音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽を紹介します。 そして時々お笑い。 リンクはフリーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

音楽を存分に楽しんでいる!、、、コーネルさん。

Cornel Hrisca-Munn

Everlong drum cover


A day in the studio.



両腕(正確には前腕から先にかけて)がないことは不幸なことなんだろうけど、、、
少なくともこの青年はドラム(音楽)を存分に楽しんでますな。
同情の入る隙間もないほど。

ということで、今回はコーネル(Cornel Hrisca-Munn)さんのご紹介。

コーネルさんは1991年にルーマニアで生まれている。
現在は大学(英・オックスフォード大学)を卒業し、弁護士になるべく研修中とのこと。


将来は痛みの解かる!!優秀な弁護士さんになりそうですな。
頑張れ(負けるな)~~~、コーネルさん。


関連記事
ラスト・リクエスト  ~Keith Xander~
ワン・アームド・ギタリスト  ~Andres Godoy(Andrés Godoy)~

コーネルさんの facebook

スポンサーサイト

PageTop

武井壮が世界マスターズ陸上で銅メダル!!

Adam Ben Ezra

Can't Stop Running



Adam Ben Ezra - Cant Stop Running
Can't Stop Running - Single (Amazon mp3)


ブラジルのポルトアレグレで開催中の世界マスターズ陸上で武井壮が銅メダルを獲得した。
種目は200メートル走(40~44歳クラス)で、記録は22秒64。
巨人と黒人達に囲まれての快挙!!
「銅メダルは、『強くなるって楽しい!』ともう一度感じられる最高のプレゼント」
と、大喜びしているそうだ。

「強くなるって楽しい!」と快感を覚えた様子なのでこれから毎回参加しそうだね。
走るのを止められない!、武井さんであった。

ちゅう訳で、Adam Ben Ezra さんの”Can't Stop Running”をどうぞ。

アダムさんはイスラエル在住のベーシスト。
1982年の生まれで、今年で31歳になる。
こちらもウッドベースの魅力に止められなくなった男と言えそうだ。


アダムさんの facebook
アダムさんのウェブサイト

PageTop

藤圭子追悼

藤圭子

新宿の女


女のブルース


命預けます


圭子の夢は夜ひらく


今日でお別れ



藤圭子(本名、阿部純子)さんが亡くなった。
”新宿の女”でデビューした藤さんが奇しくも縁の地、新宿で亡くなった。

怨歌で一世を風靡した歌い手である。

(自殺と報道されているが)藤さんにいったい何があったんだろう?
心を知る由もない、全ては闇の中、、、、、

葬儀も行われないと聞く。
あまりにも寂しい最期。

今宵は往年の名唱を聴きながら故人を偲びたい。

ここに謹んでご冥福をお祈り致します。
安らかにお眠りください。
合掌。

PageTop

モンクは楽し!!

Thelonious Monk   セロニアス・モンク

Blue Monk

Mood Indigo (Amazon mp3) 等に収録。


文句を言われるとブルーになるけど、

モンクを聴くとハッピーになれる。

周りを気にしないマイウェイっぷりが(周りを惹き込んで)ファンにしている。


関連記事
自遊人!、、、セロニアス・モンク
歌は心!!  ~エスター・ヘインズ~

PageTop

自遊人!、、、セロニアス・モンク

Thelonious Monk   セロニアス・モンク

Bolivar Blues

これは楽しいピアノ!!


口を半開きにし、右足でリズムをとり、終いには踊りだす。

自由過ぎますなあ!モンクさん。   (笑)

ここは天真爛漫と言うべきか。

それだからこそ良い曲が作れたんだろう。

オンリーワンな才能は永遠に朽ちない!ものかもね。

PageTop

ヒューマン・ビートボックス+ブルース=ヘイムーンシェイカー(Heymoonshaker)

Heymoonshaker   ヘイムーンシェイカー

Cream F Feeling

アルバム未収録。
直リンクはこちら → youtube

ten letter word

直リンクはこちら → youtube

ロンドン・ストリート・ライブ

直リンクはこちら → youtube


Heymoonshaker (Black) - Heymoonshaker
Heymoonshaker (Black) (Amzon mp3)
Heymoonshaker (Black) (Amazon mp3 mobile)


ありそうでなかったヒューマン・ビートボックスとブルースの融合。
巷では、ビートボックス・ブルース(Beatbox Blues)と呼び始めているようだ。

ということで、今回は新ジャンルを開拓したヘイムーンシェイカー(Heymoonshaker)のお二人さんのご紹介。

ヘイムーンシェイカーはヒューマンビートボックスとギターから成るとってもユニークな二人組ユニットである。
デイブ・クロウ(Dave Crowe)さんがヒューマンビートボックスを、
アンディ・バルコン(Andy BaLcon)さんがギターを担当。

出身はイギリス?、又はニュージーランドか?
「以前、ニュージーランドで活動していた」との表記もあるので、ニュージーランドが有力か。
詳しい情報求む!!     m(__)m ペコリ

各地のストリートやフェスティバルを回って活動している模様。
ミュージシャンだけではなく、そこに芸人(大道芸人)としての資質も見い出せる。
特に、デイブさん。

さて、この「Heymoonshaker (Black)」 は今年(2012年)リリースされたばかりの新譜。
おそらく彼らのデビューアルバム。
収録時間が短いので物足りないが、先ずは挨拶代わりといったところだろう。
それとCDだけでは伝わらない魅力も多いのも事実、、、


やはり彼らが真価を発揮できる場所は箱物(コンサート会場、ライブ会場)ではなくて、人々が行き交うストリートだろう。
一声発っせばみんなが振り向く、、、その実力は高く評価されるべき!と感じる。
デイブさんの強弱のある独特の響きのハーモニカも聴きもの。
次回作は是非とも長尺で。   m(__)m ペコリ


ヘイムーンシェイカーの myspace page
ヘイムーンシェイカーのオフィシャルサイト

PageTop

魂の唄者、、、朝崎郁恵

朝崎郁恵   Ikue Asazaki

阿母 (anma)

直リンクはこちら → youtube


阿母 - 朝崎郁恵
阿母 (Amazon)
阿母(あんま) (Amazon mp3)
阿母 (Amazon mobile)


奄美の唄者・朝崎郁恵さんを知ったのは確か10年位前のこと。

当時(2002年)は奄美島唄の若き旗手である元ちとせが”ワダツミの木”でセンセーショナルなデビューを飾った頃で、彼女のルーツである奄美島唄を興味深く探求する内に朝崎さんに辿り着いたのだった。

その頃朝崎さんはメジャー・デビューを果たしたばかりで、今ほどは全国的に認知されていなかった。
思うに、元ちとせが俄然注目されるようになってメジャーからお呼びがかかったのだろう。
元ちとせが居なかったら、今も知る人ぞ知る存在だったのかもしれない。

彼女の歌唱は心臓をグワシ!!と鷲掴みされるような凄みがあり、一気に朝崎ワールドに引き込まれ鳥肌も立ちっぱなしである。
見たこともない奄美の情景が見えてくるような懐かしさを感じるが、それは太古の記憶(DNA)か?
(凄みは)知り合ったころも今現在も変わりはしない。
いや寧ろ歳を取るごとにますます増しているように感じられる。


元ちとせも、中村瑞希も、城南海も、中孝介も、み~~~んな郁恵さんの子供たちである。
唄(歌唱)に色濃く残る節回しに同じDNAを感ぜずにはいられない。
生(ライブ)で直に聴くことをお薦めしたい。
郁恵さん、子供たちの為にももっともっと長生きしてくださ~~~い!!   (^^ゞ


関連記事
ジューン・ブライド ~花嫁の季節~  ~中村瑞希~
今日の一曲♪ 城南海の”アイツムギ”
奄美の超新星!  ~城南海~
祝「海角七号」公開  ~中孝介~
TSUMUGI  ~中村瑞希&ハシケン~
日本の宝  ~朝崎郁恵~

朝崎さんの facebook
朝崎さんの myspace page
朝崎さんのオフィシャルサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。