音楽って、すばらしい!!

性別、年齢、国籍、人種、ジャンルを問わず、心に響いた音楽をご紹介。

ルーク・ジョーダンの垢抜けボイス。

Luke Jordan   ルーク・ジョーダン

Traveling Coon


Pick Poor Robin Clean


Cocaine Blues



Luke Jordan - Church Bells Blues

Church Bells Blues (Amazon mp3)


Traveling Coon を聴くと、これが91年(1927年)前の録音とはとても思えない。

古臭さは微塵も感じられず、今でも通用する普遍的な魅力を放っている。

20年代(1927年と1929年)に録音を遺しているらしいが、多くは謎の人である。

ブルース、ラグタイム、ジャズ、R&B、フォーク・ソングの線引きが曖昧な時代の音楽である。

もっとも客に乞われれば、それに応えなければ生きていけない時代だったと推測される。

良い意味での何でも屋だっただろう。

運良く音は残った。

これだから戦前の発掘作業は新しい発見があり堪らないのでR。

PageTop

レイ・ブライアントのブルース好っきやねん

Tiny Grimes   タイニー・グライムス
Ray Bryant   レイ・ブライアント

Callin' The Blues

レイさんのピアノ・ソロは6分過ぎ


Tiny Grimes - Callin the Blues

Tiny Grimes - 5 CLASSIC ALBUMS
5 CLASSIC ALBUMS (Amazon)


今回はタイニー・グライムスの「Callin' The Blues」のご紹介。
(正確に言うと、メンバーとして参加したレイ・ブライアントさんのご紹介)

Callin' The Blues は以下のメンバーで収録されている。
Guitar – Tiny Grimes
Tenor sax – Eddie "Lockjaw" Davis
Trombone – J.C. Higginbotham
Piano – Ray Bryant
Bass – Wendell Marshall
Drums – Osie Johnson

Callin' The Blues を初めて聴いた時の印象は、「レイさん、何か伸び伸びとやってるなー」
嬉々としてブルースを弾いているぞ。

元々ブルース・アルバムも多い人だし、、、
Alone With the Blues
All Blues
Play the Blues
等々

本音はブルースをもっとやりたかったのでは、、、

なんか主観入りまくりですが、信じるか信じないかはあなた次第。


関連記事
のんびりのびのびみゅーじっく♪、、、タイニー・グライムス編

PageTop

今日のブルースギター、、、ゲイリー・クラーク・ジュニア

Gary Clark Jr.   ゲイリー・クラーク・ジュニア

12 Bar Blues



ブルース界の未来を背負うのはこいつだ。

PageTop

ジャスティン・ビーバーよりもジャスティン・ジョンソン!!

Justin Johnson   ジャスティン・ジョンソン

BABY, PLEASE DON'T GO


GOT THE CHICK'N


RumbleStrippin



Justin Johnson - Drivin It Down
Drivin' It Down (amazon)


これで5回目。

しつこいちゅうねん。 (笑)

拙ブログ、激押しのジャスティンさんである。

思い起こせば、出逢いはフランス・パリにあるギター店だった。

果たして、ジャスティンさんが大ブレークする日は来るのだろうか?

これからも折を見て応援して行こうと思う。


関連記事
じっと聴きませう。

PageTop

ジャスティン・ジョンソンのスコップでギター

Justin Johnson   ジャスティン・ジョンソン

Crankin' Up the 3-String Shovel Guitar!

Drivin' It Down (amazon) に収録。

Funky Swamp Blues on Shovel Guitar



ジャスティンといえばジャスティン・ビーバーではなく、ジャスティン・ジョンソンである。
何が何でもジャスティン・ジョンソンである。   (笑)
近年やや知られて来てとってもとっても嬉しい。

(過去の投稿を見ると)苦節4年ですかね。
もっと前から知っていたような気もするが、少なくとも4年ですね。

この動画は近年巷でちょっと話題になっている3弦のスコップ・ギター。
「冗談はよしこさん」と思うけど、ジャスティンさんマジ本気です。
なにせオイル缶やスケートボードでギターを作ってしまう方ですから。
勿論、シガーボックス・ギターなんてお茶の子さいさいなんでしょうな。

演奏はとっても様になってますけど、素人がやるととてもじゃないがこうはならん。
ジャスティンあっての3弦スコップ・ギターなんでしょうな。

因みに、このギターは450ドルで買えるそうです。


関連記事
ギター・マスター!!、、、ジャスティン・ジョンソン。

PageTop