音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

娘からの贈り物。

South Africa VW Commercial

直リンクはこちら → Youtube


南アフリカのフォルクスワーゲンのCMです。

幼くしてママを亡くした少女、それからは男手ひとつで育てられました。
パパのひざの上で宿題したまだ電気もない日々、でも幸せでした。
ある日パパは娘にネックレスの贈り物をしました。
ママの形見なんでしょうか。
そんな幸せな日々、永遠に続いて欲しいものですが、、、
とうとう娘が田舎を旅立つ日がきました。
パパは涙をこらえ、娘を送り出しました。

それから数年後、娘は帰省しました。
あの日と同じ箱の贈り物を携えて。


車の性能を誇示するかのようなビュンビュン飛ばすCMよりも、こっちのCMのほうが心に残ります。
さり気ないCMですが、心にポッと火が灯って温かくなります。

スポンサーサイト

PageTop

カントリーの超新星!アシュレー・モンロー

Ashley Monroe   アシュレー・モンロー

I Don't Want To


アシュレー・モンローは、テネシー州出身のシンガー・ソングライターである。
年もまだ21才でまだまだ若く、顔もアイドル歌手なみのルックスだ。
しかも曲書くし、アシュレーちゃん、可愛い顔してなかなかやるなー。

今までシングル2曲(Satisfied、I Don't Want To)リリースしているが、アルバムは未だのようです。
アシュレーちゃんの最大の魅力は、その歌声。
涙声とでも言いましょうか、宇多田ヒカルのような人を惹きつける魅力溢れる声を持っている。

将来が益々楽しみな歌手です。
ここんところ、カントリー界は良い素材が出てくるなー。
Kacey Musgravesもそうだし、、、
めちゃ元気です!カントリー!!!

アシュレーちゃんの試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/ashleymonroemusic
アシュレーちゃんのHPhttp://www.ashleymonroemusic.com/

PageTop

楽しい落書き

Julian Beever    ジュリアン・ビーヴァー

Julian Beever at Higherford Mill in Pendle


ただの落書きは不愉快極まりないですが、これは楽しくなります。
落書きもここまでくれば芸術です。

ジュリアンさんはイギリス出身の路面アーティスト。
そのアートもただのアートではない。
いわゆる3Dアート。
ある方向から見ると、立体的に浮かび上がってきます。

歩道に描かれているからいいものの、もし、車道に描かれていたら大パニックですな。
それにしてもリアルだこと。
最後にこどもが出てきて、ニヤリとします。(^_^;)


ジュリアンさんのHPhttp://users.skynet.be/J.Beever/index.html

PageTop

ペコちゃん、援軍現る。

Fujiya & Miyagi   フジヤ&ミヤギ

Fujiya & Miyagi Ankle Injuries


Transparent Things-FujiyaMiyagiTransparent Things
 スティーブ・ルイスーFujiyaー(シンセ)
 デイヴィッド・ベストーMiyagiー(Vo,G)
 マット・ハインズビー (B)
Ankle Injuries /Collarbone / Photocopier /
Conductor 71 /Transparent Things /
Sucker Punch /In One Ear & Out the Other /
Cassettesingle /Cylinders /
Reeboks in Heaven        全10曲

名前からして日本のミュージシャンと思いきや、イギリス出身のバンドである。
何故にフジヤ&ミヤギなんだろう?
フジヤはレコード・プレイヤーの名前で、ミヤギは映画“ベストキッド”の空手の師匠のミヤギ氏からきているようだ。
(間違っていたらごめんなさい)
フジヤというオーディオメーカー、そんなの聞いたことねえ♪、そんなの聞いたことねえ♪。
中国あたりのバッタ物でしょうか。(^^ゞ
まあ、いずれにせよ、ペコちゃんが泣いて喜びそうな名前ではある。
不二家さん、消費者第一、正直に誠実にがんばってください。

ベースのビート音に乗っかって、デイヴィッドさんが呟くように歌っています。
おもわず「お前はつぶやきシローか」と、ツッコミを入れたくなります(^^ゞ
不思議な魅力を持ったバンドです。
サイコロを使ったPVも、バンド同様超個性的で面白い。
これは実写なんでしょうか?
実写としたら、おそろしく手間がかかりますなあ。

ブライアン(イーノ)さんみたく、クセになる音楽です。
いったん、このアリ地獄に入りこんだら抜け出せなくなるかも(^_^;)


Fujiya & Miyagiの試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/fujiyaandmiyagi
Fujiya & MiyagiのHPhttp://www.fujiya-miyagi.co.uk/

PageTop

知られざる実力者

Patty Griffin   パティ・グリフィン

Heavenly Day


Children Running Through-Patty Griffin 
Children Running Through
You'll Remember /Stay On The Ride /Trapeze
Getting Ready /Burgundy Shoes /Heavenly Day
No Bad News /Railroad Wings /
Up To The Mountains (MLK Song) / I Don't Ever Give Up
Someone Else's Tomorrow / Crying Over  全12曲


パティ・グリフィンの最新作”Children Running Through ”からの一曲Heavenly Dayをイメージして作られた、スライドショーのようである。
パティ・ファンが作ったんでしょうか。
音楽はもちろん良かったけど、写真にも癒やされました。

パティ・グリフィンは1964年3月に、アメリカのメーン州に7人兄弟の末っ子として生まれている。
16才のときに50ドルでギターを買い、作曲を始めている。
高校卒業後ミュージシャンの Nick Cobb と結婚して、ボストンへ引っ越す。
ボストンではピザ・レストランでウェイトレスをしていて、当時は歌手になるとは考えてもいなかったという。
主婦からシンガー・ソングライターですか、
人生どう転ぶか分かりませんな。
今では、彼女の曲が多くのミュージシャンによってカバーされるほど、一目も二目も置かれるミュージシャンになってしまった。
ベット・ミドラー、リンダ・ロンシュタット、ディクシー・チックス等、そうそうたるメンバー達によって採り上げられたことが、彼女の楽曲のすばらしさを証明している。

さて、最新作”Children Running Through ”だが、粒ぞろいの佳作がギッシリ詰まっている。
ロック調の曲もあるが、彼女の真骨頂はスロー・バラードに尽きる。
Heavenly Day、You'll Remember、Burgundy Shoes は、特に上出来です。

パティさんの存在感ある声は、これからもずっと支持されることでしょう。
要注目です。


パティさんの試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/pattygriffin
パティさんのHPhttp://www.pattygriffin.com/welcome.php

PageTop

I Love 田舎!

Takacha   タカチャ

Nayamy - Takacha


I LOVE 田舎ータカチャ I LOVE 田舎
~はじまり~、 ソノサキニ 、 Riding in You 、
真っ白 My Way feat.King Chang 、MOVIN!! 、
~浜辺から~、海見て... 、Oyoggytiner、
らしく feat.King Chang,サウンドランド 、
on da groove 、nayamy 、雨ニモ...風ニモ... 、
穴だらけ、~Live in タカチャ 6~、
letter、田舎 H18         全16曲

ことある毎に『青森県、八戸市、レゲエ・アンド・ブルースシンガーのタカチャです。』と、自己紹介するタカチャ。
その甲斐あってか、去年の6月には地元八戸市の「特派大使」に任命されている。
24才での任命は歴代最年少とのこと。
いまどき珍しい!郷土愛に満ち溢れた青年である。

タカチャは1981年10月に、青森県の港町・八戸に生まれている。
両親が音楽教師ということで、音楽するには恵まれた環境に育っている。
高校を中退し、当時のバンドで上京している。
なんとそのバンドがヘビーメタル・バンドとは、驚き!!
ちょっと、想像つきませんけど、、、
バンド解散後は鳶職で生計を立てながら、独学で作曲及びライブ活動を展開。
タカチャさんも、なかなかの苦労人ですなあ。
そんな努力の甲斐あって、去年の7月にマキシシングル「ソノサキニ」でエピックレコードからメジャー・デビューを果たしている。
SMAPに楽曲(優しい言葉、Sweet Summer Surfing Season、Shigusa、Nai Yai Yai計4曲)を提供してるだけあって、その実力は折紙つきだ。

ところで、北国の八戸からレゲエ歌手が誕生するとは驚きであり、想定外の出来事である。
ゴスペラーズ(北山陽一)が誕生する土壌はあるが、レゲエ歌手はねえ???
まあ、嬉しい想定外といったところでしょうか。

去年7月にリリースしたアルバムには、”I LOVE 田舎”とタイトルが付けられている。
アルバムジャケットのI LOVE八戸Tシャツを着たタカチャさん、とっても誇らしげ。
タカチャさん、よっぽど田舎(八戸)を愛してるんでしょうね。
ソノサキニ、MOVIN!!、田舎H18 とずらり佳作が並びますが、お薦めはなんといっても”雨ニモ...風ニモ... ”と ”nayamy”。
初めて聴いたときは「ケツメの新譜かいな?」と思いました(笑)。
チープなアナログ的電子音(効果音)!?というか、音創りも個性的で面白い。
是非とも聴いてみてタカチャワールドを堪能してください。
お薦めです。

ところで、ハンチング帽止めたのなんでだろう~♪、なんでだろう~♪。
逆ならハゲ隠しですが (^^ゞ
とっても似合っていたのに、、、


タカチャ・ネットhttp://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/takacha/

PageTop

テキサスの荒馬、SRV

Stevie Ray Vaughan and Double Trouble    スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

In the Beginning  SRV In the Beginning
  Stevie Ray Vaughan(Vo,G)
  Chris Layton(Dr) Jackie Newhouse(B)
in the open/slide thing/they call me guitar hurricane/all your love I miss loving/tin pan alley/love struck baby/tell me/shake for me/live another day


テキサスの荒馬こと、スティーヴィー・レイ・ヴォーン(SRV)。
ギタリストを志した者なら、一度は耳にしたことがあるだろう。
もう早いもので彼が亡くなってから17年が過ぎてしまった。

スティーヴィーは、1954年10月にテキサス州ダラスに生まれている。
3才年上の兄ジミーの影響でバディ・ガイ、アルバート・キング、ジミ・ヘンドリックス等を愛聴するようになり、ギターを弾くようになる。
13才の時、兄のバンドのベーシストとして初めてステージに立つ。
その後同じテキサスのオースティンに本拠を移し、活動している。

このアルバム(In the Begining)は彼が亡くなった後にリリースされた未発表のライブ盤で、生前にリリースしたファースト・アルバム(Texas Flood )より3年前の演奏が記録されている。
実質的にこのアルバムがStevie Ray Vaughan and Double Trouble のファースト・アルバムと言えよう。
このIn the Beginingは1980年4月にFM番組の為に行なったコンサートを収録したライブ・アルバムである。
残念なことに、このコンサートの全貌は捉えられていない。
なんと、演奏が終わる前に録音テープが終わったそうだ。
「んな、アホな!」
カメラマンがフィルムを忘れるようなもんだ。
大沢親分じゃありませんが、「喝!!」を入れたい。

9曲中3曲がオリジナルで、他はフレディ・キング、オーティス・ラッシュ、ウィリー・ディクソン等の名曲がずらりと並んでます。
MCのバンド紹介が終わるや否や待ってましたとばかり、フレディのin the openで勢いよく飛び出してきます。
いきなしエンジン全開フルスロットル、おもわず「おーい、先はまだまだ長いぞー」と言いたくなります(^^ゞ
2曲目のslide thingはオリジナルの歌なしのインストで、スライド・ギターをこれでもかとばかり歪ませております。
実はSRVはギターを純粋に楽しみたいので、歌なしでも全然OKな管理人です。
そして最大の聴き所は、なんといってもウィリー・ディクソンのshake for meでしょう。
躍動感溢れるぶっといギター音で、その跳ねること跳ねること。
正しくテキサスの荒馬ですな。
こんこんと溢れ出る湧き水のようなギターフレーズは、一瞬の迷いもありません。
「考えるな、感じろ!」
そうです、スティーヴィー・レイ・ヴォーンは感じる音楽なのです。
頭をカラッポにして聴いてみてください。
スティーヴィーの激烈でホットな極太サウンドは、あなたの脳天を直撃することでしょう。


ギター小僧も大満足!?のvideo clip3連発(インスト曲で本領発揮してます)
Tornado Jam 1980http://www.youtube.com/watch?v=v8UJbqKqBoI
Live In Berlin Part 1http://www.youtube.com/watch?v=vcHlMyQ9JVQ
Live In Berlin Part 2http://www.youtube.com/watch?v=IpHzyz_YNH4

PageTop

アメ・アイ組には負けるな!

Kelly Sweet   ケリー・スウィート

Kelly Sweet video clip


人柄も二重丸、大器の片鱗が垣間見られるプロモートでの熱唱、こちらもどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=ZpHHhOWj-qA

20071020081202.jpg ウィー・アー・ワン(初回限定価格)
   国内盤 ボーナス・トラック2曲プラス

   We Are One
   Raincoat
   Dream On    
           含む全14曲  
  

ケリー・スウィート、3月(国内盤は8月)にデビュー・アルバムをリリースしたばかりの新進気鋭のシンガーである。
現在19才ですが、新譜のプロモート時にはエイティーン(18才)と紹介されている。
ということは、録音されたのはそれより前ってこと!!!
恐るべし、ティーンエイジャーである。

ケリー・スウィートは、アメリカはマサチューセッツ州ケープコッドに生まれている。
父親はジャズ・ピアニストで、母親も芸術家である。
幼児の頃より、音楽に対する愛着と敬意を植えつけられてきたそうだ。

7才の時に両親が離婚し、母親とともにユタ州カナブという砂漠地帯の小さな町に引越している。
ユタというとトンボメガネで有名になったケントさんの出身地だったような、、、
日本でいうと山形や秋田のような田舎なんでしょうか。
山形、秋田のみなさん、ごめんなさいm(__)m

ケリーと母親はケリーがシンガーとして成功することを夢見て、州の催しや地域の劇場で歌い始める。
ついには家を人に貸し、2年間に及ぶ公演の旅!に出る。
凄いっすなあ、よっぽど子供(の才能)を信じてないとなかなか出来るものではありません。
きっとホテルのベッドで寝るより、車(キャンピング・カー)で寝る方が多かったんでしょう。
泣けてきますな。
そんな地道な努力の甲斐あって、CDデビューに漕ぎ付けたわけである。

所属レコード会社(Razor & Tie)がインディーズということもあって、ケリーさん自らプロモートビデオをyoutubeにアップしている。
またまた、泣けてきます。
恵まれているアメリカン・アイドル出身組には、意地でも負けて欲しくない。

肝心の歌はというと、一言で言っちゃうと上品!
清涼感のある透き通った声で、高音も良く伸びてます。
最初の3曲が聴き所です。

10代でこれだけ歌えると申し分ないでしょう。
羨ましいほど才能に満ち溢れています。
これからどれだけ伸びていくんでしょう。
もっともっと人生経験積んだ10年後、20年後、30年後にまた聴きたいものです。


ケリーさんの試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/kellysweetmusic
ケリーさんのHPhttp://www.kelly-sweet.com/

PageTop

恋に破れし者への子守唄

Ethel Ennis   エセル・エニス

Ethel Ennis lu ララバイズ・フォー・ルーザーズ
  
  エセル・エニス(Vo)
  ハンク・ジョーンズ(P) エディ・ビッグス(G) 
  アビー・ベイカー(B) ケニー・クラーク(Ds) 

  ラヴ・フォー・セール、ドリーマー・ドリーマー、ヘイ・ジャック、
  ララバイ・フォー・ルーザーズ等含む全11曲   1955年録音

エセル・エニスにとって初レコーディング(デビューアルバム)となった”ララバイズ・フォー・ルーザーズ”、この時弱冠23才!!、驚きである。
23才にしてこの完成度、後が大変である。
案の定、彼女はヘレン・メリルと同様、デビュー作を超えられなかった、、、

エセル・エニスは1932年にボルチモアで生まれている。
当時両親は貧乏のどん底にあり、産むか堕胎するか迷ったそうだ。
もし堕胎を選択していたら、彼女の名作も誕生していない。
グレート・マザー、産んでくれてありがとう。

子供の頃から母親にピアノの手ほどきを受け、13才のときにはもう既にピアノでお金を稼ぎはじめていたそうだ。
15才の頃からはクラブでピアノの弾き語りをしている。
なんとも早熟ですなあ。
当地のクラブのオーナー、ジョージ・フォックスがマネージャーとなり、レコード会社(ジュビリー)に売り込んでレコーディングされたのが、本アルバムというわけである。

さて、本題に入るとしよう。
構成はジャズ・ヴォーカルとして最も理想的なギター・カルテット(ギター+ピアノトリオ)。
でも、エディさんのギターはあまり目立っておりません(^_^;)
なんといってもハンク・ジョーンズのピアノ、珠を転がすような音色でエセルに寄り添うように伴奏しております。
アルバムタイトル”ララバイズ・フォー・ルーザーズ”(恋に破れし者への子守唄)にある通り、スローなバラード集となっております。

アルバム・タイトル曲を差し置いて、”ヘイ・ジャック”が一番の聴き所となっている。
そばに寄ってきて懇願するように歌ってます。
これではたいていの男たちはコロッと逝っちまいますなあ、正しく昇天 (^^ゞ

こんな素晴らしいアルバムが廃盤なんて、がっかりである。


エセルさんのお薦め動画 → I've Got That Feeling

PageTop

マジー・スター、マジ骨抜きされます。

Mazzy Star   マジー・スター

Fade Into You - Mazzy Star


So Tonight That I Might See-Mazzy Star So Tonight That I Might See
 マジー・スターのセカンド・アルバム

  ホープ・サンドヴァル(Vo)
  デヴィッド・ロバック(G)
  Fade Into You含む全10曲


マジー・スター、1990年代に活躍した米国のバンドである。
90年代に3作発表していて、これは2作目になる。
それ以来アルバムはリリースされていないが、解散はしていない模様だ。

スタイル(ジャンル)は、カントリー、フォーク、ロックを足して3で割ったような感じで、曲によってはブルース的なアプローチも見られる。
掴みどころのないというか、ジャンル間を浮遊(超越)しているようなオンリーワンなバンドだ。

ボーカルのホープ・サンドヴァルは、物憂げで気だるく高揚することもなく淡々と歌っている。
まあ何というか、元気ハツラツのま逆という感じです。
ギター(スティール・ギター含む)サウンドも浮遊感たっぷりで、この二つがマジー・スターを特異なバンドとして特徴付けている。

ポープさんの歌声は麻薬的な魅力を持っており、それにどっぷり浸かると骨抜きされそうです。(^^ゞ
代表曲”Fade Into You”は特に魅力たっぷりなので、ご注意、ご注意!

PageTop

武骨な男たちの子守唄

George Coleman   ジョージ・コールマン

My Horns of Plenty 1My Horns of Plenty 2
My Horns of Plenty
George Coleman(sax)
Harold Mabern(p)
Ray Drummond(b)
Billy Higgins(ds)


lush life、 conrad、 my romance、 the sheik of araby、
you mean so much to me、  old folks        全6曲


いつの間にやら、ジョージ・コールマンの隠れ名盤”my horns of plenty”が再発されていた。
信頼の置けるDreyfusからリリースされたとはいえ、購買意欲を激しく削ぐしょぼい!アルバムジャケットである。
プライスもこれに輪をかけて、しょぼい!!
アマゾンのマーケットプレイスで912円、しかも新品。
内容に比べたら非常にコストパフォーマンスが高いといえよう。満足度絶大なり。
ジョージさん、ありがとう (T_T)
ちなみに左の青い方がオリジナル(デザインセンス良し)で、右の紫がダサダサ、ショボショボの再発盤です。

さて、本題に入るとしよう。
録音されたのは1991年で、もう16年も前のことである。
発売当時、「おお、これは凄い!」とおもわず一人興奮したものだが、世間ではあまり話題にならなかった記憶がある。
今思い出してもジョージさん共々、くやしい思いをしましたなあ。(おまえは戦友か(^^ゞ)

6曲中4曲がテナーで、ソプラノ(conrad)、アルト(old folks)が各々1曲。
演奏時間も例のごとく長いっす。
10分越え4曲、あとは9分と3分。
しかし、この長さが全然気になりません。
一気に聴かせてくれます。

演奏は一言でいうと、チャーミング!!
武骨な男が赤ん坊をあやしているといえば、分かってもらえるかな!?
これに輪をかけてピアノのハロルドさんも(負けじと)チャーミング。
武骨な男二人が一生懸命赤ん坊をあやしてます (^_^;)
かくして、名盤は生まれたのでありました。

ホラー映画じゃありませんが、決して二人の顔を見ないでください(笑)
ギャップに驚きます。
夢が、夢が、壊れていく~。
ジョージさん、ハロルドさん、ごめんなさいm(__)m


誘惑に負けちまったよ~んという方はこちらをどうぞ (^_^;)
ジョージさんの動画(George Coleman & Ahmed Jamal - My foolish heart )
http://www.youtube.com/watch?v=AjBjnL2ZrJU

PageTop

ユー・アー・クレイジー!!

marry me


ユー・アー・クレイジー!!
愛情がたっぷりと込められたユー・アー・クレイジーである。

おバカ!?なことを一生懸命やる。
実生活ではなかなか出来るものではありません。
しがらみ、照れ、プライド等、ありますから、、、

恋に臆することなく突進するスカイダイビングおバカ!?野郎、ある意味とっても羨ましっすなあ。
人生一度はこういうおバカ!?をしてみたい、、、

幸せになれる動画って、ええですなあ。

PageTop

ノラちゃんピアノを弾くの巻

Nora: The Sequel - Better than the original!


ノラはノラでもノラネコではない。
もちろん、ノラ・ジョーンズでもない。
ピアノ弾きネコで有名になった、ノラちゃんである。

以前に比べ、だいぶ進歩している。
そのうちCDでも出そうな勢いである。

なんか顔も凛々しくなってきたような、、、(^_^;)

PageTop

知ってますか成底ゆう子?心に沁みます。

Narisoko Yuhko   成底ゆう子

真っ赤なデイゴの咲く小径

直リンクはこちら → Youtube

秋色は満月の恋

直リンクはこちら → Youtube

DEIGO 成底ゆう子 DEIGO (Amazon)
 真っ赤なデイゴの咲く小径 
 風灯り
 てぃんがーら(天の川)
 秋色は満月の恋 
 涙
 想い人、母よ
 月ぬ美しゃ(沖縄民謡)     全7曲

沖縄出身の女性ソロ歌手といったら、安室奈美恵、夏川りみを思い浮かべる人は多いだろう。
成底さんと口に出そうものなら、きっと「誰、それ?」と言われるに違いない。

(ここで成底さんの簡単なプロフィール紹介です。)
成底ゆう子、沖縄は石垣島出身の歌手(シンガー・ソングライター)
親戚が民謡歌手だったため、幼少のころから沖縄民謡に親しむ。
クラシック好きの父の影響からピアノを習い始める。
高校時代に音楽祭でBEGINと共演する。
武蔵野音大入学と同時に上京。
本格的に声楽を学んだ後、イタリアに研修。
帰国後、自分の歌を歌うことに目覚め、ルーツを見つめ直す。
その時、体からでてきたのは、どこか懐かしいメロディーだった。
                       ~DEIGOのライナーノーツより~

DEIGOを聴くにあたって、キーワードとなるのが親と子の絆である。
1曲目「真っ赤なデイゴの咲く小径」は両親(とりわけ父親)と娘の、
6曲目「想い人、母よ」は母親と娘の絆を切々と歌っている。

先ず、「真っ赤なデイゴの咲く小径」

~咲いた咲いたよ 春の花
 晴れ渡るデイゴの咲く小径~

沖縄の県花はハイビスカスではなくて、このデイゴだそうな。
原産がインドのマメ科喬木落葉樹で、3~5月に深紅色の燃え立つような花を咲かせる。
沖縄県民にとっては内地の桜に抱く感情と同じなんだろうか。

~夢見てたようには ままならん
 生きる難しさ 知りました
 いつからか 都会の渦の中 
 親のお金 遊びに消えました~

~島で過ごした夏休み 
 空港に駆けつけた父が
 手渡したのは 土がついた
 お金でした~

農作業の合間に駆けつけたんでしょうか。
土がついたお金(お札)、、、、、泣かせます。

~親の情けも知らないで
 わがままな娘を許してと
 泣き泣き手を振る私に
 「体だけは大事にしなさい」と~

デイゴが咲きほこる春に、しみじみと聴いてみたいものです。

これに対をなす「想い人、母よ」

~母に手を引かれて 歩きはじめた道を
 今では 母の手を取りながら 寄り添い歩いてます~

~夢を追いかけては 崩れ去る憧れ
 心が濡れる切ない夜は あなたが宿ります~

~母よ 生きる為 あなた 泣かせました
 頬を打つ手に 命を削る優しさ知りました~ 

泣いて馬謖を斬るという故事がありますが、お母さんどういう思いでビンタしたんでしょう。
そこには深~い深~い愛情があったはず。
お母さんも心が痛かった、、、、、
それこそ命削っての叱咤激励!

他にも、
「秋色は満月の恋」、、、、、大人の子守唄
「月ぬ美しゃ」、、、、、、、、アカペラで歌われる沖縄民謡
                成底ゆう子のルーツ

成底ゆう子は心のビタミン剤。
揺るぎない歌唱力、柔らかい歌声であなたの心を鷲掴みにすることでしょう。


成底さんのオフィシャルブログ
成底さんのオフィシャルサイト

PageTop

ちび太ギタリスト

8 year old kid makeing guitar solo


出た、ちび太ギタリスト(cj?君ごめんなさい)
手に持ってるのは、おでんならぬギター。

これで8才、シェーざんす!
まだ小学3年生ですか、う~む。

歓声の快感を覚えたCJ君、これからも更に練習に励むだろう。
10年後が楽しみだにゃ~。

PageTop

ジェシー・ベイリン

Jessie Baylin   ジェシー・ベイリン

Jessie Baylin  Youアメリカ・カルフォルニアをベースに活動しているジェシー・ベイリン。
1984年生まれの23才!、まだまだ若いっす。
そんなジェシーさん、今年の3月にデビュー・アルバム”You!”をリリースしたばかり。
その中の1曲、”Leave Your Mark”は必聴!!
ゆったりとしたテンポで始まるこの曲は、緊張とは無縁でとってもリラックスできる。
セルフ合の手とでも申しましょうか、合の手が良いアクセントになって良い塩梅に仕上がりました。
デビュー・アルバムにしては、上出来です。

それにしても、この佳作がアマゾンにもタワーにもHMVにもないとは、
トホホである。


ジェシーさんの試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/jessiebaylin

PageTop

必殺、ギター職人

Gustavo Guerra

Guitar Black Magic Reb Beach


このギター小僧は凄い。
小僧は失礼か、20代前半に見えるので、ギター青年というべきか。
まあ、見てください。
いとも簡単に易々とギターを弾いとります。
弾くというよりは弾き倒してると言った方がピッタリかも。
これだけ弾かれたらギターも本望でしょう。

ギター青年グスタヴォ君、名前からして東欧出身かなと思いきや国籍はブラジルのようです。
CDデビューもまだのようで、プロなのかアマなのかも分かりません。
多分、スタジオ・ミュージシャンなのでしょう。
(間違ってたら、ごめんなさい)

スタジオ・ミュージシャンにしておくには、もったいない!!!
メンバー集めてCDデビューさせたら大ヒット間違いなし、、、かも。


グスタヴォ君の試聴コーナー(myspace)http://www.myspace.com/guitaristgustavoguerra
グスタヴォ君のHP(youtube)http://br.youtube.com/videosgustavoguerra

PageTop

e-sound speaker、オーディオ・メーカー?

おわらないものがたり

プロフィールに追加する | もっと見る
20071006190525.jpgOTOTOIRO e-sound speaker

 e-sound speaker 日本のミュージシャンです。
 大迫 章弘(G,Vo)、並木 教人(B,Vo)、二人からなるユニット
 ”おわらないものがたり”を含む全10曲



e-sound speaker、以前はEMOTIONAL SOUND SPEAKERと名乗っていたそうな。
2002年に現在のe-sound speakerに改名。
バンド名らしからぬ名前である。
どこかのオーディオメーカーじゃあるまいし、、、(^_^;)
かなり奇抜です。

音楽はというと、バンド名と違ってそんなに奇抜ではありません。
どちらかというと、心地よい音楽です。
ポスト・ロック、音響系と形容される彼等だが、ポスト・ロックは置いといて音響系とは何???
たしかに音作りというかサウンドは一味も二味も違ってて、個性的で面白い。
大迫のボーカルもフレーズの最後に強める発声をしてて、これが空間に漂うような心地良さに繋がっている。
これもe-sound speakerの魅力の一つ。

最近ではテレビ番組のエンディング曲に採用されたりして、才能が認められつつある。
さすが、分かっている人は分かってますな。

才能あるだけにブレーク必至、、、、、かも!?


e-sound speakerの試聴コーナー(myspace)
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=1000355309
e-sound speakerのHPhttp://www12.plala.or.jp/vitality/ess/
e-sound speakerのブログhttp://esound.exblog.jp/

PageTop

ETV特集 不屈のシンガー馬場俊英

いよいよ馬場俊英のメッセージが映像とともに届けられる。

  10月7日(日)22:00〜22:59(NHK教育テレビ)
  ETV特集
  『生きづらい時代の大人たちへ〜シンガー・馬場俊英のメッセージ~』

新聞に活字が躍っています。
 リストラに負けない
 40歳・不屈のシンガー 馬場俊英
 生きずらい時代の応援歌
 心の傷を癒やす

とうとうこの日が来たんですね。

思い起こせば6年前、リストラ後に行なったインストア・ライブ。
集まったのはたったの10人。
聴く者も少ない宴会の席でのライブ等、
不遇の時代も歌い続けてきた、馬場俊英。

やっと、やっと、思いがこちらに届きました。

改めて馬場作品を見てみると、どん底を味わってきたからこそ分かる優しさに満ち満ちている。
歌詞は、おそらくほぼ実体験でしょう。
所どころ、ツッコミを入れたくなる所もありますが、、、(^^ゞ
メッセージに説得力があります。
馬場ちゃんの作品は、疲れきった現代人には大きな癒やしであり、特効薬でもあります。
愛すべき馬場作品、馬場ちゃんにとっても宝であり、ファンにとっても大事な大事な人生の応援歌、共有して大切にしたい宝物。
馬場作品は、馬場ちゃんの人柄と相成って、ますます愛されていくだろう。

という訳で、
みなさ~ん、夜10時にはテレビ前に集合ですよ!!!


馬場作品の新作お薦め盤(15%off)青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
馬場作品の究極のお薦め盤BOYS ON THE RUN 4 SONGS

PageTop

馬場俊英動画ザンマイ

一度戦力外通告を受けた男、馬場俊英。
「あなたはもう必要ありません」とリストラされた男、馬場俊英。

そんな馬場ちゃんがここにきて、スンゴイことになってきました。

  明日の見えない長い不遇の時代を経て、ザ・サンディーを皮切りにテレビで紹介
  されることも多くなり、それに伴い共感者(ファン)が急拡大中。
  そのファンも偏ることなく、幅広~い層から支持されてきている。

今日もNHKの「MUSIC JAPAN」、7日にはETV特集
『生きづらい時代の大人たちへ〜シンガー・馬場俊英のメッセージ〜』と快進撃が続く。
再契約して2年あまり、人生こうも変わるもんでしょうか!?
やっと、時代が馬場ちゃんに追いついてきました。
馬場ちゃんの歌を視聴して、彼の生き様を噛み締めたいものです。

という訳で、馬場ちゃんの動画特集です。

biglobeストリームhttp://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_babatoshihide.html
barkshttp://www.barks.jp/watch/?id=1000019774
yahoo!動画http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00125/v02110/
showtimehttp://www.showtime.jp/special/music/baba2/
gyaohttp://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0042742/
イープラスhttp://mv-jpop.eplus2.jp/article/54926020.html
oriconstylehttp://www.oricon.co.jp/music/interview/070718_06.html
MSNミュージックhttp://music.jp.msn.com/release/514_3.htm
MUSICOhttp://musico.jp/contents/contents_index.aspx?id=tYQT5
ペニーレーン(名古屋公演ダイジェスト)
http://www.pennylane.tv/sp/070509-1/index.html
ペニーレーン(大阪公演ダイジェスト)
http://www.pennylane.tv/sp/070509-2/index.html
ペニーーレーン(東京公演ダイジェスト)
http://www.pennylane.tv/sp/070425/index.html

馬場ちゃんの究極のお薦め盤 BOYS ON THE RUN 4 SONGS
BOYS ON THE RUN 4 SONGS
名曲ボーイズ・オン・ザ・ラン、スタートラインに隠れてあまり目立ちませんが、長尺の「男たちへ 女たちへ 」にはやられました。

寝る前(寝起き後)、枕元で聴いてみてください。
きっと枕を涙で濡らすことでしょう、泣けます。

PageTop

恐るべし!タイCM パート4

、Thai Insurance CM お爺ちゃん編

Thai Insurance CM お婆ちゃん編


”私のお墓の前で泣かないでください”という名曲がありますが、
お爺ちゃん、若くして亡くなったお婆ちゃんの為に泣かずに二胡を弾いてます。
お婆ちゃん思いのお爺ちゃんですな。

右手が不自由なお婆ちゃん、ピアノを恨めしそうに見ています。
それを気にかけていた娘(嫁)?が、一計を案じました。
なるほど、二人で連弾、美しいメロディーが奏でられました。
そういう手があったんですね。

PageTop

恐るべし!タイCM パート3

thai insurance CM 父と娘編

Thai Insurance CM 父と息子編


父親とその子供の関係(絆)を扱ったCMです。
父と娘編は役者が日本人に見えますが、どうなんでしょう?
へたなドラマよりよく出来てます。

恐るべし!タイCM

続く、、、

PageTop

恐るべし!タイCM  パート2

Thai Insurance CM - "ダディ"


命が燃え尽きる前に、
間に合ったー!、我が子との対面。
愛らしい小さな手がいとおしい。

この子は母親思いの孝行息子(娘)になるだろう、きっと。

続く、、、

PageTop

世界のKamiyama

kamiyama

直リンクはこちら → Youtube


昨日、”行列のできる法律相談所”で紹介されていたKamiyama.

これは凄い、おもわず唸りました。
パントマイムとマジックとミュージックの融合といいましょうか、
従来のパントマイムとはかなり趣を異にしている。
ひとつひとつの動きがスピーディーで、しかもクオリティーも高い。
溢れんばかりの才能を感じさせます。
日本人として世界に出しても恥ずかしくない数少ないパフォーマーといえるでしょう。


パントマイムということで声を発しないようですが、一度は生声を聞いてみたいものです(^^ゞ


Kamiyamaのオフィシャルサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。