音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

バルセロナ 1908

Barcelona 1908



101年前のバルセロナ(スペイン)。

街並みが驚くほど鮮明に映し出されています。

日本では明治41年、ブラジル移民が始まった年である。

PageTop

あばんぎゃるど

FM EINHEIT "СКИФ" II

直リンクはこちら → Youtube



これは面白いというか、楽しそう!!

板金屋のおっちゃんが鉄板と戯れているような気がしないでもないが、、、、、 (笑)

PageTop

テノリオン

tenori-on Score Mode Performance


TENORI-ON Product Demo Performance




TENORI-ON(テノリオン)とはLEDボタンで弾く“手乗り楽器”のことで、直感的に演奏できる21世紀の電子楽器とのこと。
メディアアーティストの岩井俊雄氏とヤマハによる共同制作の産物。

楽器が全く出来なくとも、ゲーム機的な感覚で演奏できるのはかなり面白い。

ただし、玩具としては値がはりますけど、、、 (^_^;)

日本的ネーミングは、ハナマル!!

PageTop

魅惑の音色♪

Richard Galliano   リシャール・ガリアーノ

Richard Galliano Trio with Gary Burton - Il Postino



If You Love Me - Richard Galliano
If You Love Me
1. Milonga Is Coming
2. Triunfal
3. 'Hymne  l'Amour [If You Love Me]
4. Sinfonia 11 in G-Moll, BWV 797
5. Soledad
6. Para Jobim
7. Operation Tango
8. Romance del Diablo
9. Waltz for Debby
10. Postino
全10曲


希少楽器といえば、バンドネオンハモンドB3に続いてこのアコーディナ(accordina)も挙げられるであろう。
いずれもオンリーワンな魅惑的な音色をしていて、我々を惹きつける。
フランスの楽器工房でしか作られていない(完全オーダー制)らしく、お値段は目が飛び出るほどでこちらは魅惑的とはいかない。
しかしながら、一度この魅惑的な音色を聴いてしまうと虜になること必至で、その呪縛から逃げ出すことは思っているほど容易ではない。
当然作っている人が少なければ演奏する人も少ないわけで、実演しているのを目にする機会はあまりないだろう。
幸いにもyoutubeにアップされているので参考にしてくだされ。
how insensitive
Someday My Prince Will Come
Spleen (R. Galliano)

世界的に著名なアコーディオン奏者のリシャール・ガリアーノ(Richard Galliano)さんも、そんな数少ないアコーディナ奏者の一人。   
ヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンと共演したアルバム”If You Love Me”でも弾いて(吹いて)いる。
楽器自体が超マイナーな為、実演しているのを記録した媒体(CD)も珍しいのである。
音色はアコーディオンに比べるとさすがにボリューム感(多彩な音色)には欠けるが、その素朴な音がじわじわと沁みてくる。
ノスタルジックでセピア色に染まる!その音色はクセになりそう。


ところで、ボタンの配列はどうなっているんだろう?
バンドネオンみたいにバラバラなのか?
もしそうだとしたら、可愛らしい名前とは裏腹にマスターするのは大変そうですなあ。 (^_^;)


可憐な名曲”Sanfona”

Sanfona - Richard Galliano
(SanfonaはFrench Touchに収録。)

If You Love Meの試聴はこちら→cd Universe(track Listingをクリック)
リシャールさんの試聴コーナー(myspace)
リシャールさんのオフィシャルサイト

PageTop

エアーピアノとは!?

AirPiano - Musical Interface


AirPiano - Controlling Ableton LIVE




世の中、エアー流行りである。

エアーピアノとは、鍵盤のないピアノである。

あるのは板状の物体。

楽器未経験者でも弾けそう。

しかもテルミンよりも簡単そうである。

これならオイラにも、、、、、  (笑)

楽器としては勿論だが、医療機関でのリハビリに使えそう。

これなら楽しんでリハビリできますもんね。  (^_^)v


オマケ Lee Evans Trio (エクセレント!???なエアー・トリオ)

PageTop