音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

TRUE

TRUE MIRACLE Corporate Image Publications 2 MIN SkyExits.com



TRUE MIRACLE

PageTop

山椒は小粒でもピリリと辛い

Kyler England    カイラー・イングランド

Singer- Songwriter Kyler England "Live Wire" unplugged



カイラー・イングランドカイラー・イングランド
1. サムシング・ソー・ビューティフル
2. イフ・ユー・ウォント・ミー・トゥ
3. ナッシング・スーズス・ミー
4. スノウド・イン
5. ホワット・ユーアー・ルッキング・フォー
6. ライブ・ワイヤー
7. ノー・モア・サッド・ソングス
8. デッド・エンド
9. ジーズ・フォー・ウォールズ
10. ハイヤー・グラウンド
11. フローレス
12. ビッグ・シティ
13. ディスティル
14. ランプ   全14曲

ギターが大きいのか、それとも体が小さいのか?
たぶん後者でしょう。
それにしても、ギターが大きく見えますなあ。 (^_^;)

ということで、今回紹介するのはカイラー・イングランドさんです。

ノースカロライナ州出身のシンガー・ソングライター。
現在はロサンジェルスをベースに活動しているようです。

自分の名前(カイラー・イングランド)をタイトルにしたこのアルバムは、カイラーさんが過去にインディーズからリリースしたものからセレクトされたベスト盤的なものです。
日本独自の企画のようで、輸入盤はない模様。

動画(ライブ・ワイヤー、6曲目に収録)は、自宅のリビングでの収録。
それをカイラーさんが自分でアップしております。
「インディーズ・ミュージシャンは辛いよ!」といったところでしょうか。
華奢な体に似合わず意外と声量もあり、その歌声はとても力強い。
小さい体全身を使って共鳴させているかのような歌声は、遠くまでよく響きそう。
静かな出だしから次第に熱を帯びてく5曲目の”ホワット・ユーアー・ルッキング・フォー”も、印象的なメロディでロックテイスト薫る名曲だ。
カイラーさん、気持ちよさそに歌っています。
バッサリ切るような曲の終わり方もいい感じ。
2曲目の”イフ・ユー・ウォント・ミー・トゥ”もしっとりと聴かせてくれる。


インディーズだからといって、体が小さいからといって、バカにはできません。
楽曲、録音ともクオリティー高いっす。
山椒は小粒でもピリリと辛い!
ところでミュージシャンが自分の写真やロゴを入れたTシャツを売り出すのはよくあることだが、カイラーさん、パンツ!!を売ってます。(@_@;)
モデルもカイラーさん自身なんでしょうか?
逞しいのう。
カイラーさん、恐れ入りました&参りました。 m(__)m
あなたは、ソマリアでもブータンでもきっとうまくやっていけることでしょう。 (笑)


カイラーさんの試聴コーナー (myspace)
カイラーさんの試聴コーナー その2 (myspace)
カイラーさんの試聴コーナー その3 (myspace)
カイラーさんのオフィシャルサイト

PageTop

春眠暁を覚えず

The Innocence Mission   イノセンス・ミッション

Over The Rainbow

直リンクはこちら → Youtube


The Innocence Mission  video clip-Brotherhood of Man
(”Brotherhood of Man”は、アルバム We Walked in Songに収録。)


Now the Day Is Over-The Innocence MissionNow the Day Is Over (Amazon)
1. Stay Awake
2. Over the Rainbow
3. What a Wonderful World
4. Moon River
5. Somewhere a Star Shines for Everyone
6. Prelude in A
7. Once Upon a Summertime
8. My Love Goes With You
9. Edelweiss
10. Sonata No. 8
11. Bye-Lo
12. It Is Well With My Soul
13. Now the Day Is Over
全13曲

おちびちゃんがうさぎのぬいぐるみ!?を抱いてスヤスヤと寝ているアルバム・ジャケット。
なんとも微笑ましく、こちらまでニッコリとさせられる。
先日紹介したウィーピーズ(Say I Am You)と同様、ジャケット買いしたくなる秀逸なイラスト・ジャケットだ。
ジャケットに使われている青緑色!?が、眠気を誘います。
おそらく、この青緑色には精神(状態)を安定させる力があるんだろう。
このような優れたアルバム・ジャケットは、LPサイズで欲しくなるものですなあ。 (^^ゞ

ということで、今回紹介するのはThe Innocence Mission(イノセンス・ミッション)の皆さんです。

イノセンス・ミッションは1980年代の初め頃、ペンシルバニア州のランカスターで結成されている。
結成当初はドラム(Steve Brown )がいて4人構成だったが、現在は3人の模様。
メンバーは、先ずボーカル(ギター、キーボードも)担当がカレン・ペリスさん、ギター担当がそのパートナー(夫)でもあるドン・ペリスさん、そしてベース担当がマイク・ビッツさんとなる。
初レコーディングは”Tending the Rose Garden”で、1986年にEPでリリースされている。
リリースしたアルバム(EP,LP,CD等)も10枚になり、20年以上の長きに渡って活動をしている。

さて、最近携帯電話のCMでイノセンス・ミッションが使われていたようです。
あまりにもひっそりとした感じのCMだったので、はじめは気が付きませんでした。(^^ゞ
最近になって、もしかしたらカレンさんと思ったら、やはりそうでした。
イノセンス・ミッションがCMに使われるとはねえ。
時代が彼等(癒し)を求めているのか。
そういう時代になったのか。
感慨深いのう。

このアルバム(Now the Day Is Over)には 、お馴染みの名曲がずらりと並ぶ。
”Over the Rainbow ”
”What a Wonderful World ”
”Moon River”
”Edelweiss”等々、、、
一番の聴き所は、なんといってもジョニ・ミッチェルも絶賛したカレンさんの歌声。
少女のような純真で無垢な歌声が心に響きます。
女性に年(年齢)の話しをするのも何だが(m(__)mペコリ)、1965年生まれで今年で43才!
お年の割には、信じられない!!ほど瑞々しい歌声だ。
まだまだ枯れてはいませんなあ。
カレンさんの歌声の影にはなっているが、ドンさんのギターももう一つの聴き所となっている。
6曲目(ショパンの前奏曲)や10曲目(ベートーヴェンのピアノ・ソナタのギター・バージョン)は、じっくりとドンさんのギターが堪能できる。

このアルバムは、カレンさんが「自分の子供たちに歌って聞かせる「子守唄」というコンセプトで作った」そうです。
アルバム・ジャケットもカレンさん本人によるもの。
童話作家としての才能もあるようです。

特に、11曲目の”Bye-Lo ”を聴くと、ものの数秒で深い眠りに落ち入りそう。
起き掛けに聴くと二度寝、カ・ク・ジ・ツ!ご注意あれ。 (^^ゞ
イノセンス・ミッションがあれば、睡眠薬も必要ありませんな。

PageTop

お疲れのようで (その3)

John Henry Toilet 2 GOD Need Rest Funny Mad TVC SkyExits.com



When was the last time you took a vacation?


間違って女性専用車両に乗り込んだら、

こうするしかないかも、、、 (^_^;)

BGMは一度は聴いたことがあるであろう、プロコル・ハルム(procol harum)の”青い影”

PageTop

お疲れのようで (その2)

John Henry Toilet 1 GOD Need Rest Funny Mad TVC SkyExits.com



When was the last time you took a vacation?


ここにも休息が必要な人が、、、  

入り口はしっかり確認しましょう。  (笑)

PageTop