音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

実写以上にリアル!です。

MADAME TUTLI-PUTLI

直リンクはこちら → Youtube

メイキング

直リンクはこちら → Youtube


映画の撮影技法にはあまり詳しくないが、これはストップモーション・アニメーション(Stop motion animation)と言うんだろうか?
被写体を少しづつ動かしながら撮影するので、労力も半端ではなさそう。

MADAME TUTLI-PUTLI(被写体)の動きも非常に滑らかでリアル!
特に目の表情にはドキッ!とさせられてしまった。
アニメの域をとっくに超えていて、実写には出せない味わいも。


良い仕事してます。
普段アニメは全く見ないがバカにできませんなあ。   (^^ゞ

PageTop

トラヴェリン・トレインズ(Travelin' Trains)

Freight Train Blues

直リンクはこちら → Youtube


トラヴェリン・トレインズ(Travelin' Trains)本編はこちら → IMDb


時は19世紀の終わりから20世紀前半の不景気時代。

ホーボー(土地から土地へ働きながら渡り歩いた渡り鳥労働者)がいた時代のお話である。

彼等の移動手段は(貨物)列車、しかも当然の如く無賃乗車!

時には、映画「北国の帝王」のような車掌との壮絶な戦いも、、、

エース・ナンバーワン(リー・マーヴィン)には痺れたぜ。   (^_^)v

ジューク・ジョイントでは”ブルースの母”マ・レイニーがブルースなるものを歌い始めていた時代。

ブルースが生まれる瞬間を是非とも目撃してみたかったものですなあ。   (^^ゞ

PageTop

ビリー・ホリデイが教えてくれた。~歌は心、テクニックだけが全てではない~

Billie Holiday   ビリー・ホリデイ

My Man

直リンクはこちら → Youtube

Travelin' Light

直リンクはこちら → Youtube

I Love You Porgy

直リンクはこちら → Youtube

Lady in Autumn - Billie HolidayLady in Autumn: The Best of the Verve Years (2枚組 Amazon)
ディスク:1
1. Body & Soul
2. Strange Fruit
3. Trav'lin Light
4. All Of Me
5. (There Is) No Greater Love
6. I Cover The Waterfront
7. These Foolish Things (Remind Me Of You)
8. Tenderly
9. Autumn In New York
10. My Man
11. Stormy Weather
12. Yesterdays
13. (I Got A Man, Crazy For Me) He's Funny That Way
14. What A Little Moonlight Can Do
15. I Cried For You (Now It's Your Turn To Cry Over Me)
16. Too Marvelous For Words
17. I Wished On The Moon
18. I Don't Want To Cry Anymore
19. Prelude To A Kiss

ディスク:2
1. Nice Work If You Can Get It
2. Come Rain Or Come Shine
3. What's New?
4. Bod Bless The Child
5. Do Nothin' Till You Hear From Me
6. April In Paris
7. Lady Sings The Blues
8. Don't Explain
9. Fine & Mellow
10. I Didn't Know What Time It Was
11. Stars Fell On Alabama
12. One For My Baby (And One More For The Road)
13. Gee Baby, Ain't I Good To You
14. Lover Man (Oh, Where Can You Be?)
15. All The Way
16. Don't Worry 'Bout Me
全35曲

Lady in Autumn: The Best of the Verve Years の試聴はこちら → Amazon


ビリー・ホリデイが亡くなってから半世紀(1959年7月17日没)、

世のジャズ・シンガー達はビリーを超えることができただろうか?

声域も広くはなく、声量もそれほどある訳ではないビリーさんではあるが、

贅肉を削ぎ落としたその凄みのある歌声は心にズシーーーーーンと訴えかけて来て、

そして(毎度のこと)コテンパンに打ちのめされてしまう。   (@_@;)

半世紀経った今でも、その圧倒的魅力(存在感)は色褪せない。

魂が打ち震える瞬間を見逃すな!!


関連記事
奇妙な果実  ~AaRON(アーロン)~

ビリーさんの試聴コーナー (myspace)
ビリーさんのオフィシャルサイト

PageTop

テキサスの鹿

Breakfast In Texas with wild Deer

直リンクはこちら → Youtube


テキサスでは野生の鹿が朝食を食べにやって来るらしい。

のどかですなあ。

日本では野生のクマが食べ物を漁りに来て、

ウヒョ~~~~~!   (^_^;)

PageTop

電車でアカペラ、、、ナチュラリー・セブン

Naturally 7   ナチュラリー・セブン

Feel It (in the air tonight)

Feel It (in the air tonight)は、Ready II Fly (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → Youtube


電車で突然始まったライブ。

最初のうちは戸惑っていた乗客も、最後にはノリノリに。

歌うは驚異のヒューマン・ビート・ボックス集団!

ナチュラリー・セブン(Naturally 7)


Naturally 7 の試聴コーナー (myspace)
Naturally 7 のオフィシャルサイト

PageTop