音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

次に来る!?、、、Margot Bingham

Margot Bingham   マーゴ・ビンハム(?)

River of Jordan


Ain't Nobody's Business if I Do


Farewell Daddy Blues


St. Louis Blues


Somebody Loves Me

この曲と”I'm Going South”のみサウンドトラック盤に収録。


Various Artists - Boardwalk Empire Vol. 2 Music From The HBO Series
Boardwalk Empire Vol. 2: Music From The HBO Series (Amazon mp3)


テレビドラマ「Boardwalk Empire(ボードウォーク・エンパイア 欲望の街)」に出演している Margot Bingham がいい味出してる。

潜在能力もかなり有りそうなので、シンガーとして大成する日も近い、、、、、かもね。

スポンサーサイト

PageTop

(ビリー・ホリデイ+ダイナ・ワシントン)÷2=エッタ・ジョーンズ!?

Etta Jones   エッタ・ジョーンズ

Yes Sir, That's My Baby

直リンクはこちら → youtube

Solitude

直リンクはこちら → youtube

Since I Fell For You

直リンクはこちら → youtube


Precious  Rare - Etta Jones
Complete 1944-160 (2枚組 Amazon)
Precious & Rare: Etta Jones (Amazon mp3)


今日も昨日に引き続きエッタ・ジョーンズさん。
一回では収まり切れない魅力満載のエッタさんである。
それでは張り切って行ってみよ~~~~~~~~~~~っと!     (笑)

誰が言い出したか定かでないが、
「ビリー・ホリデイにダイナ・ワシントンを足して2で割るとエッタ・ジョーンズになる!?」
そうな。

ほんまかいな???

確かに、
”Solitude”を初めて聴いた時はてっきりビリーさんの未発表曲かと、、、
それに昨日紹介した”Fine And Mellow”もダイナさんを彷彿とさせる。

おおっと、これはこれはほんまだった。
しかも、モノマネだけで終わってない(+サムシング)のが素晴らしい。
ほんまもんのシンガーが歌えばモノマネの域も軽く超越するものである。

他にも、
I Miss you so
Out In the Cold Again
Till There Was You
等、お宝曲は沢山あり、エッタさんの魅力はまだまだ尽きない。


これ等の紹介はいずれまた、、、、、


関連記事
ビリー・ホリデイが教えてくれた。~歌は心、テクニックだけが全てではない~

PageTop

メリッサ・クニヨシには気をつけなはれやっ!!

メリッサ・クニヨシ   Melissa Kuniyoshi

瀬戸の花嫁

直リンクはこちら → youtube

ハナミズキ

直リンクはこちら → youtube


異国の地ブラジルに今も息づく大和撫子。

日本人よりも日本人らしい日系5世。

メリッサちゃんは日本及びブラジルの宝ですなあ。


関連記事
人生が変わる24時間、、、Operation Smile
驚異の天才シンガー、ペンペンコちゃん

PageTop

自分色に染めるシンガー、、、エヴァ・キャシディ

Eva Cassidy   エヴァ・キャシディ

Danny Boy

直リンクはこちら → youtube

Fields of Gold (Sting)

"Fields of Gold"は、Live at Blues Alley (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → youtube


Imagine - Eva Cassidy
Imagine (Amazon)
Imagine (Amazon mobile)

Imagine の試聴はこちら → Amazon USA


世の中には何(どんなジャンルの曲)を歌わせても上手い人はいるものだ。

美空ひばり然り、ちあきなおみ然り、由紀さおり然り、、、、、

曲が人を選ぶときもあるけれど、

芯のある揺るぎ無いスタイル(個性)の持ち主には曲の方から寄り添ってくる。

「蘇らしてくれてありがとう」と、、、

早世の才女エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)嬢もそんな数少ない内の一人。

曲はエヴァ・キャシディ色に染まり、彼女に微笑むのである。


関連記事
あなたに逢えて良かった!  ~エヴァ・キャシディ~

エヴァさんの myspace page
エヴァさんのウェブサイト

PageTop

UKのイケメン5人組オーヴァートーンズ。

The Overtones   オーヴァートーンズ

The Longest Time

直リンクはこちら → youtube

Sh-Boom

直リンクはこちら → youtube

Second Last Chance

直リンクはこちら → youtube


Good Ol Fashioned Love-Platinum Edition - The Overtones
Good Ol' Fashioned Love-Platinum Edition (Amazon)
Good Ol' Fashioned Love-Platinum Edition (Amazon mobile)

Good Ol' Fashioned Love-Platinum Edition の試聴はこちら → Amazon UK


イギリスではドゥーワップが静かな盛り上がりを見せているようだ。
かつての名曲が再び注目され甦るのは往年のファンならずとも嬉しいもので、しかもそれを歌っているのがイケメン五人衆ときたから堪らん!堪らん!!
目でも楽しませてくれるこのグループはブームを呼びそうだ。

という訳で、今回は温故知新な若者衆のオーヴァートーンズ(The Overtones)のご紹介。

オーヴァートーンズはイギリスのドーワップ・グループ。
ロンドンをベースに活動している。

メンバーは以下の5名。
Lachie Chapman
Darren Everest
Timmy Matley
Mark Franks
Mike Crawshaw

影響を受けたグループとして、
The Drifters
Dion and the Belmonts
Sha-Na-Na
The Four Seasons
等をあげている。
(ここでもディオンさん、人気ですねぇ)

この「Good Ol' Fashioned Love-Platinum Edition」は、2010年にリリースしたデビュー・アルバム「Good Ol' Fashioned Love」に新たに6曲追加したもの。
The Chordsの”Sh-Boom”、Fred Parris(ファイブ・サテンズ)の”In the Still of the Night”、ブルー・ムーン(Richard Rodgers & Lorenz Hart)など採り上げていて、オールディーズ愛、スタンダード愛に満ち溢れている。
アカペラの定番!ビリー・ジョエルの”The Longest Time”も演ってます。


良い意味で洗練された軽いサッパリ感があるので万人受けしそうである。
悪い意味ではちょっと軽薄というか、もっと毒(クセ、特徴)が欲しいような。
でも、塩梅(バランス)は概ね良好だろう。
ドゥーワップに限らず良い曲はどんどん紹介(録音)して欲しいのう。
次回作が楽しみじゃのう。


関連記事
今日の一曲♪ タイムズの”So Much in Love”
ドゥーワップの復権なるか!? ディオン編
ザ・コーズの「シュ・ブーン」、、、愛され続けて56年!

オーヴァートーンズの Facebook
オーヴァートーンズのオフィシャルサイト

PageTop

甘口ボーカルは如何?、、、レニー・ウェルチ編

Lenny Welch   レニー・ウェルチ

Since I Fell For You   オリジナルは、Buddy Johnson

直リンクはこちら → Youtube


Since I Fell for You - Lenny Welch
Since I Fell for You (Amazon)
Since I Fell for You (Amazon mobile)

Since I Fell for You の試聴はこちら → Amazon USA


あまりにも洗練された歌いっぷりで白人と勘違いしてしまう黒人シンガーは多々いる。
女性ではエセル・エニス、男性ではジョニー・マティスがその代表例だろう。
エセル・エニスを初めて聴いた時は白人と信じて疑わなかったものだ。

ということで、今回はレニー・ウェルチ(Lenny Welch)さんのご紹介。
こちらも負けじと洗練されてまっせ。

レニーさんは米国ニューヨークの生まれで、ニュージャージー州で育っている。
1960年から70年代にかけて活躍した歌手で、ソングライターとしての才能も発揮している。
”Since I Fell For You”は1963年のヒット曲。
オリジナルはバディ・ジョンソン(Buddy Johnson)で、1945年の作品である。
他に、1964年に映画(Sweet Bird of Youth)の挿入歌”Ebb Tide”がヒットした。


埋もれた名曲がレニーさんの手によって見事に甦ってますな。
甘口だけど、オリジナルよりも遥かに魅力的になってます。
遠くからスピードワゴンの「甘~~~い!」という声が聞こえてきそうだ。  (笑)


関連記事
愛すれど廃盤  エセル・エニス編
恋に破れし者への子守唄  ~エセル・エニス~

PageTop

電車でアカペラ、、、ナチュラリー・セブン

Naturally 7   ナチュラリー・セブン

Feel It (in the air tonight)

Feel It (in the air tonight)は、Ready II Fly (Amazon) に収録。
直リンクはこちら → Youtube


電車で突然始まったライブ。

最初のうちは戸惑っていた乗客も、最後にはノリノリに。

歌うは驚異のヒューマン・ビート・ボックス集団!

ナチュラリー・セブン(Naturally 7)


Naturally 7 の試聴コーナー (myspace)
Naturally 7 のオフィシャルサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。