音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ディーーープ・ヴォイス!!、、、アリソン・チェイス・ラドクリフ嬢。

Alison Chase Radcliffe   アリソン・チェイス・ラドクリフ(?)

Bright Morning Stars

(アルバム未収録)

I Want Jesus To Walk With Me



Various - Songs of Peace and Forgiveness
Songs of Peace and Forgiveness (Amazon mp3)


パワフルでディーーーーーーーーーープ!!!

兎に角、マリアナ海溝のように深~~~~~い歌声である。

声の持ち主は、アリソン・チェイス・ラドクリフ(Alison Chase Radcliffe)さん。

アメリカ・バージニア州アリソニア在住の芸術家(音楽だけではなく絵も描く)

ただ今、パートナー(?)アレン(Allen Holmes)さんと活動中。

ピアノの伴奏(だけ)でもっともっと聴きたくなるアリソンさんである。

今後が楽しみだのう。


関連記事
魂を揺さぶるマヘリア・ジャクソン

アリソンさんの facebook

スポンサーサイト

PageTop

残暑厳しい中、アーチー・ブラウンリーを聴く。

The Five Blind Boys of Mississippi
ザ・ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ

Sending up my timber


Where There's A Will

The Best of the Five Blind Boys of Mississippi (Amazon mp3) に収録。

Take your burdens to Jesus

You Done What the Doctor Couldn't Do (Amazon mp3) に収録。

oh why


Our Father (Which Art in Heaven)



The Five Blind Boys of Mississippi - the best of
20th Century Masters: Millennium Collection (Amazon)


余計暑くなるんでないの!    (笑)

ちゅうわけで、今回はザ・ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ(The Five Blind Boys of Mississippi)の看板スター!アーチー・ブラウンリー(Archie Brownlee)のご紹介。

時は1948年、二つのファイブ・ブラインド・ボーイズが誕生する。
(もともとは違うグループ名だったが、対抗意識が生じてそれぞれ改名)

一つは(看板スターがクラレンス・ファウンテンの)ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ、
もう一つは(看板スターがアーチー・ブラウンリーの)ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・ミシシッピ。
以後、ライバルとしてしのぎを削ることに。

やはりライバルがいるとより高みに行ける(上達する)ものである。

このアルバムでは”Save a Seat for Me”(アーチーさんのオリジナル曲)が一番の聴き所となっている。

激烈ボーカルで暑さも吹っ飛んでしまうぜぃ。

”There's No Need to Cry”(4)
”Somewhere Listening for My Name”(5)
”Lord, Lord, You Been Good to Me”(8)
もクール(痺れる)


関連記事
熱帯夜にはアーチー・シェップ!!

PageTop

「ジミー爺さんに喝を入れてもらう」の巻。

The Blind Boys Of Alabama   ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ

Someone Watches Over Me



第39代アメリカ合衆国大統領と同じ名前を持つ男、
それがブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ(The Blind Boys Of Alabama)のジミー・カーターである。

お世辞にも美声とは言い難いが、がなり立てるようなでっかい歌声はそれだけで存在感十分!!
というか十分過ぎる程あり、正しく記憶に残る歌声(叫び声)だ。

地を這い轟くような唸り声は闇夜に蠢く地獄からの使者を連想させる。
ジミーさんは閻魔様かよ!!   (笑)


今日も客席を練り歩き、その超ド級の唸り声で精神を覚醒させる。
ありがたや~、ありがたや~~。   (笑)

いつまでも、いつまでも、長生きしてほしいジミーさんであった。


関連記事
ジミー・カーター健在なり、、、ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ
アラバマの熱~~い風  ~ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマ~
ゴスペル・パーティー♪

PageTop

終戦の日にゴスペル(Peace in the Valley)を聴く。

Elvis Presley

Peace in Valley: Complete Gospel Recordings (Amazon 3枚組) に収録。

Little Richard

It's Real (Amazon mp3) に収録。

Sam Cooke and the Soul Stirrers

The Gospel Side of Sam Cooke and the Soul Stirrers (Amazon mp3) に収録。


エルヴィス・プレスリーやリトル・リチャードはロックシンガーである前に優れたゴスペルシンガーでもあった。
サム・クックも然り。(ソウルシンガーである前にゴスペルシンガー)
三人三様であるが、そこにはゴスペルに対する深い愛情(リスペクト)が感じられる。


今日8月15日は終戦記念日(戦没者を追悼し平和を祈念する日)
その意味(意義)を噛み締めながら聴きたい。


突然、ラジオから聞こえてきた訃報の知らせ。
エルヴィスが亡くなったあの日(1977年8月16日)も暑かった。
命日を前にして思い出すのである。

合掌。

PageTop

信じる者は救われる!? ウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ編

Willie Neal Johnson & the Gospel Keynotes
ウィリー・ニール・ジョンソン & ザ・ゴスペル・キィノーツ

This Heart Of Mine


Farther Along


No Turning Back



Willie Neal Johnson the Gospel Keynotes - the country boy goes home,,,Ⅱ
Country Boy Goes Home II (Amazon)
The Country Boy Goes Home...II (Amazon mp3)


信じる者は救われる。

ならば信じようではないか、東北楽天の優勝を。

まだ一山二山あると思う(特にソフトバンク)けど、最後まで優勝を信じよう。

10月には神様も祝福してくれる、、、、、、、、はずだ。   (汗)


関連記事
信仰の力は偉大なり!、、、ウィリー・ニール・ジョンソン&ザ・ゴスペル・キィノーツ

PageTop

現代のマリオン・ウィリアムス!、、、ジェマイア・キャノン。

Jermia Cannon   ジェマイア・キャノン

God Don't Need No Matches!

(アルバム未収録)
直リンクはこちら → youtube

Great Things

(アルバム未収録)
直リンクはこちら → youtube

Breakthrough

直リンクはこちら → youtube


Its My Time Now - Jermia
It's My Time Now (Amazon mp3)


迫力のある歌声にただただ圧倒されます。
男勝りというか、完全に男にも勝ってますなあ。

ということで、今回はジェマイア・キャノン(Jermia Cannon)さんのご紹介。

ジェマイアさんはアメリカのゴスペル・シンガー。
テキサス州ダラスの生まれ。
父親が牧師で、11歳からドラムやピアノを演奏していたそうだ。

アルバムは少なくとも2枚はリリースしている模様。
 From the Soul (2007)
 It's My Time Now (2007)


まだ若そう(三十代?)なので、変に技巧に走らずこのままパワーで押し切ってもらいたい。
時期が来たらシフトチェンジすれば良し。
無い物ねだりだけど、マリオン(マリオン・ウィリアムス)さんとのバトルが見たかったなあ。


関連記事
熱さではこちらも負けていない、、、マリオン・ウィリアムスさん。
ゴスペル・パーティー♪

キャノンさんの myspace page
キャノンさんのオフィシャルサイト

PageTop

年齢の壁を超えた!ゴスペル・シンガーのレーマちゃん。

Rhema Marvanne   レーマ・マーヴァンヌ(?)

Amazing Grace

Rhema Marvanne (Amazon p3) に収録。
直リンクはこちら → youtube

The Lord's Prayer

All Seasons (Amazon mp3) に収録。
直リンクはこちら → youtube

Hurt

Believe (Amazon mp3) に収録。
直リンクはこちら → youtube


淀んだ心が段々と浄化されて行く。

まさか10歳にも満たない(収録時7,8歳)女の子に浄化されようとは思いもよらぬこと。

年齢の壁を突き抜けて歌声(祈り)が心に響いた。

その歌声の主とは、レーマ・マーヴァンヌ(Rhema Marvanne)

2002年9月生まれの若きゴスペル・シンガー。

歌声(祈り)は確実に天国のママに届いているんだろうなあ。


関連記事
メリッサ・クニヨシには気をつけなはれやっ!!

レーマちゃんのオフィシャルサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。