音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

グールドのバッハ。 パルティータ編

Glenn Gould   グレン・グールド

Bach - Partitas 1-6



Glenn Gould - Plays Bach Partitas
Glenn Gould Plays Bach: 6 Partitas (Amazon)


読書の友、グールドの弾くパルティータ。

途中で居眠りしてしまう為、最後まで聴いたことがない。   (^_^;)

改めて全曲聴き直してみたけど、(居眠り前の)聴き馴染んだ1番が1番良いかも。   (笑)   


関連記事
読書の友 ケティル・ビヨルンスタのプレリュード1

PageTop

チャイコフスキーの”オクトーバー”

Vladimir Tropp   ウラディーミル・トロップ

Tchaikovsky - The Seasons - October ("Autumn Song")



Various Artists - The Ultimate Most Relaxing Classical Piano Music In the Universe
Ultimate Most Relaxing Classical Piano Music (Amazon) ※オムニバス


朝からシトシト雨である。

嵐(台風)の前の静けさに、トロップ先生のチャイ子(The Seasons - October)を聴く。

ゆったり(ゆっくり)とした演奏に暫し現実を忘れる。

PageTop

オランダから現れた若き才能!、、、Amira Willighagen

Holland's Got Talent 2013 - Amira Willighagen (9)



海外ではオーディション番組が大流行りだが、またまた現れた若き才能。

その名はアミラ(Amira Willighagen)ちゃん。

まだ9歳!!

歌はプッチーニで「私のお父さん (O mio babbino care)」

驚いたことに専門的な教育は受けてはいないとのこと。

これから磨けばもっと光りそう。

10年後が楽しみである。


関連動画
Power of youth

PageTop

グラスでバッハ。

Glass Duo   グラス・デュオ

Bach, Toccata and Fugue in D minor, glass organ (part 1/2)

直リンクはこちら → Youtube

Bach, Toccata and Fugue in D minor, glass organ (part 2/2)

直リンクはこちら → Youtube

Toccata i Fuga d-moll J.S. Bacha - Festiwal Muzyki Kameralnej w Bolonii

直リンクはこちら → Youtube


時代は21世紀である。
オルガンの為に作った曲(トッカータとフーガニ短調)がグラスで演奏されるとは、
作曲者のバッハもビックリ!!していることだろう。
進化した楽器ならいざ知らず、ローテクのグラスとは。

演奏しているのはグラス・デュオ(Glass Duo)
Anna と Arkadiusz から成るポーランドの二人組。
おそらく夫婦、、、たぶん。


洗練された演奏で聴き惚れてもうた。
本格派やな~と思っていたら、CDも2枚リリースしている模様。
 ChoPINcode
 Drop in the Glass

おそらくプロ、、、たぶん。


グラス・デュオのオフィシャルサイト

PageTop

カンペーさん、帰還まであと45日。

Marina Alexandra   マリナ・アレクサンドラ   

Ballad Allegro

直リンクはこちら → youtube


A Moment of Magic - Marina AlexandraMoment of Magic (Amazon)
1. Romance
2. Gavotta
3. Valse
4. March
5. Melody
6. Galop
7. Ballade I-Allegretto
8. Ballade II-Moderato
9. Tristan Playing the Lute
10. Three Stations on One Road
11. Parade
12. Usher Waltz
13. Passacaglia and Toccata the Fall of Birds
全13曲

A Moment of Magic の試聴はこちら → CD Baby


アースマラソンのカンペーさん、日本(福岡)帰還まであと45日となった。

前立腺癌で思わぬ足止めを食らってしまったが、これが怪我の功名。

反日デモが吹き荒れる異様な雰囲気の中を走ることもなさそうだ。

中国の皆さん、どうか寛容の心を持って優しく見守ってほしい。

と言っても、カンペーさんのことだから心配不要かもね。

クールダウンすべきは、我々両国民かもしれない。

マリーナ・アレクサンドラ(Marina Alexandra)さんでも聴いて、冷静に対処すべきだろう。

カンペーさんが無事に日本に帰還できることを祈りたい。   (^_^)v


マリーナさんの試聴コーナー (myspace)
マリーナさんのオフィシャルサイト

PageTop