音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お馬スキー


Hors Surfing sur Riding Zone
Uploaded by puzzlemedia



ビーチで水上スキーならぬお馬スキー!

これはナイス・アイディア。

お馬さんの運動にもなるし、(ボートの)ガソリンも要らないし、夏を涼しく過ごせそう。

スポンサーサイト

PageTop

摩訶不思議???

Animated Optical Illusion!



Magic Moving Images (long version)
Magic Moving Images
Magic Moving Images: Animated Optical Illusions (Animated Optical Illusions)



なんでそうなるの???   (@_@;)

不思議だなあ!!!

PageTop

万引き1万人目、おめでとうございます。



The 10,000th Shoplifter Award - video powered by Metacafe



「万引き1万人目、おめでとうございます。」と言って、マイクを向けられています。

これは、いたたまれない。

どうしてこんな愚かなことしちゃったんだろうね。

PageTop

Moon Star Island!!

月と星



こんな島があったら一度は行ってみたい、、、、、   (^_^)v

と思ったんですけど、どうやら星は後で付け足したようで、ガッカリ、、、

でも、月だけでも行ってみたいなあ。

因みにこの島はMolokini Island と言いハワイのマウイ島の近くにある無人島で、

格好のダイビング・スポットとなっている。

PageTop

ボサノヴァ、プリーズ! その2

Swan Dive   スワン・ダイヴ

Swan Dive - "Tender Love"



アンティルースワン・ダイヴアンティル
1.Until
2.Slowly
3.Quiet Song
4.Gentle Rain
5..Matchstick
6.Happy Sad
7.Imagining
8.Une Fois
9.Bebe
10.You Deserve A Song
11.Tender Love
12.Good Morning Tokyo
13.In Blossom
全13曲


先日テレビで(渋谷)ギャル系漫画家の特集をやっていた。
浜田ブリトニーというペンネームを持つその漫画家は、実生活も渋谷ギャルそのもの。
今では絶滅危惧種となったガングロメイクに度派手ファッションで、今日も渋谷センター街の漫画喫茶、日焼けサロン、カラオケ屋に居つく。
実家が千葉なのに帰宅もせず(帰ろうとすれば帰られるのに)、ホームレス状態が続いている。
もう1年も帰っていないそうだ。

某漫画雑誌にパギャル! 1 (1) (ビッグコミックススペシャル) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)(中途半端なギャルということらしい)を連載中の売れっ子。
収入(たしか月収30万)もそこそこあり、なにもわざわざ渋谷ギャルを実体験しなくてもいいのにと思うが、それはそれ実体験しないと描けないこともあるんだろう。
メイクも落とさず寝た翌朝またメイクを上塗りするなんて、ほとんどギャグですなあ。(笑)
しゃべりもちょっと天然入ってて、トークが楽しそうな娘である。

その娘が地球温暖化をテーマに描いた漫画には笑ってしまった。
渋谷が温暖化してハワイのようになる(渋谷ハワイ化計画)といいなということで、温暖化を推進しようという内容。
なんかちょっとというか、全然違うような、、、 (^_^;)

ということで、日本が温暖化してハワイになることは反対だが、フラが流行ることは賛成だ。

フラとボサノヴァが合体したら、それはもう最高に安らぐ極上の音楽となる。
スワン・ダイヴ(Swan Dive)の”Tender Love”は正しくそれで、おもわず極楽極楽と言ってしまう。
ジリジリ暑い日もこれを聴くと、爽やかな一日が過ごせそう。  (^_^)v 
みんなでテンダーな気持ちになりましょう。  (笑) 


スワン・ダイヴの試聴コーナー (myspace)
スワン・ダイヴのオフィシャルサイト

PageTop

Lovefield

Lovefield

Lovefield (Short Film by Mathieu Ratthe)

直リンクはこちら → Youtube



多くは語りません。

最後にとんでもないどんでん返しが、、、 (@_@;)

タイトルにおもわずニヤリとします。   (^^ゞ

PageTop

祝!北京オリンピック その2

panda2.jpg

panda3.jpg

panda4.jpg


生まれて間もないパンダの赤ちゃん。   (@_@;)

まだ目も見えず、片手にスッポリと収まる大きさだ。

こんなにも小さくて、か弱い姿で生まれてくるんですね。

カンガルーも同じように生まれてくるが、袋で外敵から守られて育つので生存率は高そう。

一方パンダは守るべき袋もないので、生き延びるのはさぞ大変だろう。

絶滅危惧種になるのも解かるような気がする。


絶滅危惧種といえば、日本歌謡界にもいました。

奄美島唄の伝承者・朝崎郁恵(2007/07/04掲載)、そしてそのスピリッツを受け継ぐ元ちとせ。

最近、新譜カッシーニ(初回生産限定盤)(DVD付)をリリースした元さん。

あなたがここにいてほしい”にはホロリとさせられた。

空に咲く花”も心に沁みてくる。

今回も「元ちとせは元ちとせである」ということを、しっかりと再認識しました。

おそらく、きっと、一生聴き続けるんだろうな。   (^_^)v

PageTop

Love Letters

Love Letters



監督Mary Gillenのセンスが光る。

PageTop

二世は辛いよ!

Luiza Possi   ルイーザ・ポッシ

Luiza Possi - Tv Uol - Me Faz Bem (2007)



live video clip Coração de Papel


A Vida e Mesmo Agora-Luiza PossiA Vida e Mesmo Agora(ライブ盤)
1.Eu, Nao (No Voy A Ser Yo)
2.Verao E Inferno
3.Me Faz Bem (Me Haces Bien)
4.Oracao Ao Tempo
5.Tango De Nanci
6.Miss Celie´S Blues (Sister)
7.Coracao De Papel
8.Calling You/Quase Um Segundo Luiza Possi Part. Herbert Vianna
9.Mulher Segundo Meu Pai
10.Rastro De Cometa
11.Ultimo Adeus
全11曲


どこの世界も二世タレント(アーティスト)はいるわけで、特に親と同じ道を選んだ場合果てしなき茨の道が続くことになる。
親が偉大であればあるほどその道は険しい。
ここにその茨の道を選んだ者がひとり。

ということで、今回はルイーザ・ポッシ(Luiza Possi)さんの紹介です。 

ルイーザさんは、1984年6月にブラジルで生まれています。
まだ24才と若いですが、もう既にアルバムを3枚リリースしている。
母親はジジ・ポッシ(Zizi Possi)。
ブラジル音楽界で着実にキャリアを積んで来たベテラン・シンガーである。
今年でデビュー30周年とのこと。
やっぱり血は争えないというか、だんだん容姿は似てきました。
後5年もすれば、母親と同じような色っぽい顔立ちになると思われます。 (^^ゞ

さて、このアルバム(A Vida e Mesmo Agora)は通算4枚目となるライブ・アルバム。
ブラジルを代表するパーカッション奏者マルコス・スザーノが参加している。
(英語で歌っている)甘えるようなブルースのMiss Celie´S Blues(6曲目)にはちょっとクラクラきますが、(笑) ここはひとつ、母国語(ポルトガル語)を 大切にして欲しい。
ポルトガル語で歌われる動画の2曲( Me Faz Bem 、Coracao De Papel )は最大の聴き所。
ポルトガル語という言語が持つ美しい響きが魅力的です。


二世ということで色々と比較されることが多いと思われますが、ルイーザさんならきっと乗り越えられるでしょう。
将来は親子デュエットを見たいものです。
その日はきっと近い。
ナイスなアルバムをオブリガード!!  (^_^)v


ルイーザさんの試聴コーナー (myspace)
ルイーザさんのオフィシャルサイト

PageTop

祝!北京オリンピック その1

panda1.jpg


もーーいーくつ寝ると、北京オリンピック~~~♪


いよいよ差し迫まってきましたなあ。

こうしてみると(月日の経つのは)早いもんである。

色々と問題のある中国ですが、平和の祭典ということで純粋に五輪を楽しみたいのう。

平和の天使のようなパンダの赤ちゃん、スヤスヤ眠っております。

何を夢見ているんでしょう?

きっと、北京オリンピックが平和の内に終わることを夢見ているんでしょうな。 (^_^)v



つづく、、、

PageTop

人類の悩みなんて、、、

Our small world



これを見てしまうと、人類の悩みなんて広大な宇宙に比べたらいかにチッポケなものかがよ~~く解かる。

現在分かっている最大の恒星は”おおいぬ座VY”で、太陽の直径の1800~2100倍。

おおいぬ座VYの大きさは、
1950(1800~2100の中間)×109(太陽は地球の109倍の大きさ)=212550
地球の大きさの約21万倍!!   (@_@;)

揉め事(戦争、紛争)も、アホらしくなるスケールの大きさだ。

あっ、これ、自由研究に使えそうですな。
ご自由にどうぞ。   (笑)

PageTop

バブル・ババ・チャレンジ

Bubble Baba Challenge


世の中には面白い変わったレース(お馬鹿レース)が沢山あるが、このバブル・ババ・チャレンジ(Bubble Baba Challenge)もそのお馬鹿度ぶりが際立っている。

Bubble Baba Challengeとは、風船(ダッチワイフ)と一緒に渓流を下るよ~~んレースということらしい。
因みにBubble Baba ChallengeのBabaはロシア語で田舎娘。
ジャイアント馬場はロシアでは巨大な田舎娘、なんか弱そうなリングネームですなあ。 (^_^;)

このお馬鹿レースが行なわれている所はロシアのロセボ(LOSEVO)というバルト海に面した港町で、この地域では夏の風物詩となっている。
ロシアは冬が長いので、その分夏はハジケる人が多いようです。
では、そのハジケぶりをどうぞ!


Bubble Baba Challenge
なんだ、なんだ、この光景は、、、異様だなあ。 (@_@;)

Bubble Baba Challenge1
ダッチワイフの持ち方も人それぞれ、本来の仰向けスタイルの人も。 (笑)

Bubble Baba Challenge2
泳いでいるというよりも、溺れているような、、、 (^_^;)

Bubble Baba Challenge

大会参加のために集るチャリンコ集団、ここから既にレース(お祭り)は始まっている。
異様な光景だなあ、日本ではすぐ職質されるで。 (笑)

White-water rafting on blow-up dolls

前半、音無しです。
意外にレースは粛々と行なわれている模様。


ロシアのみなさ~~ん、今年もハジケまくってくださ~~い。
ますます世界にこの競技!?が広まることを祈ってます!  (笑)

PageTop

継続は力なり!

(The) Dixie Hummingbirds   (ザ)ディクシー・ ハミングバーズ

時間帯によっては動画①、③はちょっと重たいようです。 m(__)m
比較的軽めの②から、どうぞ。 (^_^)v

①Dixie Hummingbirds I've Got So Much To Shout About



video clip Walk With The Lord ( Paul Owens on lead )


③Dixie Hummingbirds "80 Years Young" Trailer



Diamond Jubilation-The Dixie HummingbirdsDiamond Jubilation: 75th Anniversary
1. God's Radar
2. He Watches Out for You and Me
3. Too Many Troubles
4. Someday
5. When I Found Jesus Christ
6. When I Go Away
7. I've Been Born Again
8. City of Gold
9. Nobody's Fault
10. I Bid You Goodnight
11. Rasslin' Jacob
全11曲


「継続は力なり」
学生の頃は良く言われましたなあ。
あれから早うん十年、、、 (笑)

ということで、今回は結成から80周年を迎えた最長老!ゴスペル・グループ、ディクシー・ ハミングバーズ (Dixie Hummingbirds)の紹介です。 

先日紹介したファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマより11年早い1928年から活動しています。
今年で結成80周年、長いこと活動してきました。
正に継続は力なりですね。
うーーむ、すばらしい。すばらし過ぎますなあ。 (^_^)v
スタート時のオリジナル・メンバーは現在いませんが、1938年に13才で参加したアイラ・タッカーさんが長いこと活動されていました。
このグループの顔というべき偉大な人で、ゴスペル界の至宝。  
残念なことに先月心不全でお亡くなりになりました。  (T_T)
ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。
合掌。

さて、動画①は1950年代のものでしょうか?
一つのマイクを渡しあってのツイン・リード・ボーカルが決まってます。
動画②は、テレビ番組に出演した時のもの。
リード・ボーカルはポール(Paul Owens) さん、ジェスチャーを交えた熱唱です。
ちょっと洗練されてて、それでいて力強さもあり、この頃が一番好きかも。
動画③は、結成80周年を記念したDVDの予告編。
ゲストが超豪華です。
ポール・サイモン、スティーヴィー・ワンダー、ダイアン・リーヴス等々、、、
ポールさん、久しぶりに見ましたなあ、お元気そうでなにより。

このアルバム(Diamond Jubilation: 75th Anniversary)は、グループ結成75周年を記念して2003年にリリースされました。
75周年(2003年)でCD、80周年(2008年)でDVDというわけです。
曲によってはカントリー風味だったり、ブルース風味だったり、良くも悪くも彼等なりに料理(消化)してます。
彼等の特徴であるスマートで洗練された歌唱が聴ける11曲目(Rasslin' Jacob )、及び7曲目(I've Been Born Again)がベスト・トラックと申せましょう。


是非ともこの勢いで結成100周年(1世紀)を目指して頑張って欲しい。
その時は、この目でしっかりと聴(見る)きまっせ。
ま~~た新しいメディア(CD,DVD,ブルーレイでもない)になっているんだろうな。(笑)


ディクシー・ ハミングバーズの試聴コーナー (myspace)

PageTop

あ~~気持ちエエ~~!

Dog loves the pool slide!



ワンコがダイブして、「気持ちいいワン」

Extreme Sliding



人が、ビュンビュン!!飛んでます。
ビュ~~ンと飛んで、「あ~~気持ちエエ~~!」
中には飛距離がビックリするほどスンゴイ人も。  (@_@;)

PageTop

アラバマの熱~~い風

Five Blind Boys Of Alabama   ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ
(Blind Boys Of Alabama)   

①Five Blind Boys Of Alabama - If I Had A Hammer


②Five Blind Boys Of Alabama - Amazing Grace


③Five Blind Boys Of Alabama - Look Where He Brought Me From


④Five Blind Boys Of Alabama - Look Where He Brought Me From


⑤Five Blind Boys Of Alabama "Look Where He Brought Me From"



毎日毎日、暑い日が続きますなあ。
梅雨はいったいどこへ行ったんでしょう。
もう実質梅雨明けのような気がします。


そんな最中、体温が3度もヒートアップしそうなグループを紹介するのはちょっと気が引けますが、暑い日に熱いものを食べると体感温度が下がるということでFBBAの紹介です。
ますますヒートアップしてもらいましょう。  (笑)

ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ(Five Blind Boys Of Alabama)は、1939年!!に結成され今でも現役!!で活動しています。
もちろんメンバーは相当数変わりましたが、つい最近までオリジナル・メンバーのクラレンス・ファウンテンさんが在籍しておりました。
このグループの生き字引きと言うべき功労者です。

ここで簡単なプロフィール紹介)
アラバマ州の盲学校の生徒たちによって組まれた12人編成のグリー・クラブから6人(ヴェルマ・トレイラー、トミー・ギルモア、クラレンス・ファウンテン、ジョージ・スコット、ジョニー・フィールズ、オリス・トーマス)が独立して活動するようになったのが、このグループの始まり。
結成当初はハッピーランド・シンガーズと名乗っている。
やがてラジオ番組に出演するようになり、1945年には全国規模のゴスペル・コンテストで見事優勝!
一躍アメリカ全土に名を馳せる。
ハッピーランド・シンガーズからファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマにグループ名が変わったのは、やり手のプロモーターの発案から。
当時人気のあったファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピに対抗させる形でファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマと名付け、両者を競わせたそうだ。
勝敗は聴衆に決めてもらうこの企画が大受け。
それ以来長いことファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマを名乗っている。
二つのブラインド・ボーイズは良きライバルですが、メンバー同士の行き来もあり仲が良かったようです。
現在はファイブが取れて、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマになっている。

さて、①から③のモノクロの動画はニューオーリンズでのライブのようです。
カメラマンのアラーキーさんに似ている小柄な方が現メンバーでもあるジミー・カーターさんで、大柄な方がクラレンス・ファウンテンさんです。
ジミーさん、首根っこを掴まれた悪ガキがジタバタしているようでユーモラスで笑えますが、歌はホンマモン!! 
いったいこの凄まじいパワーはどこから来るんだろう。  (@_@;)
クラレンスさんも負けてはいません。
二人して、シャウト、シャウト、シャウト!!
ツイン・リード・ボーカルが、気持ちエエ~~~。
ただただ、ただただ、凄い!!、そして、熱い!!!
カッコイイ親父たちです。
決して、おじいちゃんではない(キッパリ)。


如何でしょうか?
こんなカッコイイ、ゴスペルもあるんです。 (^_^)v
キャンベル・ブラザース(2007/06/23掲載)も凄かったけれど、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ も負けていませんな。
禁断の果実の味を知ってしまった、あなた!、この呪縛から逃れるのは無理、、、かも。(^^ゞ


ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマの新譜Down in New Orleans
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマの試聴コーナー (myspace)
ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマのオフィシャルサイト

PageTop

野茂引退

INCREDIBLE TORNADO VIDEO!! May 4, 2007 - Ellis Co., OK



突如前方に現れた巨大竜巻。

バック運転しながら撮影してる場合じゃないんですけど、、、 (^_^;)

ちょっと進行方向がそれたとはいえ、凄まじい轟音と共にだんだんと近づいてくるトルネード。

緊迫した空気が漂います。

自然現象の前では人間はほんと無力ですな。

こんな場面に遭遇したら、もう笑うしかないかも。

2分15秒あたりに”nomo”の一声。(気のせいか???)

折りしも野茂さん引退を表明されたようで。

今のイチローや(松坂)大輔がいるのは、メジャー・リーガーの先鞭をつけた野茂さんのお陰。

トルネード投法と共に決して忘れることはないだろう。

野茂さん、お疲れ様でした。   m(__)m

そして同時代を生きる人々に夢(勇気)を与えてくれて、ありがとう!  (^_^)v

PageTop

アイス・ミュージック

Ice Music: Moon Magic




寝苦しい日々が続きますけど「気分は冬のノルウェー」ということで、

アイス・ミュージックをお楽しみあれ。  (^_^;)

PageTop

チェロの女神

Maya Beiser   マヤ・ベイザー

Maya Beiser - World To Come

直リンクはこちら → Youtube


World to Come-Maya BeiserWorld to Come (Amazon)
1. Osvaldo Golijov: Mariel
2. David Lang: World To Come I
3. David Lang: World To Come II
4. David Lang: World To Come III
5. David Lang: World To Come IV
6. Arvo Part: Fratres for Four Cellos
7. John Tavener: Lament for Phaedra
全7曲




クラシックは普段あまり聴かない方だが、チェロやコントラバスの深みのある響き(音色)は結構好きだったりする。

ということで、以前紹介したベースの魔術師ことMich Gerber(2007/09/03掲載)さんに勝るとも劣らない魅力的なチェロ奏者マヤ・ベイザーさんの紹介です。
ミッチさんはコントラバス、マヤさんはチェロと、楽器の違いこそあれ二人とも素晴らしい音色を響かせております。

マヤ・ベイザー(Maya Beiser)さんは、ニューヨーク在住のアメリカのチェロ奏者です。
母親はフランス、父親はアルゼンチンの出身。
チェロ奏者としてはもちろんのこと、ブライアン・イーノ、スティーブ・ライヒ、フィリップ・グラス、デヴィッド・ラング等と共作という形にはなりますが作曲も数多く手掛けています。
1994年からCDをリリースしているので、おそらく年齢は30代後半かと思われます。
過去に名古屋万博で来日(公演)しています。

さて、このアルバム(World To Come)は 2003年にリリースした通算5枚目のアルバムである。
デヴィッド・ラングの曲をフューチャーした作品で、映像(動画)と共に見る(体感)するとより楽しめる。
なんと深みのある芳醇な音なんだろう。
我が家の貧相なオーディオでもその良さは伝わってくる。
こんなのを見せつけられると、益々良いオーディオで聴きたくなりますなあ。
アンプはアキュフェーズで、スピーカーはB&W、、、、、
とてもじゃないが無理!!!   (^_^;)


高級オーディオは無理でも、いつかはライブを体感してみたいものだ。
(視覚と相まってその魅力がよりいっそう増す)これほどのミュージシャンはそうそういませんから。
ミッチさん共々、いつかは来日公演して欲しいものだなあ。  (^^ゞ


マヤさんの試聴コーナー (myspace)
マヤさんのオフィシャルサイト

PageTop

エイ、エイ、 OH~~~~~!!

エイ3

エイ1

エイ2



これは壮観だなあ。

あっち向いてもエイ、こっち向いてもエイ、  エイ、エイ、オー!  (笑)

これがマグロだったら、どんなに嬉しいことか、、、   (^^ゞ

PageTop

キッチン・ビート・ボックス

Kitchen Beat Box

http://view.break.com/215068 - Watch more free videos


”Kitchen Beat Box”、読んで字のごとくキッチンでのビート・ボックスです。

効果音におもわず笑えます。   (^^ゞ

これならどんな料理嫌いの人でも、楽しく料理出来そう、、、、、かも。  (^_^)v

PageTop

空中散歩


The Smoke that Thunders from 'Flying the Falls' from Free to Adventure on Vimeo.



空中散歩である。

騒がしい下界のことは暫し忘れて、お楽しみあれ。

下のThe Smoke ~~をクリックすると大画面で見れます。 (^_^)v

PageTop

驚異の天才シンガー、ペンペンコちゃん

Charice Pempengco   チャリス・ペンペンコ (シャリース)

①Charice Pempengco - I have nothing (june 15)ASAP

直リンクはこちら → Youtube

②Star King #38 - Charice Pempengco Wows The World (en)

直リンクはこちら → Youtube

to love you more   ~ペンペンコちゃん9才のときの映像~

直リンクはこちら → Youtube


以前からその存在を知ってはいたが、先日のアンビリバボーを見て深く再認識をした。
その番組では世界のスーパーキッズということで、様々なジャンルの天才ちびっ子を紹介していた。

その中の一人が今回紹介するチャリス・ペンペンコ(Charice Pempengco)ちゃんである。

ペンペンコちゃんは1992年5月にフィリピンで生まれています。(現在16才!)
ペンペンコちゃんが4才のころ母親が彼女の生まれながらの歌の才能に気付き、それを伸ばす為の教育をしてきたそうです。
7才のころから地元のコンテストに出るようになり、後はもうみなさん知っての通りのトントン拍子。

長々と説明するより映像を見た方が早いっす。  (^^ゞ

①は、最新の映像(先月)
だんだんと洗練されてきました。
以前の力任せの歌唱とは違ってきています。
おもわず聴き惚れてしまいますなあ。
どこまで伸びるんだろう、末恐ろしい才能です。 (^_^;)

②は、おそらく一番知られている映像
この衝撃は凄まじかった!!!  (@_@;)
最初の一声で彼女が本物!であることが分かります。
これで一気に(彼女の人気に)火が付きました。

③は、ペンペンコちゃん9才のときの映像
堂々としたステージングです。
当時から溢れる才能を感じさせますなあ。 


ペンペンコちゃんは日々進化を遂げています。
この今も。
伸びる才能を見る(リアルタイム体験)ことは、楽しいものである。
いったい何処までペンペンコちゃんは行ってしまうんだろう。
ほんと、アジアの誇りですな。  (^_^)v


ペンペンコちゃんの新譜  シャリース(初回限定スペシャル・プライス盤) (Amazon)
ペンペンコちゃんの試聴コーナー (myspace)
ペンペンコちゃんのオフィシャルサイト

PageTop

名前にインパクトあり。

Patty Loveless   パティ・ラブレス

Patty Loveless - How Can I Help You Say Goodbye



Only What I Feel-Patty Loveless
Only What I Feel
1. You Will
2. How About You?
3. Nothin' But the Wheel
4. Love Builds the Bridges (Pride Builds the Walls)
5. Mr. Man in the Moon
6. Blame It on Your Heart
7. You Don't Know How Lucky You Are
8. All I Need (Is Not to Need You)
9. What's a Broken Heart
10. How Can I Help You Say Goodbye
全10曲


名前にインパクトあります。

ラブレス(Loveless)
愛されない、可愛げのない、愛情がない、冷淡な、、、

日本でいうと、冷淡笑子という感じでしょうか。
もし、自分の苗字がチカン、ハレンチ、スケベなどだったら死にたくなります。 (T_T)
(スケベはありそうですが、実際のところはどうなんでしょう?)
改名しないパティさんはある意味偉い、かも、、、

ということで、今回はパティ・ラブレス(Patty Loveless)さんの紹介です。 

パティさんは、1957年1月にアメリカはケンタッキー州に生まれています。
7人兄弟の6番目で、父親は炭鉱夫。
生まれた時の名前(本名)が、Patty Lee Ramey。
何故にわざわざLee RameyからLovelessに改名したんだろう???
謎は深まるばかり、、、

さて、このアルバム(Only What I Feel) は1993年にリリース。
30代半ばの頃の録音。
実に、温かみ!のある歌声です。
感情を抑えて淡々と歌っています。
彼女なりに色々と人生経験を積んで来たんでしょう。
達観したような感じさえ受けます。
これは後からじわじわ来るスルメ盤!ですな。


それにしてもLovelessに改名とは、、、 (@_@;)
女心とは解からないものである。     (^_^;)


パティさんの試聴コーナー (myspace)
パティさんのオフィシャルサイト

PageTop

どんだけ~~~

①How Not To Use The Drive Through ATM

http://view.break.com/534959 - Watch more free videos

②Car has too much weight



①どんだけ~~~、車高制限オーバーや。
 やって来ました、ドライブスルーのATMコーナー。
 車が屋根にぶつかり、あらら。
 車もあららですが、屋根の強度にもあららですな。 (@_@;)

②どんだけ~~~、車載制限オーバーや。
 車に不釣合いな積載量です。
 坂道で案の定、、、、、
 始めから結果(答え)が読める先代木久蔵みたいなオチですな。 (^_^;)

PageTop

ノラ・ジョーンズの再来!

Larkin Gayl   ラーキン・ゲイル(?)

Larkin Gayl-Two Hands



ラーキンさんのlive video clip (オフィシャルサイト内)


Two Hands-Larkin GaylTwo Hands
1. Warrior
2. Impossible
3. Life of Everything
4. Two Hands
5. I Do
6. Iona Natalia
7. Penelope
8. Never Mind
9. Take Me
10. Back to the Beginning
全10曲




またまた唾をつけておいた(2008/03/09掲載)ラーキンさんが、新譜(アマゾン初取り扱い)をリリース。
ばっちいな、オイ!  (^^ゞ
何はともあれラーキンさんのCDが気軽に聴けるようになったことは、とっても喜ばしいことである。

ということで、今回はラーキン・ゲイル?(ガイル?)さんの紹介です。

ラーキン(Larkin Gayl)さんは、アメリカ西海岸カリフォルニア州をベースに活動しているシンガー・ソングライターです。
プロフィールは検索してみてもヒットせず詳細は分かりませんが、おそらく20代後半でしょう。
癒し系の安めぐみのような安心のできる!?あまりドキドキしない美人さんです。 (笑)
About Recordsというインディーズ・レーベルで地道に活動してきましたが、ここにきてアマゾンが採り上げたこともあり知名度は世界的に上がると思われます。
みなさん、要注目ですよ~~!

さて、新譜(Two Hands)の聴き所は何といっても2曲目の”Impossible”。
そのひらりひらりとした歌い方がバックコーラスと相まって、とっても心地良いっす。
心が悲鳴を上げてる方には是非とも聴いて欲しい。
癒されますよーー!
癒され指数120%の名曲です。  (^_^)v
裏声が魅力的な5曲目の”I Do”も、もう一つの聴き所。
I do,I do,I do ,Idoとハモる所なんか、萌え~~度120%。
6曲目の”Iona Natalia”もアコーディオンとクラリネットに彩りされた名曲。


ラーキンさん、ほんと良い曲書いてます。
ライターとしても十分通用することでしょう。
引き出しも多そうなので、もっとドキドキするような曲も聴いてみたいっす。
ノラ・ジョーンズを抜く日も近い!、、、、、、、、、、、、、かも。  (^^ゞ


ラーキンさんの試聴コーナー (myspace)
ラーキンさんのオフィシャルサイト

PageTop

ボサノヴァ、プリーズ!

Trio Melero Miguez Iovino   トリオ・メレーロ・ミゲス・イオヴィノ

beleza pura-Trio Melero Miguez Iovino
ベレーザ・プーラ
1.Falsa Bahiana
2.Beleza Pula
3.A Primeira Vista
4.Samba De Verao
5.Lua, Lua, Lua
6.Outras Mulheres
7.A Paz
8.Agua De Beber
9.Oceano
10.Saudade Da Bahia
11.A Tua Presenca Morena
12.O Que Sera (A Flor Da Terra)
全12曲

Mariana Melero (Vo,Guitar)
Hernan Miguez (Piano)
Norma Iovino (Vo,Percusion)


梅雨である。
うっとうしい季節である。
季節もうっとうしけりゃ、世の中も偽装偽装の嵐でこれまたうっとうしい。

こんな時はボサノヴァを聴くに限る。 (^^ゞ
ということで、久々のボサノヴァ・ミュージシャンの紹介です。

今回は本場ブラジル!ではなく、そのお隣アルゼンチン出身の3人組トリオ・メレーロ・ミゲス・イオヴィノ(Trio Melero Miguez Iovino)の紹介。
ギター&ボーカル担当のメレーロ(Mariana Melero)さん、
パーカッション&ボーカル担当のイオヴィノ( Norma Iovino )さん、
そしてピアノ担当の黒一点!?ミゲス(Hernan Miguez)さんからなるボッサ・トリオ。

このCD(Beleza Pula ー輸入盤)はゲットしてからもう5年位経ちますが、今頃の季節になるとCD棚から引っ張り出してきて飽きずに毎年聴いています。
本当は秘密にしておきたかった隠れ名盤!  (^^ゞ
地味~なモノクロのアルバム・ジャケットに比べて、内容はビックリするほどグット!です。
このジャケットじゃアマチュアのボサノヴァ同好会が自費出版したような感じで、全く食指が動きませんなあ。
レコード会社の人もそこは解かっていたようで、国内盤発売にあたって明るい感じのジャケットに差し替えたようです。
(国内盤は未確認なので、間違っていたらごめんなさいです。)

先ず、なにより選曲が素晴らしい。
ボサノヴァ、MPBの大定番といえる魅力的な曲がずらりと並んでいる。
カエターノ・ヴェローゾ (Caetano Veloso) 3曲
Beleza Pula、Lua, Lua, Lua 、A Tua Presenca Morena
アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim) Agua De Beber
マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle) Samba De Verao
ジョイス(Joyce) Outras Mulheres
ジャヴァン(Djavan) Oceano
ジルベルト・ジル(Gilberto Gil) A Paz
ドリヴァル・カイミ(Dorival Caymmi) Saudade Da Bahia
ゲラルド・ペレイラ(Geraldo Pereira) Falsa Bahiana
シコ・ブアルキ(Chico Buarque) O Que Sera (A Flor Da Terra)
シコ・セザール(Chico Cesar) A Primeira Vista
名前を聞いただけで、ヨダレが出てきますなあ。  (^^ゞ
どう、凄いメンツでしょ。
それだけで終わっているわけではありません。
リード・ボーカルをとっているメレーロ?、イオヴィノ?(いったい、どっちなんだあ?)さんの可憐で可憐で可憐で(可憐の三乗!)キュートな歌声が、琴線に触れまくり心を鷲掴みにします。
全曲素晴らしいですが、特にカエターノさんの”Lua, Lua, Lua”(5曲目)と、ドリヴァルさんの”Saudade Da Bahia ”(10曲目)は至福の時間が過ごせます。 (^_^)v  
もうこれは、聴くしかないでしょう。 (HMVで試聴可)  (笑)


ということで、今年の夏も(我が家では)いつも通りのヘビー・ローテーションになること間違いなし。
地味~なアルバム・ジャケットを開くとそこには三人の大きな写真が、、、
双子のお姉さんとその弟といった感じで載っています。
実際の年齢はどうなんでしょうね?
女性に年齢を聞くなんて、失礼過ぎてオイラには出来ませぬ。   (^_^;)

PageTop

どこを走れと、、、

Bike lane



最近のガソリン高騰で、自転車に乗り換える人も多いと聞く。
エコで環境にも良いし、そしてなにより健康にも良い。
良いことだらけで万、万歳!といきたいところだが、、、

この(自転車)専用道、一歩間違えるとドボ~~ン!  (^_^;)

ライダー(ドライバー)の受難は続くのであった。

マウンテン・バイカー並みの技量がないと、ダメかもね。  (@_@;)


マウンテンバイク1

PageTop

ハッピー・ウェディング!

Amy's song


Best Wedding Toast Ever!!!! (Amy's Song) - video powered by Metacafe



今日は七夕。
1年に1度、織姫と彦星が会える日。
指折り数えた待ち遠しい7月7日である。

ということで、指折り数えた繋がりで結婚式の動画をひとつ。
幸せな気持ちになれますよーー!
自分を新婦のエイミー(Amy)さんに置き換えて、ご覧あれ。  (^_^)v


日本の結婚業者が仕切る披露宴と違って、仲間内(親族、友人等)だけで行なわれた理想的な披露宴です。
(おそらく、会場だけ借りて友人等が主体となって行なわれたんでしょう。)
なにやら、司会者(進行役)がフリップらしきものを掲げて歌い始めます。
どうやらエイミーさんのことを替え歌にして祝っているようです。
ひとしきり歌い終わると今度は別のところから、どんどんどんどんリレー形式に歌い継がれて行きます。
時々爆笑が起こっているので、その内容が知りたいものです。  (^^ゞ
エイミーさん、本当に皆さんに愛されていますねえ。  (^_^)v
世界一の幸せ者!と言っときましょう。
祝いのパフォーマンスが終わるころには、涙、涙、涙のエイミーさんでした。


エイミーさん、友人の皆さん、幸せのおすそ分けをありがとう!
これではうっかり離婚も出来そうにありませんなあ、エイミーさん。  (^_^;)
それにしても、頼りなさそ~~~な!旦那さんです。
カカア天下になること、間違いなし。  (笑)

PageTop

手作り楽器で、ゴー!

Joe Raciti   ジョー・ラシティ(?)

Joe Raciti - Cardboard Song: All Hail the Great Blue Whale



自分で作った楽器なんでしょうか?
ダンボール・ベースが意外にも良い音してて、ちょっと驚き!  (^_^;)
侮れません、ダンボール楽器。  (笑)

演奏しているのは、ジョー(Joe Raciti)さん。
一応!ミュージシャン(ピアニスト)のようです。
かなりユニークな方みたい、、、
”Back baby baby”を聴くと、オフザケで終わっているわけではないことがよ~~く解かります。


ジョーさんの試聴コーナー (myspace)
ジョーさんのオフィシャルサイト

PageTop

気分は北極圏!

AuroraBorealis2.jpg

デッカイ(オリジナル?)サイズはこちら


寝、寝、寝苦しい~~~!
あまりの暑さに目が醒めてしまった。
早朝だというのに室温27度、こりゃ暑いわけだ。  (@_@;)

また、イヤーーな季節がやって来た。
熱帯夜である。
昼間はいくら暑くても我慢は出来るが、夜寝れないのは勘弁してほしい。
クーラーを受け付けない体なので、この時期は犬並みにハアハア。 (笑)
マジ、北海道に移住!したくなりますなあ。

オーロラの写真を見て、
気分はクール、クール、クールと行きましょう。  (^^ゞ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。