平和が一番!!

ティーブレイク
08 /15 2020
horace silver - peace



むか~~~し、新宿のディスクユニオンのジャズ・コーナーが地下にあった頃レコード漁りに行ったら、なんとファンキー大魔王ことホレス・シルヴァーがレコードを漁っていた。   (笑)

その頃はホレスさんに全く興味がなかったのでスルーしたけど、サイン(&握手)でも貰っときゃ良かったなあと未だに思う。
後にホレスさんの(尋常でない作曲力の)虜になるのだが、、、

この「ピース」も彼の代表作。
Lonely Woman
Nica's Dream
Opus de Funk
等ナイスな曲書いてます。

終戦記念日になるとこれが聴きたくなる。
争いごと(戦争)は嫌じゃのう。
平和が一番!!

マリウスさんのドイツからこんにちは

ピアノマン
08 /14 2020
Marius Labsch - Swanee River Boogie


How high the moon


Boogie Woogie Stomp



マリウス(Marius Labsch)さんはドイツのピアニスト。

アルバート・アモンズ、ビートルズ(Yesterday)、ジャズ・スタンダード(Take Five、How high the moon)等やってます。

グランドピアノを置ける広いスペースがあり、演奏環境は恵まれているようです。

日本では強引に六畳間に入れてる人も、、、、、  (汗)

住環境が違い過ぎますのう。

ハンスさんの「Boogie Woogie Walker」

ピアノマン
08 /13 2020
Hannes Otahal - Monday Struggle

Boogie Woogie Walker (Amazon)

Just My Blues


Rhythm Changes Battle



ハンス(Hannes Otahal)さんはオーストリアのピアニスト。
1960年の生まれ。

ブギウギ、カントリー、ジャズだけではなく、クラシックも演奏する。
節操がないといえばそうだけど、良いものは何でも演奏する貪欲さ(探究心)は評価したい。

この「Boogie Woogie Walker」は2014年にリリースしている。
彼のブギー&ブルースマンとしての側面をよく捉えていると思う。

ご機嫌な演奏がいっぱい詰まっているナイスなアルバムと言えよう。

nanmo2

名曲求めて1万里。
昨日は西、今日は東、
明日は何処へやら。
楽しめて、和めるよう心掛けてます。
感想いただけたら嬉しいです。