音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

ゴンチチ、、、暮らしに当たり前にある音

GONTITI   ゴンチチ

KURO swing


holiday walk


夕海月



GONTITI - GUITARS
GUITARS (Amazon)


それは、ゴンチチ。

テレビやスーパーや商店街でもBGMがよく流れている。
それがさも当たり前のように日常に溶け込んでいる。
当たり前すぎて格段意識することは少ない。

でも、よく耳を澄ますとお宝曲が唐突にやって来る。
「これ案外良いかも」となってしまうのである。

ここで、簡単にゴンチチの紹介と行こう。
ゴンチチはゴンザレス三上とチチ松村によるアコースティックギターデュオ。
共に大阪出身である。
ジャンルにとらわれることなく、多様な音楽性が肝である。

二人ともとうに還暦を過ぎたが、ますます元気に活躍してもらいたいものである。


関連記事
BGMだけではモッタイナイ!、、、アコースフィア
アコースフィアでゴー!!

PageTop

ジャスティン・ジョンソンの何でも演奏するねん。

Justin Johnson   ジャスティン・ジョンソン

ロカビリー MALAGUEÑA | Rockabilly Surf Version by Justin Johnson


カントリー Justin Johnson Perfoming "Cannonball Rag" by Merle Travis


ジャズ Justin Johnson Performs Django Reinhardt's "Minor Swing"



ブルースに軸足を置きつつも、他のジャンルにも果敢にチャレンジするジャスティンさん。

やっぱりその物ズバリではなく、だいぶブルース風味にはなってますけど、、、

どうやらアメリカン・ルーツ・ミュージックをリスペクトしているようです。

ゴスペルもやったりして、次の興味の矛先はどこだ?

PageTop

ジャスティン・ジョンソンの何でもギター

Justin Johnson   ジャスティン・ジョンソン

SKATEBOARD SLIDE GUITAR


"While My Guitar Gently Weeps" Performed on a Vintage Oil Can Guitar


Jack Daniel's Whiskey Barrel Guitar



ジャスティンさんはギターを演奏するのも好きだけど、それ以上に作るのも好きなんですねえ。
スケートボード
オイル缶
ウィスキー樽
などを改造して(オリジナル楽器を)自分のものとしている。

正に、弘法筆を選ばず。

なかでもオイル缶ギターはチープながら良い音♪出てる。


関連記事
自遊人!、、、セロニアス・モンク

PageTop

「ギター弾きの恋」の影武者ギタリスト、、、ハワード・アルデン。

Howard Alden   ハワード・アルデン

Just A Gigolo


I'll see you in my dreams



ギター弾きの恋 Soundtrack
ギター弾きの恋 (Amazon) ※サウンドトラック
ギター弾きの恋 ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD] (Amazon)


ウディ・アレン監督の映画「ギター弾きの恋(Sweet and Lowdown)」でショーン・ペン演ずる天才ジャズ・ギタリスト!エメット・レイのサポート(吹き替え)をしていたのがハワード・アルデンさん。
長らくコンコード・レーベルの看板スターとして活躍してきたベテラン・ギタリストだ。
彼の演奏はいつ聴いても安心感があり、期待を裏切らない。

ということで、今回は益々脂が乗ってきたハワード・アルデン(Howard Alden)さんのご紹介。

ハワードさんはアメリカのジャズ・ギタリスト。
出身はカリフォルニア州で、1958年の生まれ。
7弦ギター、バンジョーもこなす。
主にオールド・スタイル(スウィング・ジャズ)を得意としている。

1999年のウディ・アレン監督作品「ギター弾きの恋」ではエメット・レイ役のショーン・ペンに代わってギター演奏を行う(吹き替える)。
所謂、影武者ギタリストとして映画デビュー。
そのことにより今までジャズ・ファンだけだったのが映画ファンにも広く認知されるようになった。


新しいファンを掴むには、時には冒険も必要ということやね。
それにしてもジンワリと温かくなる遠赤外線のようなサウンドだねぇ。


ハワードさんのウェブサイト

関連記事
認識が覆る時。 セロニアス・モンク編  ~ Moreno & Marina Quintet ~

PageTop

ペヤング・テデュー(Payung Teduh)?の癒しギター・ミュージック。

Payung Teduh   ペヤング・テデュー(?)

Berdua Saja


Tidurlah

「Payung Teduh - Self Titled」に収録。

Untuk Perempuan Yang Sedang Di Pelukan


waiting in vain  (bob marley cover)

(アルバム未収録)


Payung Teduh - Dunia Batas
Dunia Batas (IvyLeagueMusic)


へい、いらっしゃい

腹へったなあ
押忍っ

どうだい、味は?
まろやか~~~

もういっちょいく~~~
押忍っ!!

ペヤング ソースやきそば

夏はやっぱりソース焼きそば!であ~~~る。

ちゅう訳で、今回はペヤング・テデュー(Payung Teduh)?のご紹介。
たぶん読みが間違っていると思われるので、ご存知の方はご一報を。

ペヤング・テデューはインドネシアのバンド。
2007年にギター兼ボーカルの Is さんとベースの Comi さんの二人でバンド結成。
後に、他のメンバーも合流することになる。

(facebook によると)ジャンルは、silahkan tentukan teman teman :) だそうだ。
何のこっちゃよう分からんが、基本は生(アコースティック)であることは確かなようだ。
生ギターを中心(核)にしたギター・ミュージックと申しましょうか。

メンバーは6名で、以下の通り。
 Is - guitar & vokal
 Comi - bass
 Cito - drum
 Ivan- guitalele
 Maria- vokal
 Rani- piano

2010年にバンドの名前を冠したアルバムでデビュー。
2012年には「Dunia Batas」 をリリース。
現在に至る。

それにしてもだ。
バカにはできないレベルである。
アジアを見くびると大火傷するでぇ。
Is さんのギターにもボーカルにも癒されますなあ、ホント。


「英語圏だけが音楽ではない!!」の意を強くする。
アジアにもお宝はゴロゴロと転がっているのでR。
それは日本にも言えること。
アジアの音楽ももっともっと聴こうぜ。


ペヤング・テデューの facebook
ペヤング・テデューのウェブサイト

PageTop