音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

ブルース・ウーマン

Erja Lyytinen   イリア・ライチネン

Erja Lyytinen It Hurts Me Too

直リンクはこちら → Youtube

北欧フィンランド出身のブルース・ウーマンである。
母国では”フィンランドのボニー・レイット”と呼ばれているそうな。
なんかブルースとは超不釣合いな美人さんですなあ。

そんなイリアさん、エルモアの愛唱歌It Hurts Me Tooを熱唱しております。
(この曲を含めエルモアの作品を演奏するミュージシャンは多い。)
エルモア(ジェームス)が亡くなってからだいぶ経つが、未だにその影響力は大ですな。
歌もさることながら、ギターテクもなかなかのもんです。

ちなみにこの曲は、アルバムDreamland Blues に収録されております。

Dreamland Blues-Erja LyytinenDreamland Blues (Amazon)
Skinny Girl /Why A Woman Plays The Blues /Best For You /It Hurts Me Too /Mississippi Callin' /I Need Love (To Get Over You) /Good Lovin' Man /Dreamland Blues/Nasty Weather /Join Everyone /Voyager's Rest/Lady
全12曲

Dreamland Blues の試聴はこちら→Amazon

イリアさんのHPhttp://www.erjalyytinen.com/

PageTop

ブラジルのわんこは元気かのう?

昨日紹介したセルソさん繋がりで、今日紹介するのはchieさんです。
chieさんというよりはchieちゃんと呼びたくなる風貌ですが、、、
やはりその可愛い!?笑顔を見てしまうと自然とchieちゃんになってしまいますが、ちゃん付けお許しくだされ。

さて、そのchieちゃんが新譜をリリースするらしい。
sabiaから3年以上開いてしまったが、届けられるまではTravessiaなど聴きながら楽しみに待つこととしよう。
このsabia選曲がすばらしく(ジョビン、カエターノ、ボスコときたもんだ)、もちろん歌もすばらしく、お薦めできます。
今度のアルバムではどんな曲が採用されるのか、ハラハラドキドキワクワクしますな。
ところで、ブラジルで飼ってたわんこはどうなったんだろうか?
アパート管理人?のところで元気にしているのかな。


試聴はこちらhttp://www.videoartsmusic.com/new_release/0407vach1002.html
chieちゃんのHPhttp://www.chie.ne.jp/index.html

PageTop

現在進行形ボサノヴァ

Celso Fonseca   セルソ・フォンセカ

Slow Motion Bossa Nova


昨日紹介したクララさんのギター伴奏してた人が、今日紹介するセルソ・フォンセカだ。
彼の代表作スローモーション・ボサノヴァのPVである。
(正確に言うと、ロナルド・バストフ(作詞)との共作、このロナルドさんも実に良い声してます。)

myspaceで公開している写真を見ると、とっても人懐っこい笑顔ですな。
きっと、いいヤツに違いない(断言)
どうやらその予想は大当たりしたようだ。
公式HPでリーダー作(7枚)全曲試聴可ときたもんだ。
しかも秒単位ではなくて、フルバージョン!!!
(全曲確認していないので、間違っていたらごめんなさい。)
太っ腹でんな、セルソさん。

というわけで、たっぷり堪能しちゃってください。
ちなみに彼の代表作スローモーション・ボサノヴァは、ボサノヴァを代表するほどの大名盤である。
どれほどスンゴイかって、それは聴いてからのお楽しみ。
それから、国内盤の方が別テイクも付いてて、しかもヤスイっす。


セルソさんの試聴コーナー
http://www.celsofonseca.com.br/sec_discografia_list.php
セルソさんのHPhttp://www.celsofonseca.com.br/

PageTop

お知らせ

カウンター、ミニアクアリウム、クリック募金、
追加しました。

今後ともよろしくです。

PageTop

体が欲するんです。

Clara Moreno   クララ・モレーノ

clara moreno  ela vai pro mar


クララ・モレーノのMeu Samba Torto のPVである。
曲はEla Vai Pro Mar で、ギター伴奏はセルソ・フォンセカ。
カメラマンがあまりにもヘタッピーで、目の回ること回ること(@_@;)
あるいは、わざとそういう作りをしたのか。
映像はペケでも、音声(歌&伴奏)は極上である。

毎年この時期になると、無性にボサノヴァが聴きたくなる。
体が欲しているんでしょうな(笑)
シンプルでアコースティックなボサノヴァ好きにはピッタリ。
アルバム全体がPVのような感じとなっており、お薦めできます。


クララさんのHP(myspace)http://www.myspace.com/claramoreno

PageTop