ”で。


関連記事
二つの「Eyes」に魅了されるヘレン・オコネルさん。

PageTop

自転車のハンドルを楽器にするミュージシャン、、、マーク・グローデン。

Mark Growden   マーク・グローデン(?)

Mark Growden plays a bicycle handlebar - Porto Franco Files

直リンクはこちら → youtube


自転車のハンドルは楽器である???

そんなわけない!

いや、そんなわけあった!!

マーク・グローデンさんにかかると自転車のハンドルは楽器に変身してしまう。
(CDも出してるアメリカのマルチ奏者)

意外にも良い音で興味をそそられる。

以前紹介した「The Cycologists」とコラボったら面白そうだね。


関連記事
自転車を楽器にしちゃう謎の集団、、、The Cycologists

マークさんの facebook
マークさんの myspace page
マークさんのオフィシャルサイト

PageTop

Pigeon: Impossible ~鳩が招いた災い~

Pigeon: Impossible

直リンクはこちら → youtube


「平和の象徴」!鳩も危うく「戦争の象徴」になりかけるところであった。

(食べ)ながら任務は事故の素!!

ご注意あれ。

それにしても強欲な鳩だこと。     (笑)

PageTop

27弦ギター奏者のキース・メドレイさん。

Keith Medley   キース・メドレイ

Ancestors

直リンクはこちら → youtube


Ride - Keith Medley
Ride (Amazon mp3)


さすがに27弦になるとチューニングが大変そうである。

その分サウンドに広がりが出てきますが、、、

演奏するはキース・メドレイ(Keith Medley)さん。

風貌からしてベテランと思いきや、まだアルバム1枚だけの新進気鋭!?のギタリスト。

隠されたストーリィ(訳あり)がありそう???


キースさんの facebook
キースさんのオフィシャル(?)サイト

PageTop

臼澤みさきの「故郷」が沁みる。

臼澤みさき   Usuzawa Misaki

故郷 ~Blue Sky Homeland~

直リンクはこちら → youtube


こちらも、是非、是非、是非!!!
video clip - 故郷 ~Blue Sky Homeland~
video clip - Amazing Grace~赤とんぼ


Homeland - 臼澤みさき
Homeland (Amazon)


被災地で使われるべき復興予算が被災地以外で使われているという。

暗躍しているのは復興予算に集(たか)る白アリ官僚。

業者とつるんで私腹を肥やしていると疑われても仕方ないのでは。

これでは被災地のみなさんは浮かばれない。

やれやれである。

そんな心ない白アリ官僚共は耳の穴をかっぽじってこれを聴け!!

ということで、臼澤みさきさんの”故郷 ~Blue Sky Homeland~”をどうぞ。

みさきさんは、岩手県大槌町出身(及び在住)の中学2年生(14歳)。

背伸びをせずにありのままの(等身大の)歌声に心が洗われる。


みさきさんのオフィシャルブログ

PageTop

休日の雨の日はジャズでマッタリ!!

Red Garland Trio - Rain

All Kinds of Weather (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Stacey Kent - Gentle rain

Stacey Kent Collection II (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Julie London - February Brings The Rain

CALENDAR GIRL (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Rob Tardik - Waiting For Rain

The Right Time (Amazon mp3) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Stan Getz - With The Wind And The Rain In Your Hair

Plays (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube


晩秋の雨の日。

しかも休日(祝日)。

ジャズでも聴きながら寛ぐのもよかろう。

日々の喧騒から解き放たれて頭の中を空っぽにしたい。

そうでなきゃやってられない日本(主に政治)!?なのかもなあ。

PageTop

”アラバマに星落ちて”を聴きたくなる季節。

Eddie Harris   エディ・ハリス

Stars Fell On Alabama

直リンクはこちら → youtube


フリーダム・ジャズ・ダンス  - エディ・ハリス
フリーダム・ジャズ・ダンス(紙ジャケット仕様) (Amazon)


日が落ちるのが早くなってきた。

夜が長くなり、天体観測にはもってこいの季節である。

流れ星に願いを唱えるのもよかろう。

ちゅうわけで、エディ・ハリス(Eddie Harris)の”アラバマに星落ちて”をどうぞ。

アラバマに星落ちて(Stars Fell On Alabama)は1934年の作品で、
作曲が Frank Perkins
作詞が Mitchell Parish

ピアノのジャッキー・テラソンが(独りよがりでなくて)意外と良い。

冬至もあっという間にやって来そうだなあ。     (汗)

PageTop

今日の一曲+α♪ キャロル・スローンの”イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ・オブ・ザ・モーニング”

Carol Sloane   キャロル・スローン

In The Wee Small Hours Of The Morning

直リンクはこちら → youtube

Angel Eyes

直リンクはこちら → youtube


ハッシャバイ - キャロル・スローン
ハッシャバイ(紙ジャケット仕様) (Amazon)


今日の一曲は、フランク・シントラでお馴染みの”In The Wee Small Hours Of The Morning”

1955年のポピュラー・ソングで、作曲は David Mann、作詞は Bob Hilliard。

古い曲ではあるが、
Daniel Matto、
Jamie Cullum、
John Mayer 等、
若い世代にも支持されている人気曲である。

ということで、紹介するのは若かりし頃のキャロル・スローン(Carol Sloane)さん。
(確か、22歳の時の録音)

ここで、キャロルさんのプロフィール紹介。

キャロルさんはアメリカのジャズ・シンガー。
1937年にロードアイランド州で生まれている。
14歳のときにエド・ドリュー楽団と共演したのを機に、プロとして活動を始めている。
1961年にジョン・ヘンドリックスの要請でピッツバーグ・ジャズ・フェスティバルで、ランバート・ヘンドリックス&ロスのアニー・ロスのピンチ・ヒッターとして見事に大役を果たし注目された。
70年代に低迷した時期は法律事務所で秘書をしたことも。
80年代に活動を再開し、コンテンポラリー・レコード、コンコード・レコード、ハイ・ノート等からアルバムをリリースし、現在に至る。
度々来日公演を行ってきたので、日本のファンもアメリカに劣らず多い。

さて、キャロルさんの”イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ・オブ・ザ・モーニング”であるが、
う~~~む、
う~~~~~む、
う~~~~~~~~む。
”Angel Eyes”もそうだが、若いのに曲に全然負けてないっす!!
青臭いところが全くなく、(20年選手のような)貫禄さえ漂っている。
畏るべし、22歳である。
しかも、フェイクせずしっかりしっとり丁寧に歌っていて、痺れてもうた。


因みに、1996年のシナトラ・トリビュート・アルバム
Songs Sinatra Sang (Amazon)」
でも再度採り上げていた。
よっぽど、シナトラがお好きなようで。

PageTop

(ビリー・ホリデイ+ダイナ・ワシントン)÷2=エッタ・ジョーンズ!?

Etta Jones   エッタ・ジョーンズ

Yes Sir, That's My Baby

直リンクはこちら → youtube

Solitude

直リンクはこちら → youtube

Since I Fell For You

直リンクはこちら → youtube


Precious  Rare - Etta Jones
Complete 1944-160 (2枚組 Amazon)
Precious & Rare: Etta Jones (Amazon mp3)


今日も昨日に引き続きエッタ・ジョーンズさん。
一回では収まり切れない魅力満載のエッタさんである。
それでは張り切って行ってみよ~~~~~~~~~~~っと!     (笑)

誰が言い出したか定かでないが、
「ビリー・ホリデイにダイナ・ワシントンを足して2で割るとエッタ・ジョーンズになる!?」
そうな。

ほんまかいな???

確かに、
”Solitude”を初めて聴いた時はてっきりビリーさんの未発表曲かと、、、
それに昨日紹介した”Fine And Mellow”もダイナさんを彷彿とさせる。

おおっと、これはこれはほんまだった。
しかも、モノマネだけで終わってない(+サムシング)のが素晴らしい。
ほんまもんのシンガーが歌えばモノマネの域も軽く超越するものである。

他にも、
I Miss you so
Out In the Cold Again
Till There Was You
等、お宝曲は沢山あり、エッタさんの魅力はまだまだ尽きない。


これ等の紹介はいずれまた、、、、、


関連記事
ビリー・ホリデイが教えてくれた。~歌は心、テクニックだけが全てではない~

PageTop

エッタ・ジョーンズの渾身の一曲”Don't Go To Strangers”

Etta Jones   エッタ・ジョーンズ

Don't Go To Strangers

直リンクはこちら → youtube

Fine And Mellow

直リンクはこちら → youtube


Dont Go To Strangers - Etta Jones
Don't Go to Strangers (Amazon)
Don't Go to Strangers (Amazon mp3)


歌が上手過ぎてついつい聴き惚れてしまうのがエッタ・ジョーンズ(Etta Jones)さん。

特に1960年に録音した”Don't Go To Strangers”は珠玉の出来映えで、ため息が出てしまう。

表現に深み(厚み)があり、しっとりとした歌唱で我々を楽しませてくれる。

「良いのを聴いたなあ」と感謝したくなる真の実力者!!

それが、エッタ・ジョーンズさんである。

エッタさんはアメリカのジャズ・シンガー。

1928年にサウスカロライナ州で生まれ、ニューヨーク・ハーレムで育っている。

初録音は1944年で、プロデューサーは評論家で高名なかのレナード・フェザー氏。

彼女(の才能)を高く買っていたようだ。

”Fine And Mellow”を聴くと、ブルースの歌い手としても桁外れた才能を感じさせる。

「新・ブルースの女王」と言ったら言い過ぎか???

まあ、兎に角、「上手~~~い!!」と唸るシンガーではなかろうか。

ジョーンズだけに歌は(申し分ないほど)じょーんず(上手)!!   (笑)


関連記事
他人の空似  ~ダイナ・ワシントン~

PageTop

アラスカの路上ヴァイオリン弾き、、、ブライソン・アンドレス君。

Bryson Andres   ブライソン・アンドレス

Secrets (OneRepublic)

直リンクはこちら → youtube

Halo (Beyonce)

直リンクはこちら → youtube


路上でワンリパブリックの”Secrets”を演奏しているのはブライソン・アンドレス(Bryson Andres)君。

アラスカ州アンカレッジ出身のヴァイオリニストである。

ループペダルを駆使し幾重にも音(フレーズ)を重ね曲を構築して行く様は圧巻。

音が厚みを増し、その調べが緻密な空気(寒空)へと伝搬して行く。

正にひとりオーケストラ状態。

(聴衆は)指揮者になった気分を味わえそうだ。

12歳からヴァイオリンを始めたそうで、現在は二十歳そこそこ(二十代前半)のようである。

ブレイクするのもそう遠いことではない、、、、、かもね。


関連記事
エドちゃん、出番ですよ!  ~エド・アレン・ジョンソン~
踊るヴァイオリニスト、、、リンゼイ・スターリング

PageTop

Carrot Crazy  (ニンジン狂)

Carrot Crazy

直リンクはこちら → youtube


想定外の結末に唖然とするアニメ。

次から次へと嬉しいことが起こっても、浮かれている場合ではないと、、、

PageTop

世界一貧乏な大統領、、、ホセ・ムヒカ・ウルグアイ大統領。

Uruguay's Jose Mujica - "The poorest president in the world"

直リンクはこちら → youtube

ホセ・ムヒカ・ウルグアイ大統領1
ホセ・ムヒカ・ウルグアイ大統領  資産といえば、フォルクスワーゲンくらいなもの。


ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領は世界一貧乏な大統領だという。

それもそのはず給料(1万1680ドル 約107万円)の大半を左派の与党拡大戦線や公共住宅プログラムに寄付しているそうで、
個人資産といったら1920ドル(約18万円)相当の1987年型フォルクスワーゲン・ビートルのみ。

大統領官邸への入居も拒否し、首都郊外の簡素な家に住んでいるそうだ。

愛読書はドン・キホーテ、趣味は花の栽培という好々爺。

質素な生活や地に足の着いた態度が国民に支持されているとのこと。



一方、汚職大国・中国では、、、

温家宝2温家宝首相一族の資産 2150億円(27億ドル)

薄熙来1薄煕来一族の資産 1000億円 (約4800億円を海外送金していたとの報道もある)

習近平1
習近平主席一族の資産 400億円


かつて「先に富める者から富め」と言っていたけど、共産党幹部自ら率先して行うとは、、、

それにその不正蓄財の情報を隠蔽(ネット遮断)している現状。

これでは人民の支持は得られないのである。

説得力、全くナッシング~~~!!!

さてさて、この違いはどこから来るのだろうか???


関連記事
中国の温家宝首相一族が巨額蓄財、その額27億ドル(2150億円)以上!!

PageTop

国民的大歌手!ローズマリー・クルーニーさん。

Rosemary Clooney   ローズマリー・クルーニー

I"ll Be Seeing You

直リンクはこちら → youtube

Mambo Italiano

直リンクはこちら → youtube

Goodnight (Wherever You Are)

(アルバム未収録)
直リンクはこちら → youtube


Rosemary Clooney Show Songs From Classic TV Series - Rosemary Clooney
Rosemary Clooney Show: Songs From Classic TV Serie (Amazon)


国民栄誉賞を受けたこともある国民的女優の森光子さんが亡くなった。
10日に肺炎による心不全のため都内の病院で亡くなったそうだ。
享年92歳。
ご冥福をお祈りいたします。
合掌。

今日突然飛び込んで来たとても残念なニュースであった。
在りし日の映像を見ながら故人を偲びたい。

国民的といえば、この方もアメリカでは国民的大スターである。

ということで、今回はアメリカの国民的大歌手のローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney)さんのご紹介。
昭和世代ではよく認知されていると思うが、平成世代では俳優ジョージ・クルーニーの叔母(父親の妹)と言った方が話しが早いか。
ローズマリーとジョージは叔母と甥の関係で、血筋は争えないものでやっぱりよく似ている!!

ローズマリーさんはアメリカの歌手兼女優。
1928年にアメリカ・ケンタッキー州で生まれている。
1945年に地元のラジオ局のコンテストで優勝し歌手デビューを果たす。
1951年には「Come On-a My House」がビルボード・チャートで全米第1位の大ヒット。
その後は歌手活動だけでなくテレビドラマやバラエティーショー、映画にその活動範囲を広げた。
自分の名前を冠したテレビ番組「Rosemary Clooney Show」で人気を博した。
2002年にカリフォルニア州ビバリーヒルズで亡くなっている。

かなりの美人さんだけど気取ったところがなかったのがみんなに好かれる要因となっていたようだ。
レパートリーはジャズをはじめラテン、カントリー等のポップスと幅広かったので、人気が出るのもなお更である。
何でも歌いこなすというのは簡単なようでいてかなり難しい。
これも豊かな才能と言って良いだろう。


テレビ(CM)でよく見かける甥っ子のジョージさんに叔母ローズマリーの面影を見い出してしまう今日この頃。
”I"ll Be Seeing You”でロージィーさんを偲ぶとしよう。
そして、”Goodnight (Wherever You Are)”でお休みなさい。
Zzzzz、、、、、
(久々に遅い時間の更新である)


関連記事
知られざる実力派のジョアン・リーガンさん。

クルーニーさんの myspace page
クルーニーさんのオフィシャルサイト

PageTop

Follow the Frog (蛙に続け!)

Follow the Frog

直リンクはこちら → youtube


或る日突然!自然(熱帯雨林)保護に目覚めた男。

仕事も家庭も投げうって中米ニカラグアに勇んで出かけたが、、、

でも、現実は甘くなく夢破れ帰国する羽目に。

しかし、その代償はあまりにも大きかった。

久し振りに自宅に帰ってみると、、、、、

やっぱり、こうなるわな。     (笑)

PageTop

炎のチューバ

Flaming Tuba on the Street

直リンクはこちら → youtube


暖をとるには良いかも。     (笑)

PageTop

CUPIDON (キューピッド)

CUPIDON

CUPIDON from CUPIDON-LEFILM on Vimeo.



恋のキューピッドもたまにはヘマをする訳で、、、

美女と野獣カップルはそのせい?

一度間違いを犯すと後始末が超大変なキューピッドさんであった。

PageTop

伝説のビヴァリー・ケニーが21世紀に蘇った!!

beverly kenney   ビヴァリー・ケニー

Beverly Kenney sings...for Hugh Hefner

直リンクはこちら → youtube


COMPLETE DECCA RECORDINGS - Beverly Kenney
COMPLETE DECCA RECORDINGS - SINGS FOR PLAYBOYS - BORN TO BE BLUE - LIKE YESTERDAY(2CD) (Amazon)


伝説の美人ジャズシンガーのビヴァリー・ケニー(beverly kenney)が蘇っていた。

もちろん生身ではなくて、(Youtube上の)映像ではあるが、、、

動くビヴァリーさんを拝見できるとはビックリ!!

噂にたがわぬ美貌で、胸の鼓動が超高まってしまった。   (汗、汗、汗)

見つめられたら、即昇天しそうだなあ。     (笑)

映像はテレビ番組からのようで、テープが残っていたことに感謝したい。

歌っている曲は以下の通り。
① Everything Happens To Me
② Mountain Greenery
③ Makin’ Whoopee
④ Wee Small Hours

耳たこができるほど聴いた曲がこうして映像で見れるとは、何か不思議な気分でR。

映像を見ながら舌足らずなキュート・ボイスにニンマリとしてしまう。

長生きすると良いことがあるのう。

因みに ROYAL ROOST もコンプリート盤が出ているようだ。
COMPLETE ROYAL ROOST RECORDINGS - SINGS FOR JOHNNY SMITH - COME SWING WITH ME - SINGS WITH JIMMY JONES AND THE BASIE-ITES(2CD)

やるなあ、FRESH SOUND!!


関連記事
残暑見舞い  ~エミリー・クレア・バーロウ~

PageTop

悪声は悪性にあらず!、、、セシル・ギャント編。

Cecil Gant   セシル・ギャント

I ain't gonna cry no more

直リンクはこちら → youtube

Loose As A Goose

直リンクはこちら → youtube

Boogie Woogie Baby

直リンクはこちら → youtube

I'll Remember You

CECIL GANT (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Bullet Boogie - Cecil Gant
Bullet Boogie (Amazon)


美声だけが人々を感動させるとは限らない。

ジャズの王様!サッチモことルイ・アームストロングもそうだったが、
彼の悪声(ダミ声)には聴衆を虜にする(味方にする)ホッとするような温か味があった。

この人とて、愛すべき悪声と言えるだろう。

ということで、セシル・ギャント(Cecil Gant)さん、2回目の登場でR。

セシルさんはアメリカのブルース~ブギウギ・ピアニスト。

ブギウギでは強靭な左手が武器となりガツン系ピアノで圧倒し、
一転スローブルースになると悟りの境地に達したかのような穏やかな演奏で和ませる。
早世だったのが悔やまれるシンガー兼ピアニストだった。


彼は(演奏で)たとえ欠点(この場合ダミ声)があってもそれを生かす道があることを示してくれた。
(自分にとっては欠点と思っても、他人にはそう思わないことも、、、、、ある)

それにしても心地良い!セシルさんのダミ声である。
不快な感じは全くなく、何時までも聴いていたくなるような癒し系。
「セシルさん、ありがとう!!」である。


関連記事
ギャフンとなってしまうセシル・ギャントさんのピアノ。

PageTop

左半身!のオートバイ・ライダー、、、アラン・ケンプスターさん。

Alan Kempster   アラン・ケンプスター

LEFT SIDE STORY

直リンクはこちら → youtube


レフト・サイド・ストーリィ、、、交通事故で右腕右脚を失ったオートバイ・ライダーの物語。

1990年にアラン・ケンプスター(Alan Kempster)さんは交通事故に遭ったという。
相手は飲酒運転のトラック。
一命は取り留めたものの右腕と右脚を失ってしまった。

自暴自棄になりそうな状況であるが、彼は全く違った。
「ただ走りたい」と、
「(オートバイ)レースに復帰したい」と、、、

そこからアランさんの挑戦が始まる。
無謀と思われるチャレンジに賛同するものはいなかった。
「夢があるなら自分でやるしかない」と悟り、夢実現の為にひとり動き出す。
(努力の甲斐あって)とうとうレースで優勝!!!

彼は語りかける。
「どんな障害があってもさ、本気で望めばなんでもできるんだよ」
「情熱があれば夢は叶う」
ハンディは情熱の障害にならないことを実証してみせた男だけにこの発言はとっても重い。


アランさんの夢は「障害者向けの教習所を開くこと」だそうだ。
この情熱がある限り(近い将来)実現可能な夢と言えそうだ。
不屈の夢追人アランさんにエールを送りたい。


関連記事
人の心を掴むのに手はいらない ~ニック・ブーイッチ~
がんばれ~~、ホープ!

アランさんの facebook

PageTop

「被災地のバイオリン」は世界を巡る。

【震災】「被災地のバイオリン」演奏 仏・パリ(12/06/21)

直リンクはこちら → youtube


東日本大震災の被災地の(流木等の)廃材で作られた「被災地のバイオリン」。

朽ちていくだけの廃材(瓦礫)に新しい命が吹き込まれた。

現在、復興のシンボルとして世界を駆け巡っているという。

「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトが目指す千人のヴァイオリニストのリレーも楽々クリアか?

近所に来たら聴きに行ってみてはいかがだろうか。

「被災地のバイオリン」がある限り、我々は(被災地を)決して忘れはしない。


関連記事
花は咲く ~復興支援ソング~
唄者、、、上間綾乃

ヴァイオリン・プロジェクト 「千の音色でつなぐ絆」

PageTop

中国の格差社会、ここに極めり。

中国南西部・貴州省で「貧富の差」の実態を取材しました。(12/11/08)

直リンクはこちら → youtube


政府高官の年収>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>地方農民の年収。

共産国なのに格差社会の中国。

よく暴動が起きないもんだ。

というか、その不満を(反日教育で)日本に仕向けるのが上手いんだよなあ。

政府高官の皆々様。

今日もせっせと不正蓄財ってか。     (怒!!!)


関連記事
中国の温家宝首相一族が巨額蓄財、その額27億ドル(2150億円)以上!!

PageTop

窓ガラスが曇る季節には、Evelyn Evelyn!

Evelyn Evelyn

Have You Seen My Sister Evelyn?

直リンクはこちら → vimeo


Evelyn Evelyn - Evelyn Evelyn
Evelyn Evelyn (Dig) (Amazon)


秋も深まり朝夕窓ガラスが曇る寒~~~い季節となってきた。

窓ガラスに落書きしたのは遠い昔のこと。

隙間風が冷たかったのう。

ということで、Evelyn Evelyn のPVをどうぞ。

Evelyn Evelyn はドレスデン・ドールズのアマンダ・パーマー(Amanda Palmer)が
Jason Webley と新たに組んだミュージカル・デュオで、
ライブが超楽しい個性派二人組。


あれだけ(記録的に)暑かった夏も遠くになりにけり。
あっという間に初霜・初氷・初雪でブルッと来るんだろうな。


関連記事
わくわくドキドキ!!  ~ドレスデン・ドールズ~

Evelyn Evelyn の myspace page
Evelyn Evelyn のオフィシャルサイト

PageTop

世界に通じるフェイス・ミュージック。

paganini for face

直リンクはこちら → youtube


顔芸は世界を救う!?

そんな大袈裟なものではないけれど、確実に笑いのとれる世界標準の芸。

イケメンお兄さん、美男が台無しですなあ。


関連記事
フェイストーヴェン
世界に通用する顔芸!  ~テツandトモ~

PageTop

ちょいワルおやじ?ギタリスト、、、ジミー・ザッカリー。

Jimmy Thackery   ジミー・ザッカリー

Hobart's Blues

直リンクはこちら → youtube

Daze In May

直リンクはこちら → youtube

Burford's Bop

Guitar (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube


Solid Ice - Jimmy Thackery
Solid Ice (Amazon)


夜な夜な聴いてはひとりニンマリしているギタリストがジミー・ザッカリーさんである。
本当は秘密にしておきたかったけど、それにしても人気がなさ過ぎる。
これではジミー・ガッカリーである。
人気がないのは何故?
名前(ジミー)のせいだろうか?
いやいやそれだけではないような気もするけど、ここはひとつ一肌脱ぐとするか。

という訳で、今回は過小評価過ぎるギタリストのジミー・ザッカリー(Jimmy Thackery)さんのご紹介。

ジミーさんはアメリカのブルース(ブルースロック)ギタリスト。
1953年にペンシルベニア州ピッツバーグで生まれている。
来年で還暦を迎えるベテラン・ギタリストである。

ワシントンDCで育ち、高校時代にはバディ・ガイを聴いてブルースに傾倒するようになる。
高校卒業後の1972年に地元ワシントンのバンド・ナイトホークス(The Nighthawks)のメンバーとなり、1986年まで14年間在籍し活動する。
以後、1986年にはザ・アサシンズ(Jimmy Thackery and The Assassins)を、1991年にはザ・ドライヴァーズ(The Drivers)をそれぞれ結成し活動。
そのドライヴァーズ(The Drivers)も結成から20年を越え、今日に至る。

ドライヴァーズのメンバーは以下の通り。
Mark "Bumpy Rhodes" Bumgarner (Bass)
Russ Wilson (Drums)

アルバムは通算で20枚リリース。(ナイトホークス、アサシンズ時代を除く)
1992 Empty Arms Motel
1993 Sideways in Paradise (with John Mooney)
1994 Trouble Man
1995 Wild Night Out
1996 Drive To Survive
1996 Partners in Crime (with Tom Principato)
1998 Switching Gears
2000 Sinner Street
2002 We Got It
2002 Whiskey Store" with Tab Benoit)
2003 Guitar (Instrumental/Compilation)
2003 True Stories
2004 Whiskey Store Live (with Tab Benoit)
2005 Healin' Ground
2006 In the Natural State (with the Cate Brothers)
2007 Solid Ice
2008 Live! 2008
2008 Inside Tracks
2010 Live in Detroit
2011 Feel the Heat
ナイトホークス、アサシンズ時代も含めると40枚以上になる大ベテラン選手である。

ギター・プレイは特に斬新なものではないけれど、
間の取りかたが何とも絶妙で音を的確に置くべき所に置いて行ってる感じ。
音響空間の使い方が上手いというか、バランス能力に長けている。


マファアのボスみたいな風貌でニコリともしないジミーさん。
そりゃー、客も逃げるわ。
ニヒルも良いけど、
派手なステージ・アクションでもすれば、
または歌えるサイドメンでも加えればもっと人気が出るかもね。


関連記事
これでいいのだ!ギタリスト、、、ケニー・ブルー・レイ
親父バンドの星!  ~ザ・パラディンズ~

ジミーさんの myspace page
ジミーさんのオフィシャルサイト

PageTop

ハリケーン・サンディー、猛威を振るう。

柳ジョージ

Stormy Monday

30th 1969~1999 (2枚組 Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube


「日曜はダメよ」と言われたかどうかは知らんが、

ハリケーン「サンディ」が29日の月曜の夜にニュージャージー州の大西洋岸に上陸した。

上陸前に温帯低気圧となったものの勢力は依然強く甚大な被害が出た模様。

アメリカだけでも犠牲者が100人に達したという情報も、、、

ここに謹んで亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

合掌。


関連記事
さらば、柳ジョージ
台風一過  ~レッド・ガーランド~

PageTop

シンプル・イズ・ベスト! ジョージ・ソログッド編

George Thorogood   ジョージ・ソログッド

Down in the bottom

Haircut (Amazon) 及び Haircut (Amazon mp3) に収録。
直リンクはこちら → youtube


日本シリーズもいよいよ佳境。

ジャイアンツが敵地札幌で大手をかけた。

ホーム(東京)に帰っての第6戦は澤村の先発か?

小細工などせずに豪快に力と力の勝負をしてもらいたいねえ。

シンプル・イズ・ベスト!!

てな訳で、ジョージ・ソログッド(George Thorogood)の豪速球ブギーをどうぞ。

愚直なまでにストレートなスライド・プレイは惚れ惚れするぜ。


ジョージさんの myspace page
ジョージさんのオフィシャルサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。